01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 悪人 * TOP * 那覇地検 アブラカダブラ 船長 LUPIN >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
2010年9月24日 日本の法治は崩壊した
2010.09.25 Saturday 01:42
2010年9月24日は、日本国の法治が崩壊した事が歴史的に刻まれる日となった。
歴史に残る日、それがもはや昨日になってしまった。

わたしは通常はリベラルな考えの持ち主だが、本件に関しては、大嫌いな超右翼的な政治家の発言さえ、ある部分全うに聞こえてしまう。これは、やはり大きな問題と言わざるを得ないだろう。

学校でのいじめもまた盛んになるかもしれない。いじめを叱られたバカガキが、処分保留と違うの?とか言って。。。

政治的判断の釈放はあると思っていた。しかし、それはほとんど真実を明るみにし、かつ罪に問われるとの見立てに近いことをした後だと思っていた。そうでない場合でも、とにかく早すぎる。
騒ぎが広がらないようにとの考えは、例えば建前上の友好や経済発展のために必要な事もあろう。しかし今回は明らかに、不当かつ横暴な圧力、嫌がらせに近い騒ぎである。

なんで船長の処分保留の釈放だったのか、そして事実は何だったのかを明確に説明しなければならない。
よって、以前書いたように、
中国産健康食品 取扱制限と一時的不買を求める! は継続します。

説明を求める要望の宛先は
那覇地検:(098-835-9200)
最高検察庁(03-3592-5611) です。

各党の反応です(一部の政党について記載がないが他意はありません)。

<与党>
民主党・・・管首相(訪米中)は現時点でコメントしていない
       
仙石官房長官「検察の判断を了とする」 ⇒説明不十分
       
岡田幹事長「検察の判断を尊重」 ⇒これだけ検察批判がされている時期に取るべき文言とは思えず、民意から乖離している。
       小沢元幹事長は現時点でコメントしていない
       前原外務大臣・・・釈放後のコメントはまだ
       
柳田法務大臣「指揮権の発動はない」
国民新党・・・那覇地検に国民の納得のいく説明責任がある ⇒その通り
<野党>
自民党・・・
谷垣総裁は政府の対応に疑問を呈した。ただ今回の決断は那覇地検の行為で、政府が関与したかはまだ不明です。
公明党・・・・
山口代表「法的主張よりも政治的解決を」 ⇒政治的に解決すればよいのだけれど、物事には順序がある。
共産党・・・
逮捕の被疑事実、釈放にいたる一連の経過について、国民に納得のいく説明を強く求める ⇒その通り
社民党・・・福島党首:報道によると(公式見解を自党HPに未公開
)「この件につきましては、那覇地検の判断を尊重するしかないと思っています。関係諸国ときちんと協議をしたうえで、再発防止の必要があると思います」 ⇒言葉が綺麗で、じゃあどうするかが見えてこない。支持率が下がる理由をもう1回考えないと、良い政策を持っていても支持は広がらない、ということがまだ分かっていないのだろうか?
みんなの党・・・渡辺代表:(報道によると)「「
ここまで明白な外交的敗北で解決するっていうのは、もう開いた口がふさがらない。」 ⇒言い過ぎだが正にその通り。


中国産健康食品 取扱制限と一時的不買を求める!
 
JUGEMテーマ:事件・事故
 
平和 * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック