05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 国境の島 反発の高波 (沖縄タイムズ)   〜 ♪ メドレー - 征服、悪魔、責任、変われ、新しい世界へ - * TOP * KARA アルバム デイリー2位発進 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
レイチェルの結婚 DVD
2010.09.26 Sunday 22:05
薬物中毒の脱出治療中の妹が姉の結婚式に出る。

過去の事件もあって、家族の中では自他ともに厄介者との認識と、家族の繋がりの中で複雑な状況で、その結果おめでたい結婚の場が、めちゃめちゃになるかというと、緊張が高いのは、式の前夜や式の前祝の食事会の席とかで、式そのものは決してぶち壊しにはならない。
ドラマ性を前面に出した作りという事でもないので(演技はみな素晴らしいが)、観る人によっては好まないだろうが、新郎をミュージシャンとし、その仲間も演奏するという音楽が なかなか好みだったので、ダラダラシーンもわたしにはまあ寧ろ楽しめた。

式の前後で何かが大きく変わったとは語られない。この後、結局・・・ということもありえるだろうが、寧ろそれの方が現実だろう。描かなかった事で描く事と違う印象になる。その切り口もこの作品では重要なんだろう。
この映画に関しては、変化とか成長と云う描き方ではなく、あくまで時の断片の状況という事だろう。決して再生が完結したという事でもなくそれは希望として描かれる。
だからココロ系であるがゆえの説教臭さというのを薄められ、それが逆にリアルかもしれないし、簡単に変わらないけれど変ろうとするという事の境界線、変わるのが困難な人間や経験に囚われ不安が消せない(というかここでは治療中だからそのことも含める訳だが)人間もいるのだと示しながらも(KYというのは違う)、うまく最後はフェードアウトした感じです。

・・・不幸の共有のはずのパパの味もいいですね(皿洗い機皿詰め競争は巧いシーンでしたね)。

公式サイト

レイチェルの結婚@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画
映画(米国) * comments(0) * trackbacks(2)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
レイチェルの結婚 * 2010/09/26 10:46 PM
 『家族の運命を変えたあの出来事。 人生最良の日に明かされた秘密とは─』  コチラの「レイチェルの結婚」は、主演のアン・ハサウェイが第81回アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた4/18公開のヒューマン・ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪うん
☆彡映画鑑賞日記☆彡

mini review 09426「レイチェルの結婚」★★★★★★★☆☆☆ * 2010/09/27 3:49 AM
『クライシス・オブ・アメリカ』などのジョナサン・デミ監督が手掛けた珠玉の人間ドラマ。ある一家の結婚式を中心に、優等生の姉と問題児の妹の抱える問題や、彼女たちを取り巻く人々の微妙な関係を包み隠さず映しだす。気性の激しい妹を演じるのは、『プラダを着た悪魔
サーカスな日々