07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< エヴァンゲリオン新劇場版 * TOP * 深海 Blue Cha-Cha >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
未来志向の台中or中台関係を希望している映画 「五月の恋」 ネタバレ
2006.09.10 Sunday 01:33
細かく物語を追う書き方はしないが、ネタバレしないと感想を書けない。
この投稿を深読みする必要はない。つまり、そんなには政治的な映画ということではないからこそという作品であると思う。

珠玉の作品「藍色夏恋」に出ていた陳柏霖(チェン・ボーリン)が台湾の人気バンドのサイト管理人の役だ。こいつが情けない。バンドメンバーの兄への劣等感から怠惰でいい加減な日々を送っているんだけれど、映画の中盤まで、彼の演技自体のパターンも含めてホントにいらいらしてくる。
サイトでメール交換しているファンに、自分は「阿信」だとタイプして送信してしまう。ここで阿信って誰と思う多くの日本人はぴんとこないかもしれない。日本向きに意訳すれば、ミスチルの桜井だ、と名乗ったようなもんである。ここで現実性は薄れてしまうのであるが、観客たるワタシはじゃあ、どうなるの?と見守らざるを得ない。
ところで、ここででてくるバンドは五月天(メイデイ)。中華な音楽を好きな(特に女性の)方には既にお馴染みの人気バンド。アコースティック感のあるロックバンドです。実際に映画中で五月天のメンバー役でメンバーが出演し、ライブ映像を含め、映画の音楽も担当している(サントラ 日本盤 台湾盤)。

ここで特に惹かれ、おやっ、いい演技してるね、と思ったのは五月天の石頭(シートウ/ギター)。困った弟にとっては劣等感の対象であるんだが、ちゃんと心配してる兄を好演してる。いい味出してます。彼の存在で、あり得ない設定も、説得力が出ていると思われ。

一応、恋愛モノ(?)なんで、女の子が登場します。話が進むにつれ分かっていくんですが(つまり最初はサイト管理者クンも分かっていない)、面倒なんで最初に書いておくと、中国の東北地方のハルピンで京劇学校で学ぶ女学生です。
(余談ですが、京劇はわたしも何度か観た事がありますが、アクロバティックな部分があり、古典的な娯楽ぽいのも、最近では現代劇と融合したものもあったりで楽しいです。)
この女性を演じるのは劉亦菲(リウ・イーフェイ)。リンクをクリックしてもらえれば分かりますが、日本で歌手デビューしてます。この映画では、家族に関わる事の探索と、変な台湾っこ台湾ガイとの出会い、京劇の場面などを演じており、涼しくて爽やかな表情と信念のある行動的な表情を見せながら、ストレートの長い髪、純真そうな瞳、北方系の若い中国人でらしいスラっとした170cmの長身と長い脚で、とても注目される俳優さんです。

前半の出会い編(女の子が公演のため中国から学生京劇団員として台湾に訪問が決定ということで)、実はチェン・ボーリンがストーカーぽかったり、よそよそしいのか仲が良くなっていくのかという微妙なタッチ、敢えて擬音にすると、ブチッブチッという感じです。このあたりの、ぎこちない感じは、映画話法的にもワザとであるのか稚拙であるのかは微妙ではあるものの、必要以上の説明をしない手法という点でそれが逆にこんなんで終わっちゃまずいでしょな消化不良的興味を後半に引っ張らせているように思えた(逆に気が短い観客であれば、ここで苦労するかも)。
前半の見所は、実は五月天に会ったりとかより、なんといっても台湾の山間の三義での廃線の鉄橋をおっかなびっくり歩く場面。短いけど危険ぽくて結構ドキドキします。不法侵入とかがあってこうなる。。。

後半のハルピンの場面。とても美しい北の都市として描かれています。

台湾と大陸中国と別れた家族と望郷と絆。最後は結構、いい終わり方なんです。後味はとてもよくなり、生まれ育った地域・国の問題はあっても、中華圏の若者を応援したくなるような新感覚な台中or中台映画です。


公式サイト
五月の恋@映画生活
五月天 公式サイト(台湾)

参考 日本で観る京劇  雲南省京劇院初来日公演
                新潮劇院
映画(中華)(1) * comments(0) * trackbacks(4)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
五月の恋 * 2006/09/10 8:03 AM
監督:徐小明(シュー・シャオミン) 原題:五月之恋英題:Love of Mayキ
見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!

映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。 * 2006/09/16 6:48 PM
日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。
映画 DVD 気ままなブログ

五月の恋 * 2007/09/10 4:55 PM
ネットで知り合った台湾の大学生と中国の京劇団学校の学生の淡い恋を描いたストーリー。 やる気がなくてダラダラしたいまどきの若者をチェン・ボーリンが好演しています。 相手役の中国の女優リウ・イーフェイの清潔さと凛とした美しさも印象的でした。 そしてこの作
オモヒノママニ

春の日のクマは好きですか? * 2007/09/10 4:56 PM
一風変わった言動で男の子にふられてばかりのヒョンチェ(ペ・ドゥナ)が、図書館で偶然見つけた画集に書かれた愛のメッセージ。自分にあてたものだと思い込みメッセージの送り主探しに夢中になり、彼女にずっと想いを寄せているドンハ(キム・ナムジン)の気持ちには
オモヒノママニ