10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
マイウェイ 12,000キロの真実
2012.01.22 Sunday 08:39
ブラザーフッド」で朝鮮戦争を舞台に戦時の狂気とそして破綻と回帰の絆を描いたカン・ジェギュの作風は、「マイウェイ 12,000キロの真実」でも揺るぎない。

平和主義の父(佐野史郎)の意は酌まぬ冷徹将校になった辰雄(オダジョー)。軍国主義下で支配下にした朝鮮の民を見下す場面オンパレードは、
一見、嫌韓主義の輩の、ほら韓国は反日だろ、という口実を与えるか?(

しかし、ここに出てくる軍人というのは、日本だろうがソ連だろうがドイツだろうが行動パターンの類似性は担保しているのである。というよりソ連のシベリアの捕虜生活の過酷さの壮絶。

グンちゃんの「美男ですね」のすっ呆けマネージャーのキム・イングォン外科医ポン・ダルヒ など助演多数)は、「マイウェイ」で鍵となる人物(ジョンデ⇒アントン⇒ジョンデ)を演じ、分かりやすく(?)、状況によって変貌した朝鮮の小心者を好演。

ほぼ一貫して、アスリートであることを忘れないジュンシク(チャン・ドンゴン
の強さは、被支配化の中の朝鮮人の誇りという見方も可能ではあるが、
やはり一人間として何が大切かという風に素直に取るべきだろう。
「ブラザーフッド」で健気な女性(故イ・ウンジュ)を登場させたカン・ジェギュは、ここでも愛らしい妹(イ・ヨニ)を登場させたが、更には、これも民族対立が生んだ凶器が人間としての繋がりの一端を示す中国娘(ファン・ビンビン)をも登場させ、殺伐としがちな戦争映画の中に、不自然ではない彩を配した。
戦争シーンがもの凄すぎて、友情というの謳い文句が若干陳腐にさえ映るのは否めない部分があるにせよ、幼少の思い出も含め、絆は破綻があったにせよ回帰しうることを示し、結果、この映画では政治的な映画でないとしつつも、過去を踏まえた未来志向という意味でも、嫌韓や反日を撥ね付ける強さのある作品だ。

なお、この作品は真実に基づいた映画というのは違う。真実の数奇な人物に、「インスパイアされた創作映画」です。

公式サイト

マイウェイ 12,000キロの真実@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(5)
アジアの歌姫 中国/台湾/香港編 4
2008.10.18 Saturday 21:03
YouTubeでの配信動画は著作権・肖像権上、法的に問題があると思いますが、日本で認知度の低いアジアのポップス新興の意味で紹介します。
問題であり見たくない方は、画面をクリックしないで下さい。
また気に入った歌い手がいましたら、お調べの上、通販などで是非CDをゲットしてもらえれば幸いです。

中国/台湾/香港の女性シンガーで素晴らしい方は多いのですが、わたしの趣味や実際に見た動画で判断して簡単にセレクトしてみました。
注:「中国/台湾/香港」という書き方において国の帰属などの諸々については中立であって、この記述の正確性などについては発信者は言及していません(政治的な意図はありません)。音楽市場並びにそこで活躍している歌い手として簡易にかつここでは安易に一緒くたに捉えていただくのが一番近いかと思います。深く掘り下げる場所として位置しないので当Blogは。

王菲(フェイ・ウォン)(2回目)


蘇慧倫(ターシー・スー) ジュリーのカバー曲。


黄湘怡(ステラ・ホァン)


王[艸/宛]之(王菀之、イヴァナ・ウォン)


范冰冰(ファン・ビンビン)



JUGEMテーマ:音楽
音楽(アジアの歌姫) * comments(0) * trackbacks(0)