07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
2013年度上半期エンタメの個人的ベスト
2013.07.03 Wednesday 23:11

2013年1月1日より6月30日までに行った、映画、LIVE、演劇のベストです。
順不同です。特選に★を付けました。極めて主観的です。

映画
  おだやかな日常
 はちみつ色のユン
 たとえば檸檬
 ★拝啓、愛しています
 チチを撮りに
 ★王になった男
 愛してる、愛してない
 クラウドアトラス
 ★マリア・ブラウンの結婚
 ★宝島(まぶしい一日)
 マジック&ロス
 ★天使の分け前
 マイPSパートナー
 ★セデック・バレ(前編・後編)
 ★ホーリー・モーターズ
 ★きっと、うまくいく
 恋する輪廻 オ−ム・シャンティ・オーム
 ★トマトケチャップ皇帝
 草迷宮
 私のオオカミ少年
 イノセント・ガーデン
 建築学概論
 ★ハナ 奇跡の46日間
 殺人の告白
 風切羽

LIVE
 ★KARASIA 2013  東京ドーム
 「大島保克 初春の八重山歌会」共演:鳩間可奈子 TOKUZO
 ★少女時代 朱鷺メッセ
 KAMILIA SCHOOL 〜KARA FAN MEETING 横浜アリーナ

演劇&ダンス
 ナイロン100℃:「わが闇」 本多劇場

エンタ * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃の大躍進と しぇんて的風来坊ブログの衰退
2011.09.26 Monday 01:51
胡散臭い表題ですいません。

杉野希妃さんという知る人ぞ知る女優さんがいる。プロデューサーでもある。
とうとうこの2011年、1つの大躍進を果たした。
東京国際映画祭(TiFF)に彼女の大特集が出来ているのである(既にご存知の人も多かろうが)。

杉野希妃 アジア・インディーズのミューズで「大阪のうさぎたち」、「マジック&ロス」+「避けられる事」、「まぶしい一日(宝島、母をたずねて三千里、空港男女)」、「タレンタイム」、「歓待」の6作品(うち2作品(+のもの)が1つのプログラムになっている)の一挙上映です。
「クリアネス」と「絶対の愛」も上映していたらもっと凄いのであるが。

このブログでは」、シネマコリアさんで「まぶしい一日」のepisode1「宝島」で彼女を発見(?)して、結構記事を書いたりしていたが、このブログが一時K-POPの話がメインになったり、その後更新自体をほとんどしなくなって、彼女のことだけでなく、映画のこともほとんど書かなくなってしまった。
多分、こんな感じで、ほぼ休眠ブログ化していくでしょう。。。

しかも、ブログの画像置き場に使っていたCOOLが6月で(いつのまにか)終わっていたようで、画像が一杯抜けている(><)。

まあ、それでも嬉しいことなので、こうして書いてみた次第。

「まぶしい一日」の時のKIKI嬢の激写画像、見たい人いるんですかね?

杉野希妃 ききまぐれ

waentertainment (waentertain)   Twitter

STARDUST - スターダストプロモーション - 杉野希妃のプロフィール (TIFFのことがまだ載ってない)


JUGEMテーマ:映画
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃さん出演新作映画は「息もできない」主演コンビと共演の"Magic&Loss"
2010.10.02 Saturday 15:37
詳しくは、杉野希妃さんのブログ「ききまぐれ」に記載されています。楽しみですねー

"Magic&Loss"
監督 : リム・カーワイ(マレーシア)
プロデューサー : 杉野希妃
出演 : 
杉野希妃(「まぶしい一日」「クリアネス」)、キム・コッピ(韓国)(「息もできない」)、ヤン・イクチュン(韓国)(「息もできない」)

ワールド・プレミア @釜山国際映画祭(
PIFF)(韓国)
A Window on Asian Cinema部門
上映日時:2010年10月8(金) 12:30〜、10月12日(火)21:00〜
(釜山/
ロッテシネマセンタムシティ店2 (アクセス) にて。舞台挨拶、上映後ティーチイン予定)

上映以外の公式イベント(トーク)「Meet the Audience: Talk-to-Talk event for MAGIC & LOSS」~「私たちはアジアだ!(マジック&ロス)」
2010年10月11(月)18:00〜 (
釜山海雲台PIFF Villageにて)
ゲスト : リム・カーワイ、杉野希妃、キム・コッピ、ヤン・イクチュン)

日本映画(
Wa Entertainment)(日本-韓国-マレーシア-香港-フランス-アメリカ)

JUGEMテーマ:映画
 
映画(日本)(4) * comments(0) * trackbacks(0)
息もできない
2010.04.18 Sunday 11:27
息もできない・・・主人公サンフンにおけるこの映画中の立ち居地は、「息もできない、ながら・・・」ということなんだろうか?

内面に篭ったモヤモヤを暴力や汚い言葉で出すしかないように見えながら優しい面があることと、サンフン演じる主演・監督・製作・脚本・編集のヤン・イクチュンの強面を演じているのに憎めない可愛らしさというのもそれの表象にさえ思える。

彼が出会う女子高生ヨニ(キム・コッピ)も家にいる時は「息もできない」し高校に行っても友達もいない(らしい)。

出会うべくして出会ったというのは映画ならではであって、実際の確率はどうなんだろうか・・・。という意味では奇蹟的な遭遇なのかもしれない。

「息もできない」のは彼等だけではない。多分、サンフンの妹の幼い息子ヒョンイン(キム・ヒス)も可愛がって近づいてくるサンフンがいる間は、「息ができなかった」はずであり、彼にとってもヨニは救いになったのだろうし、サンフンの宿敵の父は出所した後、サンフンによって罪が永遠に残るような「息のできなさ」であって(ただしサンフン的にはどうしようもなく)、サンフン勤める取立て屋の部下弟分も荒っぽい仕事をすませればいいということはなくサンフンの機嫌を気にしつつ「息もできない」。

まあまあ息ができているというのはサンフンの姉(ただしサンフンが負担に思うこともしてちょっと息ができなかったりであるが)やサンフンのボス(ただし部下の前でもためぐちというか汚い言葉を浴びせられているが友人の面があるので我慢している・・)くらいのものか。

土台、家庭環境が悪く育ったというのは、悪く育っていない(?)人からしたら理解不能なものだから、人造的に描いても嘘っぽさが出てしまうのだが、この切ないヒリヒリした作品のリアルさ感覚というのは、監督ヤン・イクチュンが家庭に問題があったようなので例えフィクションとしても感覚そのものをどう描きたいように描くか、ということだったのだろう?

DV的な題材を描いた作品に日本では「
永遠の仔」というのが渡部篤郎らの出演でドラマにもなったがエキセントリックさが強調された内容だったが、この「息もできない」はエキセントリックという意味ではそれは薄くなっていてあくまでどんなに汚い言葉や暴力が出てきても感覚は「普通」であり、「永遠の仔」でもなければ、ギドクの「鰐」「悪い男」のような一見異常な愛とかは姿を表さず、その意味ではストレートにノーマルな映画。

先にリアルと書いたが、作品中時代的に過去のイメージをも含んでいるようだ。それは意図して入れているのだというのはパンフレットの監督インタビューでも分かる。作品中でも携帯が出てくるが、その時代にヤクザっぽい奴等を使って大学構内でアジ演説をしている学生活動家を蹴散らすというのは流石に現代の出来事と云うよりパク・チョンヒ政権くらいの民主化運動弾圧を想起させつつとも思えるが、ただサンフン自身がこんな自分の現状というより大学にいってちゃんとしている自分とを考えた際に大学に行けている奴等が勉強もぜず何やっとる的な憤りもでている。

サンフン・ヨニ・ヒョンインの3人連れのブラブラの時、サンフンは確かに幸せな時だったろう。

ラストの衝撃の前後する時間断片の演出は素晴らしく、救いと不運と新たな不幸が重箱のように感じられ、サンフンを記憶しながら新しい友達を得ながら家族としては不幸が一つ増えてしまったヨニがいじらしい。

ヤン・イクチュン・・・「まぶしい一日」中の「宝島」にて主人公達を脅かす学生の一人、「けつわり」にノーギャラで朝鮮からの日本の炭鉱労働者の役に出演、など

キム・コッピ ・・・「チャーミング・ガール」でのキム・ジス演じる主人公の少女の頃、など

キム・ヒス・・・「親切なクムジャさん」の被害児童、「黒い家」の不気味家族の子供、など

公式サイト

映画監督と俳優を行き来する ヤン・イクチュン -韓国・韓流情報/wowkorea.jp

息もできない@ぴあ映画生活






JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(6)
TIFF ヤスミン監督の思い出を語るトークショー開催、とか
2009.10.23 Friday 22:52
東京国際映画祭。今年もここのところと同様に今年も行けない(行けなかった)のですが、10月21日にヤスミン・アハマド監督の「タレンタイム」を上映した後、この7月に亡くなった彼女の追悼イベントが行われたとの事で、TIFFのサイトにイベントレポートとして載っています。

東京国際映画祭 | ヤスミン監督の思い出を語る アジアの風部門『タレンタイム』:10/21(火)トークショー

わたしはヤスミン監督の作品は、あいち国際女性映画祭2007で「ムクシン」を観たきりなので偉そうな事は言えないのですが、この繊細かつ自然なタッチは凄いとうなってしまいました。
その後、杉野希妃さんがムクシン監督のプロデュースをしていることなどこのブログでも触れていて、本当に残念です。
TIFFのイベントにも出ており
TIFFサイトにインタビュー記事も掲載されたいるマレーシアのミュージシャンのピート・テオさんは以前に中華音楽のことでネットでお世話になっていた方の紹介もあり、東京でライブハウスでのソロライブも行き、ギターの弾き語りに向き合いその音楽をじっくり味わったことがあり懐かしいです(時は流れる。。。)。

ピート・テオさんを知った頃に私はヤスミン監督のことは知らなかったし、杉野希妃さんに注目した時はそれぞれの方が繋がるとは夢にも思っておらず、そういう繋がりの事を知ると重ね重ねですが惜しいように思え、しかしながらこの世界に巡っている色んな繫がりって不思議だな、と思ったりもしているのです。

ヤスミン監督やピート・テオさんに関しては詳しく何度も採り上げているブログなどありますので、興味のある方は検索などで探してみると更に興味が湧くことが多く知る事ができると思います(日本語で)。
杉野希妃さんのことはご本人のブログ(
ききまぐれ)に行くのが良いと思います(ここのところ釜山国際映画祭での交流などの話題が満載でピートにも会っていますね)。
が、当ブログにもなんだかんだ細かい事が載っていたりするのでので、暇がある方は当ブログを探検してみてくださってファンになっていただいて、ついでにファンサイトを作ってくれちゃったりすると嬉しく思います。

杉野希妃さん  ヤスミン監督追悼コラム執筆とウニョンPV出演 | しぇんて的風来坊ブログ

杉野希妃・初プロデュース作「忘れな草」釜山国際映画祭関連で受賞 | しぇんて的風来坊ブログ

「まぶしい一日」 広島上映会 & マレーシアの注目映画の広島上映会 | しぇんて的風来坊ブログ


JUGEMテーマ:映画
 
映画(東南アジア) * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃さん  ヤスミン監督追悼コラム執筆とウニョンPV出演
2009.09.21 Monday 07:17
杉野希妃さんの2009年9月の仕事です。 (遅れてスイマセン)

情報は
スターダストプロモーションのプロフィールより。

■コラム執筆
キネマ旬報 9月下旬号」(表紙:草剛)
追悼 ヤスミン・アハマド」内にて、「ヤスミンが完成を夢見た「ワスレナグサ」に寄せて
<映画「ワスレナグサ」の女優兼プロデューサーとして執筆>
  既に最新号ではなくなっておりますが、バックナンバーのある書店や新号との入替がまだの書店(地方なら)にはあるかもしれません。
  このコラムの中で杉野さんは「ワスレナグサ」の筋に触れていますが、不思議な事にこのヤスミン監督の経験を元にした映画は、家族の秘密に絡んだ当人にとっては異国を訪れるという部位において、杉野自身が出た作品「まぶしい一日」の「宝島」とニュアンスは異なるがそれにクロスするかのような物語のようです。「まぶしい一日」は文字通り一日の出来事ですが、「ワスレナグサ」は数日の物語。韓国とマレーシアと異なりますが。
 杉野プロデューサーが「ワスレナグサ」を完成させる事を切に願う。
 このカラムには合わせて小さな写真、杉野さんとヤスミンさん、そして主演女優の
シャリファ・アマニが並んで写った鎌倉でのスナップが載っています。

 なお、ヤスミンさんの訃報に関しては気が付くのが遅れ時期を逃したたため、当ブログでは記載しておりませんでした。
 謹んでヤスミン・アハマドさんのご冥福をお祈り致します。


 なお、杉野希妃さんについて、このキネ旬の著者紹介で次のチェン・ジェウン監督との合作が釜山映画祭のPPPに選出されたとありました チョン・ジェウン(チェン・ジェウン)氏はペドゥナ出演「子猫をお願い」の監督と同じ方ですね。
( O.D.V. (Opposite Domestic Violence) / Japan / JEONG Jae-eun )
  

■PV出演
ウニョン 「放熱ララバイ」 (「怨み屋本舗REBOOT」(木下あゆ美・主演)のエンディングテーマ)
  なかなか切ない楽曲と映像です。




関連記事
杉野希妃・初プロデュース作「忘れな草」釜山国際映画祭関連で受賞 | しぇんて的風来坊ブログ

ヤスミン・アフマド監督が亡くなる[マレーシア世界の窓]

Pete Teo Official information in Japanese ヤスミン・アーマッド Yasmin Ahmad監督が逝去されました。

韓国の友達と感性を分かち合う楽しい世界!− GoKorea 「ポン・ジュノ・ホ・ジノ・イ・ミョンセ 新作など ‘ppp 2009’ 公式プロジェクト確定! 」

追記 ご本尊のところが後ですいません。(誰かファンサイト作ってね・・・言い訳)
キネマ旬報|杉野希妃 ききまぐれ

Yasmin Ahmad|杉野希妃 ききまぐれ

PPP|杉野希妃 ききまぐれ

JUGEMテーマ:日本映画の女優
 
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
「三たびの海峡」 神山征二郎
2009.08.15 Saturday 20:53
神山征二郎監督「鶴彬 こころの軌跡」が公開されているが、この新作は都合で観ていないが、これに合わせシネマスコーレで催されている旧作上映「神山征二郎映画の軌跡」のプログラムの中から1995年作「三たびの海峡」を観た。
多く戦時中などを舞台に反戦的色合いの作品をも撮っている神山監督による朝鮮から連行された労働者について描いた小説を元にした映画。
その原作は帚木蓬生(「いのちの海 Closed Ward」として映画化された「閉鎖病棟」など)の小説「
三たびの海峡」。

九州の炭鉱での非人道の限りの虐待労働と同じ朝鮮同胞を監視・いびり役にするなどの手段を採る日本の労務監督(悪役演:隆大介)の残虐さは酷いものだが、これは原作が小説としても当時の状況に乗っ取ったものであるわけで、時は経ったとてかつて日本としてこのようなことが横行していた事は目をつぶってはいけないことでしょう。
朝鮮人の多くを日本の俳優が演じており、当時の映画の状況から在日の朝鮮人同士の朝鮮語での会話が少ない(というだけでなく日本語率が高い?)のは仕方ないにしてもちょっと違和感はある。
前半の暴力と炭鉱での真っ黒な労働者の場面を過ぎると、朝鮮人が夫を戦争で失った日本女性(南野陽子が好演)との恋の場面で少しは救われる絵となる。
そして年月がたっての、当時の非人道はなかったもののようにする現場監督は立身出世していると知ることになる、韓国から久々に訪日した元炭鉱労働者(演:三國連太郎)は誰とどのような再会を果たしていくのか?
ちょっと説教臭さは残るものの主役の方たちが熱演しており、それなりの見応えがあります。

他の出演は李鐘浩、永島敏行、白竜、樹木希林ら。

キネマ旬報DB/ Walkerplus.com 「三たびの海峡」
三たびの海峡 - goo 映画
三たびの海峡 : 映画情報 - 映画のことならeiga.com

炭鉱朝鮮労働者テーマの映画「けつわり」
「まぶしい一日」 「けつわり」 シネマコリア2006名古屋2日目 | しぇんて的風来坊ブログ




JUGEMテーマ:映画館で観た映画 
映画(日本)(3) * comments(0) * trackbacks(0)
「覆面ダルホ〜演歌の花道〜」 DVD
2009.07.05 Sunday 23:12
邦画で最近の作品に、好きなジャンル(渋谷系)と違う音楽(HM)という「デトロイトメタルシティ」や新人発掘に絡む(結果中年パンク)「少年メリケンサック」などがあるが、この映画はロック青年が演歌の道に引きずりこまれるという内容の作品。
原作は邦画の「
シャ乱Qの演歌の花道」とのことだがそちらは見ていない。
韓国の演歌なのでトロットということだが日本の演歌と近いので日本人にもこのリメイクも分かると思います。
ベタな展開ながら、こちらの主役チャ・テヒョンは相変わらず憎めないキャラクターで笑わせてくれ、「
君に捧げる初恋(初恋死守決起大会)」のようなコメデイーには真骨頂です。そのチャ・テヒョンはこの映画の歌はロックもトロットも実際に歌っています。主役の名前は(ポン・ダルヒじゃなく、)ポン・ダルホ。映画の題は覆面ダルホですが、意味として実際は覆面○○なわけで、最後近辺にその題が生きてくるそして温かい、いい感じで終わります。

出演:チャ・テヒョン(「
永遠の片想い(恋愛小説)、「猟奇的な彼女」、「サッドムービー: Sad Movie」)、 イ・ソヨン(「まぶしい一日」)ほか。

覆面ダルホ〜演歌の花道〜 | 上映作品 | 韓流シネマ・フェスティバル2008春

覆面ダルホ〜演歌の花道〜@映画生活

JUGEMテーマ:映画
 
映画(韓国)(3) * comments(0) * trackbacks(2)
杉野希妃ちゃんブログ
2009.06.26 Friday 22:34
クリアネス」主演、「まぶしい一日」・「絶対の愛」出演の女優、杉野希妃さんがこの6月より新しくブログを始めていますね。

気がつくのが遅くてすいません。

杉野希妃 「ききまぐれ」

アイムス アニマルシェルター体験記(主に捨てられた猫の保護施設体験記、スポンサー有り)の撮影 だったそうです。

YouTube - IAMSjapan さんのチャンネル


アイムス アニマルシェルター体験記予告編


アイムス アニマルシェルター体験記 1日目


アイムス アニマルシェルター体験記 2日目


JUGEMテーマ:にゃんこ
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
「のんきな姉さん」 Gyao
2009.05.24 Sunday 22:38
2002年の七里圭監督の映画。
このブログでは「眠り姫」の感想を書いたが、やはり一筋縄でない凝った作品。物語の進め方が分かりにくいところがあるが、そういった時間のずれの感覚、「
眠り姫」で顕著になる凝った光の扱い方など、この監督としての長編デビュー作に特長が出ていて、普通の映画に飽き足らなく低予算映画でも受け入れられる、そして古き実験風味をちょっとだけ混ぜたような(とくにこの映画の音楽の弦楽器の使い方はそういった風味を強く感じる)文学風の作品も好みなら楽しめるが、そうでない人は途中で投げ出すかもといった微妙な作品である。

主題は姉弟愛、禁断の愛である。そうするといけない描写満載の映画なのかと思いきや、姉役の梶原阿貴は全く色気が感じられないような(失礼)人物になりきり、そういった風味の映画でない事が読み取れてくる。
そしてコミカルな間合いを味付けする役が、全く仕事になっていなさそうな職場の、姉さんの勤める職場の課長で、冒頭近く「ソソソクラテスかプラトンか」という野坂昭如の珍歌を全く似ていない風に歌う
三浦友和。バカ受け。「転々」より遥か前に既にこんな飄々とした変なおじさん(?)を既に演じていた。
役的にインパクトのあったのはへなへなしつつ姉への禁断の愛を悶々としている弟。「
まぶしい一日」エピソード3「空港男女」の塩田貞治が好演(怪演、弱演?)しております。

撮影 
たむらまさき
照明 佐藤譲
助監督 西川美和 (オダギリジョー、香川照之主演「ゆれる」)
音楽 
侘美秀俊

のんきな姉さん|無料動画 GyaO[ギャオ]

のんきな姉さん|トランスフォーマー

のんきな姉さん@映画生活

JUGEMテーマ:映画
 
映画(日本)(3) * comments(0) * trackbacks(1)
GreeeeN  歩み  カラオケ  杉野希妃
2009.03.01 Sunday 09:26
3月11日に10枚目のシングル「刹那」をリリースするGreeeeN

その前のユーキャンのCMソングにもなっている「歩み」。
そのカラオケに、映画「
クリアネス」主演女優で2/23にペイパービューDVDもリリースされた「まぶしい一日」にも出演している、これからの歩みが気になる 杉野希妃ちゃんが出ていますねー。唄ってくださいまし♪
出ている場面は全般という訳ではないので、目を凝らしてみてくださいまし。

動画事例
【HD720p】GReeeeN  歩み AMR HDカラオケ - AOL Video


参考リンク

 追記 【鷲宮町内で撮影されたロケ実績】
      によると主な出演者は、里中隼人渋谷謙人君嶋麻耶村上剛基
                     杉野希妃、伊勢みはと

しぇんて的風来坊ブログ 杉野希妃

Amazon.co.jp: 『まぶしい一日』 日韓新時代を予感させるオムニバス映画 [PPV-DVD]

映画(まぶしい一日/韓国) | しぇんて的風来坊ブログ

クリアネス(1) | しぇんて的風来坊ブログ

クリアネス | しぇんて的風来坊ブログ

合わせて観たい「歩み」的歌の動画
  「다시 만난 세계(Into The New World)〜また巡り逢えた世界〜」(公式より)
    by 少女時代(ソニョシデ、소녀시대、Girls' Generation )
  
JUGEMテーマ:音楽
音楽(日本)(New) * comments(0) * trackbacks(0)
「まぶしい一日」 DVD化!!
2009.01.15 Thursday 00:00
当ブログでも推薦しております「まぶしい一日」がとうとうDVD化されることが決まったとの報がありました。

ソチョンのひとりごと : 長い沈黙を破って・・・ついに!


楽しみですね! オマケ付きかな〜?

「まぶしい一日」 (オムニバス作品)
監督: 
キム・ソンホ
キム・ジョングァン ミン・ドンヒョン
出演: 森透江杉野希妃キム・ドンヨンチョン・デフンイ・ソヨン塩田貞治

韓国公式サイト

日本公式サイト

追記
ペイパービューの仕組みについては下記の記事(リンク)もご参照ください。
ソチョンのひとりごと : 『まぶしい一日』PPV-DVD 明日発売です!

JUGEMテーマ:映画
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃・初プロデュース作「忘れな草」釜山国際映画祭関連で受賞
2008.10.24 Friday 00:05
第13回釜山国際映画祭におけるPPP (Pusan Promotion Plan) で、「まぶしい一日」「絶対の愛」「クリアネス」で日本や韓国で俳優としても活躍している杉野希妃さんが初めてプロデュースに携わった(ONO Kousuke, SUGINO Kiki, Wa Entertainment)映画作品「忘れな草」に最優秀企画賞(プサン・アワード)が授与されたとのこと。

監督は近年関心が集まっているマレーシア映画界でも注目の作品を出しているヤスミン・アーマド(アーマッド)監督。

::::::PUSAN Promotion Plan::::::より引用
1. Pusan Award (20,000 USD): AHMAD Yasmin / Japan, Malaysia Every year, the Busan Metropolitan City gives 20,000 USD to one outstanding PPP project for supporting the production

Yasmin Ahmad監督のブログ the storyteller

the storyteller: Malaysian/Japanese co-production film project wins the top award in Pusan, Korea.

the storyteller: The sudden, unexpected, and unplanned blossoming of one "Forget-Me-Not".
Next thing I knew, I was sitting at a table in a hall at Paradise Hotel in Pusan. Ono-san and Kiki-san were with me.

IMDb > Yasmin Ahmad

映画/【釜山レポート最終回】 - cinemacafe.net

しぇんて的風来坊ブログ | 「まぶしい一日」 広島上映会 & マレーシアの注目映画の広島上映会

しぇんて的風来坊ブログ | 「ムクシン」 あいち国際女性映画祭2007


JUGEMテーマ:映画


映画(東南アジア) * comments(0) * trackbacks(0)
まぶしい日に
2008.06.14 Saturday 22:29
まぶしい一日」と紛らわせる邦題はなぜの作品。チンピラ役も板についているパク・シニャン。ちんけなこのチンピラに子供が押し付けられるお話。
孤児ネタでお泪というまさに韓流な映画で先も読めるのを持っていかせるのはソ・シネという子役の力が大きい。
愛してる、マルスンさん」のイェ・ジウォン演じるいい人に見せつつコドモ黒商売の事が分かったようで分からない風にしていて、ま、それはこの際いいかという、コドモ&改心&病気モノ的なお約束でも、それなりに納得できる娯楽映画。

まぶしい日に | 韓流シネマ・フェスティバル2008春

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
映画(韓国)(2) * comments(0) * trackbacks(2)
「まぶしい一日」 東京にて上映情報
2008.02.23 Saturday 21:51
ケータイ小説映画化「クリアネス」の主人公さくらを演じた杉野希妃さんの登場するエピソードもある、良作映画「まぶしい一日」。

東京で上映機会があるそうです( 「ソチョンのひとりごと」記事 より)
3月8日(土)スペースゆうプラネタリウムホール
プラネットシネマ「人がつむぐ文化と未来〜東アジアの映画にみる女性たち」
詳細は↑をクリックして下さい。
「纏足〜10センチの黄金蓮花をさがして」(カナダ・中国)(纏足の読みは、てんそく)同時上映とトークイベントも開催。
纏足というと、「ワイルド・スワン」を読んだのを思い出しますね。

ちなみに「クリアネス」は近いうちに観にいきます。ネットの感想は好意的なものも多く読めるようになってちょっと安心していますが・・・。
斉藤工さんと監督の舞台挨拶の情報は「クリアネス」公式サイトの中の公式ブログ見て下さいね。明日2月24日です。まだ整理券あるかも。未入手の方は明日並んでくださいね♪

「まぶしい一日」公式サイト
しぇんて的風来坊ブログ;杉野希妃

映画「クリアネス」公式サイト
しぇんて的風来坊ブログ:クリアネス
しぇんて的風来坊ブログ:クリアネス(1)・・・古い記事


JUGEMテーマ:映画
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
「まぶしい一日」 広島上映会 & マレーシアの注目映画の広島上映会
2008.01.13 Sunday 03:09
シネマコリアソチョンさんブログの情報より。

シネマコリア配給作品の日韓の現在を若者たちから描いた映画「まぶしい一日」が広島で上映されます。
近日上映の「クリアネス」主演の杉野希妃さんが「まぶしい一日」のエピソード1「宝島」に出ていますが杉野さんは広島出身のはずですので、地元の応援団の皆さん観にいってね♪
他の出演、イ・ソヨンなど。

広島市映像文化ライブラリーでのアジア映画特集【2008年2月8日(金)より14日(木)まで】のプログラムにて。
この催しでは、これ以外の韓国映画に加えシンガポール映画とベトナム映画がかかります。1日1作品ですのでプログラムを確認ください。
また先立って「マレーシア映画特集2 ヤスミンの物語 “オーキッド4部作”」【2008年1月24日(木)より27日(日)まで】があるようですが、うち「ムクシン」を観たことがありますが、この特集もお薦めです。


JUGEMテーマ:映画


映画(まぶしい一日/韓国) * comments(6) * trackbacks(0)
「まぶしい一日」空港男女再現@日本写真映像専門学校「体験入学」レポ
2007.12.16 Sunday 21:47
気がつくのが少し遅れましたが、日本写真映像専門学校の体験入学で実施された「まぶしい一日」のシーン再現製作の体験実習のレポートと映像です。あー、このシーンね。思い出しました^^
日本のこれからの映画を作る若者たちがこの中からでてきますね、きっと。


JUGEMテーマ:映画
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃さん出演番組 「東京ディズニーリゾートABC!」
2007.12.08 Saturday 23:25
来年公開される映画「クリアネス」に主演の杉野希妃さん(他に「まぶしい一日」と「絶対の愛」に出演)と川久保拓司さんがレポーターを務める東京ディズニーリゾートを案内する番組東京ディズニーリゾートABC!がSKY PerfectTV!ch.277「旅チャンネル」で来年1月に放送されます。
番組のWEBには写真も掲載されています。

放送予定日
1/2(水) 13:00〜13:30
1/8(火) 7:30〜8:00
1/9(水) 13:30〜14:00
1/19(土) 12:00〜12:30

この番組は以前から放送されていたそうですが(川久保拓司さんのファンのBlog)、わたくしめは見ていない(見れない)のでスルーしてました。まあkiki情報として抜けてたので記入。
テレビ番組 * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃 初主演映画は篠原哲雄監督の「クリアネス」
2007.11.11 Sunday 01:41
シネマコリア代表の西村さんのブログ「ソチョンのひとりごと」で11月 07日に書かれていた記事で遅まきながら気がつきました。

「まぶしい一日」のエピソード「宝島」、キム・ギドク監督「絶対の愛」に出演し、テレビ番組やCM、音楽活動もしている杉野希妃さんが篠原哲雄監督の「クリアネス」に出演されるそうです。ケータイ小説「クリアネス」の映画化だそうです。

ケータイ小説の映画化というと現在公開中の「恋空」((ガッキーこと新垣結衣主演)や、沢尻エリカ(杉野希妃さんの事務所の先輩)と竹内結子(杉野希妃さんの事務所の先輩)が出演した「クローズド・ノート」が話題になったり映画化がムーブメントですね。。キッキーことkikiこと杉野希妃さんが認知度の上でもスターダムに昇る場面が到来したのか、そこまで行かなくても映画ファンには注目されるようになるでしょうね。

映画「クリアネス」公式サイト

「まぶしい一日」感想公式サイト

「まぶしい一日」当ブロク記事カテゴリー

「杉野希妃」当ブログ検索

篠原哲雄監督公式サイト
監督さんは色々な脚本家さんの本を手がけていますが、小池真理子さん原作、脚本:大森寿美男/川崎いづみの「欲望」では板谷由夏さんは相当レベルの体当たりでしたが、山田あかねさん脚本のこの作品はどういう風にするんでしょうか。山田あかねさん経歴にバイトで女子大生ポルノ小説をたくさん書く。とか書いてあるし。。。寧ろ問題作と感動作の両面を持った作品という風になってくれるんならそれはそれでいいかな。kikiちゃんはスタイルもいいし(あくまでも想像、汗;;。

函館港イルミナシオン映画祭:12月8日(土)十字街シアターにて
プレミア上映
・・・ゲスト予定(篠原哲雄監督、杉野希妃、細田よしひこ)

「限りなく透明な恋の物語」というサブタイトルと付いているようですが,これは村上龍さんに許可(??)を得てないだろうので(おそらく)如何なものかとは思うけれど。まあ、「世界の中心で、愛をさけぶ」もハーラン・エリスンに許可を取っていないので似たようなものか。。

本作は
渋谷シネラセットほかにて2008年2月中旬公開予定
配給:シネカノン/ドーガ堂
【出演】杉野希妃、細田よしひこ、小柳友、斎藤工(友情出演)、哀川翔、高田純次(特別出演)
クリアネス(1) * comments(1) * trackbacks(1)
「まぶしい一日」 上映情報  滋賀県甲賀市
2007.09.02 Sunday 08:11
第3回甲賀映画祭にて、日韓のお話、「まぶしい一日」が上映されます。

情報元 甲賀映画祭実行委員会のスタッフブログ

10月21日(日) 水口社会福祉センター


まぶしい一日公式サイト

追記:過日書いた「まぶしい一日」がオープニング作品になる長岡アジア映画祭の記事を更新し、映画祭の本年分の第12回のサイトにもリンクしました。新潟県に地震があったということで台湾大震災に関係したドキュメンタリーも上映されます。タイ映画の深い森の神がかり的怪物(?)映画「トロピカル・マラディ」とかも上映されていて、作家性が強い作品、エンタテインメント的な作品、ドキュメンタリーと、嗜好が種々の映画ファンに対応してアジア映画を紹介するプログラムになっていますね。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
今更ですがロト6のCM 杉野希妃さん
2007.08.15 Wednesday 12:15
過去に書いた、杉野希妃さん(「まぶしい一日」ほか」)のロト6のCM今更実際に見て確認しました。
このように時間がかかるのは、自分あまりテレビ見ないヒトだからです。
ロートの方もまだスマスマのCM枠とかで流れてます。

明治製菓(主演:沢尻エリカさん)とかロト6(主演:常盤貴子さん)ということでしたら、キキマニアの方はスターダストプロモーションの方々(例えば竹内さん柴咲さん松雪さん・・・)出演の全CMをチェックしないと(汗;;  ドタバタCM 出演父ブラザートム・母片桐はいり・長女新谷真弓・次女山口もえ・三女梨花、四女杉野希妃、五女夏帆、アンちゃん椎名桔平(若作りにて)脚本生田萬、演出KERAを希望しときます。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(2) * trackbacks(0)
Jazzin'parkにアルガレイさん
2007.08.12 Sunday 00:22
1個前に書いた「心の忘れ物」の紹介で、Jazzin'parkについて書いたのですが、HPからPVを見て、聴いた声だな?見たお顔だな?と思ってたら、どうも「Long Time Ago」という曲のVocalはアルガレイさんのようだ。

不思議な感じです。

「まぶしい一日」⇒杉野希妃⇒kiki⇒Jazzin'park
                      ⇒アルガレイ 。。。
この不思議さは多分わたしだけかもしれない。

アルガレイさんの「THE LAST BUS」がこのBlogのお気に入り商品(右欄)に入れてある。
このアルバムに入っている「マボベ ソン」はオリジナルは韓国の曲で意味は「魔法の城」で彼女は日本語でカバーしているということはさておき、彼女について初めて知ったのは、2004年8月22日の「ティーンエイジと音楽 〜アジア市民をめざす!〜という川崎市でのイベントで出演されていたのを見た時です。
そこでは、アルガレイ(日本)、ジェジン(韓国)、ジョエン(韓国)、そしてネットで痕跡が残っているように在日ヒップホップ・ユニットのKPが出演していて興味深くも楽しい催しでした。
この時に、わたしは澄んだ歌声のアルガレイさんを気に入ったという訳です。
ふーむ。

イッコ輪が繋がったね。

日本と韓国⇒日韓イベント・・・・・・・・
 ↓                   ↓
 ↓                    アルガレイ
日韓友情映画⇒「まぶしい一日」        ↑
          ⇒杉野希妃⇒kiki⇒Singo⇒Jazzin'park


追記:表題から??を削りました、?じゃないので。。。
音楽(日本 arlie) * comments(6) * trackbacks(0)
「まぶしい一日」上映情報 大阪&新潟県
2007.08.06 Monday 18:22
「まぶしい一日」の上映情報(シネマコリア News さんより)

「まぶしい一日」公式サイト

当ブログ同作品関連ないし脱線記事

長岡アジア映画祭第12回
(2007 9/17〜)オープニング作品

日本写真映像専門学校体験入学プログラム(2007 8/19のプログラム内にて)
(∴受験を検討中の学生さん向け(保護者が観れるかは分かりません)

詳細は各主催者にお願いします。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
わたしがそこそこに(苦笑)、kikiさんを応援して...
2007.07.22 Sunday 20:10
kikiないし杉野希妃さんを応援するきっかけからもう一度おさらい。

昨年の8月に「まぶしい一日」を観に行って、エピソード「宝島」に出ていた彼女が演じた役が気に入った事と、撮らせて頂いた写真もとても綺麗だとかそういうことです。

しかし、熱心というほどには到っていないのか、kikiさんのBlogの内容を読むのもつい最近という始末で、まあ、そんなんでほどほどで、私的にはいいんじゃないかっと思ってます。

ついでながらキキBlogないし発表された作品について、徒然なるままに。。。

その一
松たか子。松たか子さんとkikiないし杉野希妃さんとの直接の関連はない。なんで松さんが出てくるかと言うと、先日松さんのコンサートの事を書いたように、わたしは松ファンでもあり、ハンドルネームも松さんが舞台で演じた役を参考につけたもの。
だから偶然にせよ、kikiさんと松さんの接点が見つかったのは嬉しいもの。

その一の一
前田たかひろ。最近はkikiさんご自身の作詞が増えていくそうですが、デビューから2作品(「アカネ雲蹴散ラシテ」、「七方美人」)の作詞は前田たかひろさんが書いている。松たか子さんもご自身で詞も曲も書くが、他の方の作品も多く、「真冬のメモリーズ」「ごめんね。」や「君じゃなくてもよかった」などのヒット曲&いい曲という前田たかひろ作詞作品も歌ってます。

その一の二
レプリーク。kikiさんはミュージカルや演劇も好きみたいですね。彼女は「ひばり」を結局観れたんだろうか? わたしは在京の頃だったらまっつんファンクラブ特典をも利用して観ていただろう「ひばり」。ド迫力のまっつんがいた筈。観に行きたかったなあ・・・(泣き)

その二
新美南吉(童話作家)。「おしどり」を朗読しています。20分以上も朗読。ただただ朗読。
わたしのBlogのRecommend という右欄の下の方に、「新美南吉童話集」というのを入れていました。しかも自分、「(小学生以来)読んでないものを載せるのもどうかと思うが、読み返したい気もするので。」とかコメント書いてる(苦笑)。朗読聴いて懐かしい。 新美南吉は愛知県のヒトですが、岐阜のわたしの出た小学校の(国語じゃなく)道徳の先生に良さを教えられ、インモラルのわたし(謎)に一定の影響は与えていると思う。作品を覚えていると言うより、もっと深い所に確かに届くものがあったんじゃないかと思ってる。それを明確に言うのが難しいほどの奥に刷り込まれているかもしれない。そしてその教えほどの人間には決して成長していないなあ。今でも、、、。分からないけれど。

その三
○ナサンのきびなごサラダ。最近はわたしの生活域近くに○ナサンがないので懐かしい。きびなごサラダ好きでした〜〜(そんだけかい)

まあ、これくらいの、ほんの一握りで、独り言を呟いていても仕方ないのだが。
てゆうか豊かに生活してる女の子のBlog読んで書けることを見出すのは困難じゃ(異世界。。。○デお手上げ)。

土日がやるせない内容の仕事で潰れてしまい、感性や知性と無関係に過ぎてしまった(大げさですが)鬱屈の中で書きました。

遠方ですので、おそらくデビューライブには都合で行けないとは思ふのですが成功すればいいな、と思ってます。練習に精を出されて思い切っていって欲しいッス。

彼女には、彼女の同世代の、異性というより寧ろ同性のファンが増えればいいなと思っております。
音楽(日本 kiki) * comments(0) * trackbacks(0)
女優の杉野希妃さん kiki として歌手活動を始めています。
2007.07.21 Saturday 21:14
キサラギの記事のコメントで教えてもらった情報です。
まぶしい一日」、「絶対の愛」に出演された女優、杉野希妃さんが、kikiというアーティスト名で、既に音楽活動を始められ、ブログも既に去年の12月に作って情報発信していました。
このブログを読むととても充実して感性と知性を輝かせて日常や仕事にと活き活き感が伝わってきます。やっぱり才能のある方は違うなーと羨ましく思える内容だけど可愛さもあっていいです♪
女優、杉野希妃さんと同様、アーティスト、kikiさんもご活躍を。

mF247 | gR² | kiki (kiki音楽サイト)
既発表作品(全て上記サイトより無料ダウンロードできます、楽曲は太字
アカネ雲蹴散ラシテ 作品ジャンル ポップス/ボーカル 2006/12/25(デビュー曲)
七方美人 作品ジャンル ポップス/ボーカル 2007/02/17
贈り物」 作品ジャンル オーディオブック 2007/06/16
ヒトゴミ   君がいること」 作品ジャンル オーディオブック 2007/06/23
愛の体温」  作品ジャンル オーディオブック 2007/06/30
記憶 作品ジャンル ポップス/ボーカル 2007/07/07
朗読「おしどり」 作品ジャンル オーディオブック 2007/07/15

とても爽やかで、かつ表現力のあるな歌声ですね♪ いいじゃないですか、ホントに。
バックもしっかりしてそうで、参加ミュージシャンとかも知りたいですね。
朗読も良いですね。伝わってきます。

ポッドキャスティングのネットラジオ出演 (mF Living Room 247)07.07.17 update

はてなダイアリー  「kiki の ヒトリゴト」 (kikiさんが考えや好きなことなど発信中)

デビューライブ情報
新宿SACT!(サクト) (新宿区新宿6丁目28-8  ラ・ベルティ新宿B1)にて
2007年8月29日(水) Lyrical song series 「晴れのち、きらり・」
出演:笹生実久/諌山実生/Pigeon's Milk/kiki
18:30open 19:00start
前売り 2000円、当日2500円 ドリンク代500円別
チケット予約センター
音楽(日本 kiki) * comments(3) * trackbacks(0)
シネマコリア & 「まぶしい一日」 とか
2007.07.09 Monday 01:17
シネマコリアが今年もあります。8月から9月にかけて順次、東京・名古屋・大阪にて。
上映作品が予定1作品諸事情で変更になるそうですが、大変ですね。
プレイベントとして、名古屋で「まぶしい一日」のアンコール上映があり、またシネマスコーレでの韓国アートフィルム・ショーケース(東京終了、名古屋開催中)のスタンプラリーで3スタンプで無料招待とのことです(連日休日出勤がありわたしはゼロですが;;;エーン
映画(韓国)(1) * comments(2) * trackbacks(1)
杉野希妃さんCM
2007.07.01 Sunday 01:20
既に他の方が出されている情報ですが書いておきます。

杉野希妃さん(「まぶしい一日」、「絶対の愛」)の出演CM

ロート製薬 肌研 卵肌

ロト6のCMに似てるヒトが出てたという情報もありますね。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
絶対の愛
2007.05.13 Sunday 00:58
名古屋映画館の良心、名古屋シネマテークに表題のキム・ギドク監督作品を観に行きました。
異端の作家うんぬん言われてますが、これまで観た作品はどれも個人的に好きなもので、この新作は楽しみにしていました。
狂気と愛、贖罪、痛い肉体と痛いココロ・・・・そういった彼に(概ね)欠かせない主題がここでも見られ、「整形」をテーマといっても、単に綺麗になりたいだけ、の整形とは全く違った意味合いで、また特に主演のソン・ヒョナさんは「女は男の未来だ」や「スカーレット・レター」で難しい役をこなしていた存在感ある女優さんだけはあって監督の期待に応えた演技じゃないでしょうか。


キム・ギドク監督作品の一部にはちょっとグロテスクに思える映像があることは知ってる方は知ってますが、この映画も手術映像があるので苦手な方は予めご注意を。

整形の話ですが、単にルックス綺麗になりたいという話じゃない訳なのに、最初のほうに可愛い喫茶店店員役で杉野希妃(ソ・ヨンファ)さんを出したのは逆の意味でうまい出し方でしたね。彼女を知らない方は、当ブログ激写コーナーか、(わたしは番組観た事ないですが)「ぷっちぬき×Eネ!:テレビ東京」での超天然新人メイクさんキキちゃん対アニマル浜口、お顔がちっさいのはどっち対決をご覧の上彼女のお顔をしっかり覚えてこの映画をご覧になり、さらに「まぶしい一日」もご覧になってくださいませ。

パンフレットは監督好きなら豪華でもいいでしょうが、そうじゃない人には高いかも。中村うさぎさんの書いた記事が良かったです。ヒョナさんのインタビューも欲しかったけれど。
個人的に気に入らないのは(敢えて書くと)、「スーパー・ギドク」とか「異常天才」とかの宣伝文句が逆に安っぽいのと、「奇想か。・・・うんぬん」と書いた後の思い切りネタバレを大きい活字でパンフレットに載せていること。配給・公開してくれたのはありがたいが、何かセンスが違う感じがしてしまうのは私だけでしょうか?
監督来日のパーティーがありお金を払って行った一般の方が怒っている記事を書いてます。この方は怒って書いてますが、仮に理不尽な目に遭ったとしたら、それこそギドク的世界じゃないでしょうか、と思ってしまう私は不謹慎でしょうか?

同じ日に同じ監督の初期作品「ワイルド・アニマル」も観ましたが、感想は後日改めますので済み)、ここでは外部参考記事を載せておきます。

公式サイト

絶対の愛@映画生活
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(2) * trackbacks(17)
「まぶしい一日」 公式サイト移転
2007.03.13 Tuesday 00:27
新しいurlに行くには、こちらをクリックしてください。

シネマコリアのサイトのurlも変わっています⇒こちら  さりげなく、杉野希妃さんの画像をクリックするとバレンタインCMに跳ぶようになっていますね。
 そういうウチトコも画像を拾いに来るヒトが増えてますね。コラージュしないように。というかスターダストさんのサイトに紹介される前なので、大目に見てくださるのを希望します。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
「まぶしい一日」 東京上映会
2007.03.08 Thursday 21:59
慣わしによって、「まぶしい一日」 の情報はアップします。

2007年4月15日(日) 新橋・TCC試写室で上映されます。詳しくは⇒コチラ

情報 シネマコリア News from シネマコリア
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃さん ケンタッキーのCMにも
2007.02.19 Monday 23:28
日韓友情の映画「まぶしい一日」に出演された杉野希妃さん。
ケンタッキーフライドチキンのCMに出てるそうです。

¥1000パック「間違い会議室」篇

この情報の出所は、CM Watchさんです。


映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
「まぶしい一日」 京都上映会
2007.02.18 Sunday 19:04
日韓友情の映画「まぶしい一日」 。京都でも上映会があるそうです。
公式サイトで気がつきました。
詳細は、こちらのブログ「ソユーズ日誌」をご覧ください。

またこの映画をご覧になった方は、公式サイト掲示板に感想を投稿してみられたらどうでしょう?
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
まぶしい一日 東京上映会
2007.02.12 Monday 09:26
日韓交流が題材の映画「まぶしい一日」の上映会が3月4日(日)に行われるそうです。
定員がとても少ないそうなので、ここで詳細を引用するのは避けますので、詳細は情報元のシネマコリアメルマガ情報をご確認ください。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
キネ旬の選外投票
2007.02.11 Sunday 02:29
キネマ旬報ベストテンについて書いた際、「もっとも11-20位が気になる」と書いたが、要は各選者の実際の投票作品です。あ、これ観てみたいとか、観たいけれど観れてなかったとかそんな風に。
それでも、わたしが良かったと思っていて、1票も入ってなかったりもあって、まあやっぱりヒトはヒトかな、と思う。

自分の場合、地方に居るため、公開が去年のものだったりもあるが、明らかに2006年公開作品なのに、どなたも「マクダル パイナップルパン王子」「まぶしい一日」「深海 Blue Cha-Cha」「チャーミング・ガール」「転がれたま子」「五月の恋」「ROMISE 無極」「頑張れ!グムスン」「ダンサーの純情」「玲玲の電影日記」に入れておらず残念ですねー。。。(注:勘違いがあるかもしれません)

上記にはちょっとミーハーぽいのも含まれていますが、「深海 Blue Cha-Cha」は台湾ニューウェーブの、「チャーミング・ガール」はベルリン映画祭などでも評価された、各々水準が高い作品なので、誰か入れると思っていたんだけれどもね。。。

映画 * comments(0) * trackbacks(0)
「まぶしい一日」 青森上映会
2007.02.06 Tuesday 02:17
日韓交流を描いた、瑞々しくも問題意識も併せ持った佳作「まぶしい一日」の上映情報です。
ただいまオンエア中の明治製菓のバレンタインCMに出ている杉野希妃さんが第一話「宝島」(わたしが好きな一篇です)に出ています。

日時・場所  2/24(土)に青森県立美術館  
「韓国映画の真髄 〜映画上映会・講演会〜」
より
   かなり勉強にもなるイベント内容になっていますね。


「まぶしい一日」公式サイト

情報元:シネマコリアのメールマガジン『シネマコリア News』より
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(1)
杉野希妃さん ちょこっとニュース(エリカさんファンも役立つかも)
2007.01.05 Friday 23:15
シネマコリアさんのメールマガジン・ニュースより文章をそのまま引用しないかたちで、映画「まぶしい一日」の第一話「宝島」に出演した杉野希妃(ソ・ヨンファ)さん関係箇所のみ、簡易にお伝えします。

◆明治製菓のCMに出演
  12/9よりオン・エアの立ち上がれ、ジョシ!!クリスマス編(動画があるサイト
 主演:沢尻エリカ(「パッチギ!」「手紙」「間宮兄弟」「タイヨウのうた(ドラマ)」など大活躍)
 助演:杉野希妃・・・ミニスカ(^^)
    三村恭代(「リンダ リンダ リンダ」「チルソクの夏」[この作品には「野ブタ。をプロデュース」の上野樹里さん出てます])
 いずれもスターダスト・プロモーション所属
「まぶしい一日」東京上映会の追加上映決定
◆(ちょい役?)出演のキム・ギドク監督作品日本公開決定
  「絶対の愛」(3月より公開)(原題は「時間」

なお、わたしは杉野希妃(ソ・ヨンファ)さんを2006年日本インターネット映画大賞外国映画・新人賞に投票しています。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(1) * trackbacks(2)
日本インターネット映画大賞 2006年投票(外国映画)
2007.01.04 Thursday 02:48
案内が来たので投票してみます。


『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ククーシュカ ラップランドの妖精」   2点
  「ブコウスキー オールドパンク」     2点
  「マクダル パイナップルパン王子」   2点
  「まぶしい一日     」       2点
  「深海 Blue Cha-Cha  」        6点
  「西瓜        」        5点
  「チャーミング・ガール」        3点
  「弓         」        4点
  「麦の穂を揺らす風  」        2点
  「王の男       」         2点
【コメント】
   多くの秀作を入れられなかった。この投票でよいのだろうか。。。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ チェン・ウェンタン(鄭文堂)] (「 深海 Blue Cha-Cha」)
【コメント】
  ココロ系で未来志向。デティールやエンディングも含め。感服。

【主演男優賞】
   [ 李康生(リー・カンション)] (「 西瓜  」)
【コメント】
  真の映画俳優。

【主演女優賞】
   [ ハン・ヨルム          ] (「弓 」)
【コメント】
   無二の存在の輝き。
   次点:蘇慧倫(ターシー・スー)(「深海 Blue Cha-Cha」)
      キム・ジス(「チャーミング・ガール」)

【助演男優賞】
   [ ピョン・ヒボン   ] (「グエムル 漢江の怪物」)
【コメント】


【助演女優賞】
   [ コ・アソン     ] (「グエムル 漢江の怪物」)
【コメント】


【新人賞】
   [ ソ・ヨンファ[杉野希妃]] (「まぶしい一日」)
【コメント】
   期待を込めて。
   劉亦菲(リウ・イーフェイ)(「五月の恋」)
   イ・ジュンギ(「王の男」)らはアジア映画のスターダムを驀進するでしょう。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

映画 * comments(2) * trackbacks(2)
2006年度下半期エンタメの個人的ベスト
2007.01.04 Thursday 01:50
2006年7月1日より12月31日までに行った、映画、LIVE、演劇のベストです。映画は10本に絞りきれず18本。LIVEと演劇は行った数が少ない等で、3本と2本しか選べませんでした。尚、順不同です。極めて主観的です。(鑑賞時、体調不良についても失礼ながら省きました)

映画
 まぶしい一日
 愛してる、マルスンさん
 グエムル 漢江の怪物
 五月の恋
 出草之歌 台湾原住民の吶喊 背山一戦
 深海 Blue Cha-Cha
 フラガール
 紙屋悦子の青春
 ジャスミンの花開く
 夜のピクニック
 西瓜
 迷子
 ユア・マイ・サンシャイン
 チャーミング・ガール
 トンマッコルへようこそ
 
 麦の穂を揺らす風
 長い散歩

LIVE
 akiko
 ZABADAK
 スティーヴ・ハケット

演劇
 「 イキル I KILL 」 少年王者舘
 「ナイス・エイジ」 NYLON100℃

映画の割合が多く、バランスが悪いです。。。

2006年度上半期エンタメの個人的ベスト
エンタ * comments(0) * trackbacks(0)
「まぶしい一日」 上映情報
2006.12.08 Friday 22:26
来春に、「まぶしい一日」の上映の機会があります。

朝日映画劇場 1/14(日)東京(新橋)詳しくは⇒こちら


両国映画劇場 1/20(土)大阪 問合せ先⇒両国青少年会館      

情報元:シネマコリアNews(バックナンバー公開)
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
大阪アジアン映画祭
2006.10.14 Saturday 21:28
先に さっぽろ映画祭にも上映されると書いた けれど、大阪アジアン映画祭でも「まぶしい一日」が上映されますね。
この映画祭ってチャ・テヒョンが来るのでヒトは集まりそう。釜山国際映画祭のキム・ドンホ執行員長も来るんですね。
映画 * comments(0) * trackbacks(0)
2006 さっぽろ映画祭
2006.10.14 Saturday 08:28
第19回さっぽろ映画祭(2006年11月9日〜12日)で「まぶしい一日」が上映されますね。
セシリア・チャン「忘れえぬ想い」(香港)も上映です。
「カナリア」のヒロイン谷村美月の出演作「海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ」もありますね。エヴァ庵野秀明監督の「トップをねらえ!」の劇場版も。
遠いので行けませんが。。

映画祭といえば、東京国際映画祭がもうすぐだし、とフィルメックスもあるなあ・・・。
映画 * comments(0) * trackbacks(0)
「ゆれる」と杉野希妃(ソ・ヨンファ)さん
2006.09.02 Saturday 22:21
ここのブログに来られる方々には西川美和監督の「ゆれる」を鑑賞された方も多いようですが、 「まぶしい一日」(宝島)の杉野希妃(ソ・ヨンファ)さんもいつか西川監督の作品に出てみたいとインタビューで仰っている ようです。
で、気がついていない方もおられると思いますので、ここに書いておきますね。

ちなみに岩井俊二監督もお好きだそうです。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(2) * trackbacks(1)
「まぶしい一日」 韓国など関連サイト
2006.08.27 Sunday 21:55
公式サイト

Freechal(ソ・ヨンファ[杉野希妃]取材ニュース動画あり)

Movist.com Daum Cine21 CineSeoul YahooKr HanCinema Indiestory FILM2.0 KoreaFilm

参考 韓国語WEB翻訳: Yahoo Excite
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
杉野希妃さん サイン入ポラ のプレゼント あるよ。
2006.08.25 Friday 23:18
シネトレで、 「まぶしい一日」の宝島に出演した杉野希妃(ソ・ヨンファ)さんのサイン入りポラロイド写真のプレゼントのお知らせが載ってますよ ⇒ こちら

・追加リンク:ハリウッドチャンネル(杉野希妃インタビュー)
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(1) * trackbacks(0)
シネマコリア2006レポート
2006.08.22 Tuesday 22:14
わたしも名古屋の2日目について書きましたが(これこれ)、東京で行われたシネマコリアでのゲスト参加イベントがCINEMA TOPICS ONLINEにアップされていますのでリンクします。。

シネマコリア2006セミナー

「愛してる、マルスンさん」のパク・フンスク監督

「まぶしい一日」ティーチ・イン

などなど。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
延世大学 韓国語学堂
2006.08.20 Sunday 10:31
「まぶしい一日」に出演されたソ・ヨンファ(日本での芸名:杉野希妃)さんは、プロフィールを読むと慶応大在学中の学生で、延世大学の韓国語学堂に留学中にオーディションに合格したとの事。

延世大学・韓国語学堂は日本から多く留学されているようですので紹介サイトをリンクします。詳しいですよ♪

ちなみに、杉野希妃さんは、ほしのあきさんと共通項があります。(***ino (*)*ki)

つまりアントニオさん繫がりで検索されると良いかと思います。大嘘。ひっかけ問題でした。
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
「愛してる、マルスンさん」 「ケンカの技術」 シネマコリア2006名古屋2日目後編
2006.08.09 Wednesday 00:39
前編に引き続きシネマコリア2日目後編を書きます。


「愛してる、マルスンさん」(他の紹介サイト:



この映画は松本隆さんもお好きだと以前書かれていた「初恋のアルバム〜人魚姫のいた島」のパク・フンシク監督作品で「オアシス」などで演技力が高く評価されているムン・ソリも出ているという注目作です。

これは、もう観なきゃだめっていうくらいの好みの作品です。
先に1個だけ欠点を書いておきます(■従って以下、ネタバレはあります■■)。
当時の時代背景からこういう描写も仕方ないのじゃないかと言ってしまっては身も蓋もない、で敢えて言うと、「特定の疾患の方の設定=変態さんになっちゃう」にしちゃったこと・・・これは流石にまずかったのではないかと、うん、そう思う。

これ、あんまりネタバレで書きたくないなあ。。単に物語だけ書いても伝わらせる能力はわたしにはありません。
例えば、米研ぎ伝授の場面・・・「八月のクリスマス」のビデオ操作の場面を思い起こさずにはいられない。
最後に皆が行ってしまったと悲しい少年の幸福な幻想場面は、消しゴムとはちょっと違うけれど、「もし適うのであれば」のファンタジーだよねー。
(実ではない)お姉さん役のユン・ジンソのさわやかな色っぽさもいいですね^^
実質上の主人公少年はイ・ジェウン@大統領の理髪師。この少年を見ると韓国も日本も思春期の子供だなーって思えるでしょう。
チョロ役で今回シネマコリア上演作「まぶしい一日(母をたずねて三千里)」のキム・ドンヨンも出てます。
ムン・ソリは文句なしです。


「ケンカの技術」
実は朝鮮日報の評をたまたま読んでしまっていたので。この評ほどではないけれど、感想としてやっぱり微妙でした。
反面教師的にケンカというものを非難している事になるのか、犯罪者でも人間として魅力があるといいたいのか、勇気を出す成長ということか、父親をどう思っているのか、ちょっと中途半端に感じた。が、ペク・ユンシクやジェヒといった主役に存在感があったのも事実。
ただし個人的にはチェ・ヨジンが出ていてくれて画面的に多少ほっとした。


映画(韓国)(1) * comments(0) * trackbacks(4)
「まぶしい一日」 「けつわり」 シネマコリア2006名古屋2日目
2006.08.07 Monday 01:04
シネマコリアに行ってきました。
初日は出勤日だから行けず、2日目のみの鑑賞。

1番目のプログラムは「まぶしい一日」と「けつわり」の2本立て。

「まぶしい一日」は、とても素晴らしい映画でした。とっても収穫でした。




韓国語版と英語版のポスター
 

↑もそうですが、携帯画像転送の調子が悪く、サイズを切ってしまわないとだめで、ちょっと失敗。

細かい感想は後で書きますが、3つのエピソード「宝島」「母をたずねて三千里」「空港男女」から成り、前2題は有名な小説から題(とインスピレーション?)だけ採っていて別の話です。

「宝島」の主演女優でもある杉野希妃さんがゲストで来られていて、主宰の代表のソチョン@西村さんとのティーチ・インがあり、上映後もサインや撮影に応じていました。

まだあまり芸能人ぽくなくて、でもとても可愛らしいです。映画の題材にもあるのですが、在日の方で韓国でもソ・ヨンファとして活動されるようです。

マネージャーさんもまだいらっしゃらないのか、その辺を自然にうろうろされていて、逆ににハラハラしました。次のプログラム「愛してる、マルスンさん」もご覧になり、感動されたのかちょっと泣いていました。


ティーチ・イン


杉野さんを激写(^^)



ハングルでのサイン


さて感想です。
■■ネタばれあり(思いっきり)■■

1.「宝島」
若い女性二人(エイコミエ)が韓国の済州島に旅行に行くのですがちょっと様子が変。口を聞かないし。最初なんだろうと思っていたら、どうも気まずい状態らしい。
実は一人の女性ミエは、祖父の遺言で済州島に埋めたという宝を探しに行くが、ただ遺言だから来たので好きで来ている訳でもない。
もう一人エイコ(これが杉野さん)は、それに同行して付いて来ているのだが・・・。
空港の銀行が閉まってしまい両替できず現地でも怪しいインチキ両替師の詐欺に引っ掛かってしまう。

タクシーに乗るも両替がインチキで金不足で途中で降ろされてしまう。
機嫌の悪い宝探しの方ミエに対し、エイコ(杉野さん)のコはスーツケースを持って先に行ってちょこんと座って待っていたりと、おそらく機嫌を取っている風だが、もう一人ミエの機嫌は直らない。

(お互いに空港で離れてしまった時間があり、そのせいで気まずいらしいのだね。両替できなかったりも・・・。)

そして途中で落ちているバイクスクーターを見つけ、壊れているのかと思ったら、動いてしまう。
それに乗って目的地に向かう二人。

そして次の災難。
現地の若者達に、バイクスクーターを盗んだんだろうと脅され、襲われそうになる二人。

その時、エイコ(杉野さん)は韓国語でまくし立て、彼らを追っ払ってしまう。
その後、在日だったと打ち明ける・・・。が、そんな秘密があった事にか、それを黙っていて余計なトラブルが多かった事に対してか、気難しい宝探し子ミエはぶち切れて一人で探しに行ってしまう。
  (注:国籍が違うと本国人と外国人は空港の出入国(通路や審査)は別になる)

宝は確かに埋まっていた。それは祖父が現地の朝鮮女性と結婚していた思い出が埋められていたのだ。そこで結婚し結局戻らなかった祖父。裏切られた祖母。そんなことを見せ付けられ愕然とする難しっ子ミエ

エイコ(杉野さん)の方にもある奇蹟が訪れていた。バイクスクーターの本当の持ち主が現れたのだ。中略しますが、その彼は拾ったお礼に、彼女に歌を聴かせる。友達に行かれて悲しかった彼女にはとても慰めになった。

そして難子ミエも戻ってきて宝が見つかったとしてまた一緒に帰る。
そして絆が深まった印が示される。。。

いいっすねえ。

ティーチ・インでバイクスクーターが日本人のもの韓国人のものっていうのが竹島=独島の暗喩なんじゃ、という解釈が披露されたが、そのことについて監督でもない役者の杉野さんが聞かれちょっと困っている風であった。変な政治問題に巻き込ませ、未来を壊さないようにして欲しいねー(後日注:コメントもご参照ください)

さて、わたしが寧ろ暗喩として感じたことがある。
一つは壊れたバイクスクーターの直り方。普通にエンジンをかけて動かない。のに、「スタート・ボタンを強く押せば動く」、と言ってやったらホントに動いた事。普通そんなんで動くだろうか。この動き方こそが、例えば過去の歴史とか、あるいはこの物語のように気まずくなった友情とかを再発進させるトンチ。ボタンの掛けなおしは、トンチでもいいからひねれ! それが未来さっていうメッセージ。

そして宝物そのもの。宝物は当然祖父の秘密だっただけでなく過去の歴史も暗喩しているのだろう。それを埋めなおす事。つまりあることは変えられない。ただあったとしても前に進む事はできる。
その象徴としてロケットペンダント(写真いれペンダント)が出てくる。
旅立つ前、ペンダントには若い祖父と片側は空っぽ。埋まっていた宝から若い祖母の写真。いったん難子ミエはそれを入れてみるが、結局ペンダントのみ持ち帰り、祖父の写真をペンダントから外し宝と一緒に埋めた。
そして岐路のペンダントには、難子ミエエイコ(杉野さん)が一緒に収まっている。
なんという。。。壊れたものが修復されただけでなくより固い絆に。
これもトンチ。

そういえばバイクの持ち主はなんとコスプレで歌っていた。それがエイコ(杉野さん)のどれだけ励ましになったか。道化は素晴らしい。
この映画は、まともに観ると日韓を真面目に考えるだろうし、特に秘密に目が行きがちではなかろうか。
でもエイコ(杉野さん)の立場になってみよう。ずっと機嫌が悪い子(ミエ)と自責の念に駆られながら、それでも笑顔で付いて来た。どれだけ心細かったか。その凍りそうになったココロがコスプレギター青年で救われている様子。泣けちゃうっすね。ここは道化だからこそいいシーンだしね。

折りしも近くの広場でコスプレショーをやっていて、コスプレがうろうろしていた。
コスプレ



救われた表情を好演していた杉野希妃さんには、これからもご活躍して欲しい。
チョン・ドヨンが好きだそうです。先物買いの方はご注目を!!

追加記述:杉野さんご自身は在日だと周囲にも告げて普通に過ごし差別も受けてこられなかったとのことですので、監督に今時在日問題なんて古いと意見を伝えたそうです。これにはある意味賛成ですが、やはり差別がある問題として忘れてはならないと思っています。朝鮮半島は分断国家ですから在日といっても色んな方がおられるのですが、何か朝鮮半島がらみで問題が起こった時にチマチョゴリ姿の女子学生が暴行されたりとか、匿名掲示板に蔑視発言は絶えないとか、現に相当差別を受けたことがあるという方が会社の同僚だった事もあります。この映画はそういう事も決して忘れてはならない、だけれどそれよりもっと前に前に未来へという強い意志が感じられるので好きなんです。より良い未来を目指すためには、やっぱり若いヒトが古いと思ってる事でも敢えて取り上げるのは決して悪い事ではないと信じています。特に昨今の色んな風潮を思うと尚更です)。

この映画や杉野さんらのインタビューなどが載っているサイトをリンクします(1,2)。


2.「母をたずねて三千里」
これはもうタイトルに集約されていると思う。キム・ドンヨンの不良の表情がいい。
ただし正直、境遇の事はあったとしても、こんだけ不良さんが騙しているシーンとかがでてきたりと、だいぶ受け付けなくなってるのです、わし。
ここで、悪さをするのは母を追って日本への旅費を得るためなんだけれど、実は小僧のそんな悪さの行く末や結末というより、画面には全くでてきていない、どんな風に日本で生活しているか分からない「母」はそれでも息子を心配してるんじゃないかとか、そんなことを思ってしまうのであった。

3.「空港男女」
空港の書店に勤務するちょっとドジな若い韓国女性店員と、短期の取材に来たであろう日本人男子旅行雑誌契約記者(韓国語できない)のお話。
彼らが知り合うのは偶然でしかもハプニングで互いに迷惑な出来事だったが、言葉も意味としては理解し合わなくてもなぜか不思議な深夜を過ごす事に。
これも言葉が通じ合う合わないということより、ぼんやり店員が、ちょっと情けなさそうである日本男子の様子(彼の個性)が寧ろ安心であったり気になったりでお互いに過ごしたんだろう。本人が意識しているという以前の潜在意識でも糸繫がり??
韓国人と日本人ということで描いているけれど、根源的なヒトが繋がったり惹かれあう事の不思議を語っているんだろうね。
情けない男子は密かな流行の気配ですね。このエピソードだけでなく、日本「花よりもなほ」とか香港の「ディバージェンス」とか。
理解しあっていない言葉というシチュエーション・コメディはロシア映画の「ククーシュカ」も良かったですね・・。

★他に観た作品は後日改めます。 ⇒書きました。


「けつわり」
かつての日本の炭鉱で働いていた朝鮮の人と日本の子供の触れ合い。
お面が出てきた箇所がつげ義春っぽかったねー(^^)
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(7) * trackbacks(2)
シネマコリア2006確定
2006.06.26 Monday 21:25
シネマコリア2006の日程と上映作品が確定しました。

上映作品は、
「拍手する時に去れ」
「ミスター主婦クイズ王」
「愛してる、マルスンさん」
「ケンカの技術」
「もし、あなたなら2 五つの視線」(「もし、あなた なら〜6つの視線」の続企画)
「まぶしい一日」
「けつわり」

詳細は公式サイトをご覧ください。
映画(韓国)(1) * comments(0) * trackbacks(0)
シネマコリア2006
2006.06.05 Monday 01:07
シネマコリア2006の概要が発表されています。
2006年8月5日から、日にちは飛び飛びですが、9月18日まで各地1〜2日の日程で、名古屋・大阪・東京・福岡・札幌・愛別町(北海道)で催されます。

現時点で決まっている上映作品は、「まぶしい一日」でシネマコリアから配給され公開もされます。まだ発表されていない他の作品の中には、今後、日本盤のビデオ化やロードショーにならない可能性が従来と同様であれば高いものもあると思われますので、貴重な上映機会になります。

また他の韓国映画上映のイベントでは、ショートショートフィルムフェスティバルアジア2006(6/7〜6/10、原宿アストロホール)が注目されます。韓国のみならず、世界中の短編映画が上映されますが、韓国の俳優ユ・ジテ(最近では「美しき野獣」でクォン・サンウと対比されるクールな刑事役など、韓国でも演技派として通っている)が監督として来日・ゲスト参加します。

こうした情報を得るには、シネマコリアのメルマガに登録するのが良いかと思います。
映画(韓国)(1) * comments(0) * trackbacks(2)