05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
杉野希妃の大躍進と しぇんて的風来坊ブログの衰退
2011.09.26 Monday 01:51
胡散臭い表題ですいません。

杉野希妃さんという知る人ぞ知る女優さんがいる。プロデューサーでもある。
とうとうこの2011年、1つの大躍進を果たした。
東京国際映画祭(TiFF)に彼女の大特集が出来ているのである(既にご存知の人も多かろうが)。

杉野希妃 アジア・インディーズのミューズで「大阪のうさぎたち」、「マジック&ロス」+「避けられる事」、「まぶしい一日(宝島、母をたずねて三千里、空港男女)」、「タレンタイム」、「歓待」の6作品(うち2作品(+のもの)が1つのプログラムになっている)の一挙上映です。
「クリアネス」と「絶対の愛」も上映していたらもっと凄いのであるが。

このブログでは」、シネマコリアさんで「まぶしい一日」のepisode1「宝島」で彼女を発見(?)して、結構記事を書いたりしていたが、このブログが一時K-POPの話がメインになったり、その後更新自体をほとんどしなくなって、彼女のことだけでなく、映画のこともほとんど書かなくなってしまった。
多分、こんな感じで、ほぼ休眠ブログ化していくでしょう。。。

しかも、ブログの画像置き場に使っていたCOOLが6月で(いつのまにか)終わっていたようで、画像が一杯抜けている(><)。

まあ、それでも嬉しいことなので、こうして書いてみた次第。

「まぶしい一日」の時のKIKI嬢の激写画像、見たい人いるんですかね?

杉野希妃 ききまぐれ

waentertainment (waentertain)   Twitter

STARDUST - スターダストプロモーション - 杉野希妃のプロフィール (TIFFのことがまだ載ってない)


JUGEMテーマ:映画
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
「ビューティフル」 DVD
2009.11.14 Saturday 23:01
チョン・ジェホン監督、監督第一作品だが、原作や製作総指揮がキム・ギドクとのことでギドク色が強い作品となっている。
最近のギドク作品のようなゆとりを削った分、「
魚と寝る女」のギドクのようにちょっとグロイ描写も混じってそれなりの力作になっている。

美しい(といっても絶世のではない)女(
チャ・スヨン演)は男性に警戒心が強いのか、寄ってくる男が安っぽく気に入らないのかうんざりするばかりでなく、そのお陰で友達さえ減っていく一方、執拗に花を贈って来られたりと本人は望まない状況。
(女の外見と異常愛というテーマで「
絶対の愛」にテーマは近いが、隠れた愛(一時だが)という面は「うつせみ」に近いかな?)

そんな中で一方的な思いの男によって事件は起こる。事件によって更に過敏になった女は、意図的に自分の体型を醜くする算段に及ぶが、精神の破綻は進行していく。そうした彼女の振る舞いに、また彼女を思い見守る男(
イ・チョニ演)がいるのだが、その思いも正常な範囲を超えていき、新たな悲劇を生み、男の視線に陵辱される女に安らぎは来るのだろうか?

生活のつじつまがどうの(?)、というより力技でギドク的世界を成立させており、ギドク的な映画の期待に答えない様な映画にはなっていないので、ギドク好きなら迷わずに観ておけばいいだろう。
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(1)
杉野希妃ちゃんブログ
2009.06.26 Friday 22:34
クリアネス」主演、「まぶしい一日」・「絶対の愛」出演の女優、杉野希妃さんがこの6月より新しくブログを始めていますね。

気がつくのが遅くてすいません。

杉野希妃 「ききまぐれ」

アイムス アニマルシェルター体験記(主に捨てられた猫の保護施設体験記、スポンサー有り)の撮影 だったそうです。

YouTube - IAMSjapan さんのチャンネル


アイムス アニマルシェルター体験記予告編


アイムス アニマルシェルター体験記 1日目


アイムス アニマルシェルター体験記 2日目


JUGEMテーマ:にゃんこ
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃・初プロデュース作「忘れな草」釜山国際映画祭関連で受賞
2008.10.24 Friday 00:05
第13回釜山国際映画祭におけるPPP (Pusan Promotion Plan) で、「まぶしい一日」「絶対の愛」「クリアネス」で日本や韓国で俳優としても活躍している杉野希妃さんが初めてプロデュースに携わった(ONO Kousuke, SUGINO Kiki, Wa Entertainment)映画作品「忘れな草」に最優秀企画賞(プサン・アワード)が授与されたとのこと。

監督は近年関心が集まっているマレーシア映画界でも注目の作品を出しているヤスミン・アーマド(アーマッド)監督。

::::::PUSAN Promotion Plan::::::より引用
1. Pusan Award (20,000 USD): AHMAD Yasmin / Japan, Malaysia Every year, the Busan Metropolitan City gives 20,000 USD to one outstanding PPP project for supporting the production

Yasmin Ahmad監督のブログ the storyteller

the storyteller: Malaysian/Japanese co-production film project wins the top award in Pusan, Korea.

the storyteller: The sudden, unexpected, and unplanned blossoming of one "Forget-Me-Not".
Next thing I knew, I was sitting at a table in a hall at Paradise Hotel in Pusan. Ono-san and Kiki-san were with me.

IMDb > Yasmin Ahmad

映画/【釜山レポート最終回】 - cinemacafe.net

しぇんて的風来坊ブログ | 「まぶしい一日」 広島上映会 & マレーシアの注目映画の広島上映会

しぇんて的風来坊ブログ | 「ムクシン」 あいち国際女性映画祭2007


JUGEMテーマ:映画


映画(東南アジア) * comments(0) * trackbacks(0)
日本インターネット映画大賞 2007年投票(外国映画)
2007.12.23 Sunday 22:14
日本インターネット映画大賞
下記のように投票しました。

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「 ラジオ・スター   」 2   点 
  「 黒い眼のオペラ   」 2   点
  「 善き人のためのソナタ」 5   点
  「 約束の旅路     」 3   点
  「 長江哀歌      」 3   点
  「 サイボーグでも大丈夫」 3   点
  「 明日、君がいない  」 4   点
  「 トランシルヴァニア 」 3   点
  「 花蓮の夏      」 3   点
  「 ホリデイ (韓国) 」 2   点
【コメント】次点:「王の男」、「硫黄島からの手紙」、「絶対の愛」、
「リアル・フィクション」、「マジシャンズ」、「ムクシン」、
「雲南の少女 ルオマの初恋」、「私たちの幸せな時間」、
「青燕」、「懐かしの庭」、「愛なんていらない」、
「甘く、殺伐とした恋人」、「白い馬の季節」
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク] (「善き人のためのソナタ」)
【コメント】
   ラストでのささやかな祝福に涙。
   上10本と次点に選んだのは、一部を除きほとんど作家性の強い映画なので
   各々当然監督についてもを評価しています。
【主演男優賞】
   [ウルリッヒ・ミューエ ] (「善き人のためのソナタ」)
【コメント】

【主演女優賞】
   [ アーシア・アルジェント] (「トランシルヴァニア」)
【コメント】
  
【助演男優賞】
   [ チェ・ミンス] (「 ホリデイ」)
【コメント】
    金歯キラリの悪役凄すぎ
【助演女優賞】
   [ チェン・シャンチー ] (「黒い眼のオペラ」)
【コメント】
    助演は選ぶのが難しい。ホリデイのラストの人質の女の子を
    選ぶわけにはいかないし・・・。
【新人賞】
   [ ブライアン・チャン ] (「 花蓮の夏 」)
【コメント】

【音楽賞】
  「 トニー・ガトリフ 」(「 トランシルヴァニア」)
【コメント】
民族音楽爆裂のガトリフ世界。
韓国の「マジシャンズ」はかつてのバンドマンの映画。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [ マジシャンズ    ] (【魂の鎮魂賞】)
  「 サイボーグでも大丈夫 」(【ココロの鎮魂賞】)
  「 ラジオ・スター 」(【愉快で賞】)
  ムン・グニョン「愛なんていらない」
   &チェ・ガンヒ「甘く、殺伐とした恋人」(【可愛いで賞】)
【コメント】
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------


日本インターネット映画大賞 2006年投票(外国映画)

JUGEMテーマ:映画


映画 * comments(1) * trackbacks(5)
杉野希妃さん出演番組 「東京ディズニーリゾートABC!」
2007.12.08 Saturday 23:25
来年公開される映画「クリアネス」に主演の杉野希妃さん(他に「まぶしい一日」と「絶対の愛」に出演)と川久保拓司さんがレポーターを務める東京ディズニーリゾートを案内する番組東京ディズニーリゾートABC!がSKY PerfectTV!ch.277「旅チャンネル」で来年1月に放送されます。
番組のWEBには写真も掲載されています。

放送予定日
1/2(水) 13:00〜13:30
1/8(火) 7:30〜8:00
1/9(水) 13:30〜14:00
1/19(土) 12:00〜12:30

この番組は以前から放送されていたそうですが(川久保拓司さんのファンのBlog)、わたくしめは見ていない(見れない)のでスルーしてました。まあkiki情報として抜けてたので記入。
テレビ番組 * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃 初主演映画は篠原哲雄監督の「クリアネス」
2007.11.11 Sunday 01:41
シネマコリア代表の西村さんのブログ「ソチョンのひとりごと」で11月 07日に書かれていた記事で遅まきながら気がつきました。

「まぶしい一日」のエピソード「宝島」、キム・ギドク監督「絶対の愛」に出演し、テレビ番組やCM、音楽活動もしている杉野希妃さんが篠原哲雄監督の「クリアネス」に出演されるそうです。ケータイ小説「クリアネス」の映画化だそうです。

ケータイ小説の映画化というと現在公開中の「恋空」((ガッキーこと新垣結衣主演)や、沢尻エリカ(杉野希妃さんの事務所の先輩)と竹内結子(杉野希妃さんの事務所の先輩)が出演した「クローズド・ノート」が話題になったり映画化がムーブメントですね。。キッキーことkikiこと杉野希妃さんが認知度の上でもスターダムに昇る場面が到来したのか、そこまで行かなくても映画ファンには注目されるようになるでしょうね。

映画「クリアネス」公式サイト

「まぶしい一日」感想公式サイト

「まぶしい一日」当ブロク記事カテゴリー

「杉野希妃」当ブログ検索

篠原哲雄監督公式サイト
監督さんは色々な脚本家さんの本を手がけていますが、小池真理子さん原作、脚本:大森寿美男/川崎いづみの「欲望」では板谷由夏さんは相当レベルの体当たりでしたが、山田あかねさん脚本のこの作品はどういう風にするんでしょうか。山田あかねさん経歴にバイトで女子大生ポルノ小説をたくさん書く。とか書いてあるし。。。寧ろ問題作と感動作の両面を持った作品という風になってくれるんならそれはそれでいいかな。kikiちゃんはスタイルもいいし(あくまでも想像、汗;;。

函館港イルミナシオン映画祭:12月8日(土)十字街シアターにて
プレミア上映
・・・ゲスト予定(篠原哲雄監督、杉野希妃、細田よしひこ)

「限りなく透明な恋の物語」というサブタイトルと付いているようですが,これは村上龍さんに許可(??)を得てないだろうので(おそらく)如何なものかとは思うけれど。まあ、「世界の中心で、愛をさけぶ」もハーラン・エリスンに許可を取っていないので似たようなものか。。

本作は
渋谷シネラセットほかにて2008年2月中旬公開予定
配給:シネカノン/ドーガ堂
【出演】杉野希妃、細田よしひこ、小柳友、斎藤工(友情出演)、哀川翔、高田純次(特別出演)
クリアネス(1) * comments(1) * trackbacks(1)
女優の杉野希妃さん kiki として歌手活動を始めています。
2007.07.21 Saturday 21:14
キサラギの記事のコメントで教えてもらった情報です。
まぶしい一日」、「絶対の愛」に出演された女優、杉野希妃さんが、kikiというアーティスト名で、既に音楽活動を始められ、ブログも既に去年の12月に作って情報発信していました。
このブログを読むととても充実して感性と知性を輝かせて日常や仕事にと活き活き感が伝わってきます。やっぱり才能のある方は違うなーと羨ましく思える内容だけど可愛さもあっていいです♪
女優、杉野希妃さんと同様、アーティスト、kikiさんもご活躍を。

mF247 | gR² | kiki (kiki音楽サイト)
既発表作品(全て上記サイトより無料ダウンロードできます、楽曲は太字
アカネ雲蹴散ラシテ 作品ジャンル ポップス/ボーカル 2006/12/25(デビュー曲)
七方美人 作品ジャンル ポップス/ボーカル 2007/02/17
贈り物」 作品ジャンル オーディオブック 2007/06/16
ヒトゴミ   君がいること」 作品ジャンル オーディオブック 2007/06/23
愛の体温」  作品ジャンル オーディオブック 2007/06/30
記憶 作品ジャンル ポップス/ボーカル 2007/07/07
朗読「おしどり」 作品ジャンル オーディオブック 2007/07/15

とても爽やかで、かつ表現力のあるな歌声ですね♪ いいじゃないですか、ホントに。
バックもしっかりしてそうで、参加ミュージシャンとかも知りたいですね。
朗読も良いですね。伝わってきます。

ポッドキャスティングのネットラジオ出演 (mF Living Room 247)07.07.17 update

はてなダイアリー  「kiki の ヒトリゴト」 (kikiさんが考えや好きなことなど発信中)

デビューライブ情報
新宿SACT!(サクト) (新宿区新宿6丁目28-8  ラ・ベルティ新宿B1)にて
2007年8月29日(水) Lyrical song series 「晴れのち、きらり・」
出演:笹生実久/諌山実生/Pigeon's Milk/kiki
18:30open 19:00start
前売り 2000円、当日2500円 ドリンク代500円別
チケット予約センター
音楽(日本 kiki) * comments(3) * trackbacks(0)
杉野希妃さんCM
2007.07.01 Sunday 01:20
既に他の方が出されている情報ですが書いておきます。

杉野希妃さん(「まぶしい一日」、「絶対の愛」)の出演CM

ロート製薬 肌研 卵肌

ロト6のCMに似てるヒトが出てたという情報もありますね。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
2007年度上半期エンタメの個人的ベスト
2007.06.30 Saturday 22:22
2007年1月1日より6月30日までに行った、映画、LIVE、演劇のベストです。映画は10本に絞りきれず。LIVEと演劇は行った数が少ない。尚、順不同ですが、特選に★付けました。極めて主観的です。(鑑賞時、体調不良についても失礼ながら省きました)

映画
 王の男
 硫黄島からの手紙
 ★善き人のためのソナタ
 トリノ、24時からの恋人たち
 ★黒い眼のオペラ
 檸檬のころ
 ★約束の旅路
 絶対の愛
 ★リアル・フィクション
 ★明日、君がいない
 マジシャンズ

LIVE
 朝日美穂&エマーソン北村
 趙博
 平原綾香
 浜田真理子
 ★松たか子

演劇&ダンス
 ★「真夜中の弥次さん喜多さん」 KUDAN Project
 花嵐「人間は食べずに生きられるほど自由じゃない」
 「ファントム」 劇団サーカス劇場


2006年度下半期エンタメの個人的ベスト

訂正:タイトルの2007年が2006年になっていたので、今更ですが訂正しました。
エンタ * comments(0) * trackbacks(0)
絶対の愛
2007.05.13 Sunday 00:58
名古屋映画館の良心、名古屋シネマテークに表題のキム・ギドク監督作品を観に行きました。
異端の作家うんぬん言われてますが、これまで観た作品はどれも個人的に好きなもので、この新作は楽しみにしていました。
狂気と愛、贖罪、痛い肉体と痛いココロ・・・・そういった彼に(概ね)欠かせない主題がここでも見られ、「整形」をテーマといっても、単に綺麗になりたいだけ、の整形とは全く違った意味合いで、また特に主演のソン・ヒョナさんは「女は男の未来だ」や「スカーレット・レター」で難しい役をこなしていた存在感ある女優さんだけはあって監督の期待に応えた演技じゃないでしょうか。


キム・ギドク監督作品の一部にはちょっとグロテスクに思える映像があることは知ってる方は知ってますが、この映画も手術映像があるので苦手な方は予めご注意を。

整形の話ですが、単にルックス綺麗になりたいという話じゃない訳なのに、最初のほうに可愛い喫茶店店員役で杉野希妃(ソ・ヨンファ)さんを出したのは逆の意味でうまい出し方でしたね。彼女を知らない方は、当ブログ激写コーナーか、(わたしは番組観た事ないですが)「ぷっちぬき×Eネ!:テレビ東京」での超天然新人メイクさんキキちゃん対アニマル浜口、お顔がちっさいのはどっち対決をご覧の上彼女のお顔をしっかり覚えてこの映画をご覧になり、さらに「まぶしい一日」もご覧になってくださいませ。

パンフレットは監督好きなら豪華でもいいでしょうが、そうじゃない人には高いかも。中村うさぎさんの書いた記事が良かったです。ヒョナさんのインタビューも欲しかったけれど。
個人的に気に入らないのは(敢えて書くと)、「スーパー・ギドク」とか「異常天才」とかの宣伝文句が逆に安っぽいのと、「奇想か。・・・うんぬん」と書いた後の思い切りネタバレを大きい活字でパンフレットに載せていること。配給・公開してくれたのはありがたいが、何かセンスが違う感じがしてしまうのは私だけでしょうか?
監督来日のパーティーがありお金を払って行った一般の方が怒っている記事を書いてます。この方は怒って書いてますが、仮に理不尽な目に遭ったとしたら、それこそギドク的世界じゃないでしょうか、と思ってしまう私は不謹慎でしょうか?

同じ日に同じ監督の初期作品「ワイルド・アニマル」も観ましたが、感想は後日改めますので済み)、ここでは外部参考記事を載せておきます。

公式サイト

絶対の愛@映画生活
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(2) * trackbacks(17)
杉野希妃さん ちょこっとニュース(エリカさんファンも役立つかも)
2007.01.05 Friday 23:15
シネマコリアさんのメールマガジン・ニュースより文章をそのまま引用しないかたちで、映画「まぶしい一日」の第一話「宝島」に出演した杉野希妃(ソ・ヨンファ)さん関係箇所のみ、簡易にお伝えします。

◆明治製菓のCMに出演
  12/9よりオン・エアの立ち上がれ、ジョシ!!クリスマス編(動画があるサイト
 主演:沢尻エリカ(「パッチギ!」「手紙」「間宮兄弟」「タイヨウのうた(ドラマ)」など大活躍)
 助演:杉野希妃・・・ミニスカ(^^)
    三村恭代(「リンダ リンダ リンダ」「チルソクの夏」[この作品には「野ブタ。をプロデュース」の上野樹里さん出てます])
 いずれもスターダスト・プロモーション所属
「まぶしい一日」東京上映会の追加上映決定
◆(ちょい役?)出演のキム・ギドク監督作品日本公開決定
  「絶対の愛」(3月より公開)(原題は「時間」

なお、わたしは杉野希妃(ソ・ヨンファ)さんを2006年日本インターネット映画大賞外国映画・新人賞に投票しています。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(1) * trackbacks(2)