09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 「グエムル」 へんてこ映画で胸をなでおろす * TOP * 安易に扱われる人権 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
グエムル考 の追加 (ネタバレ)
2006.09.04 Monday 22:51
■ネタバレ

物語を追うというより、敢えてメッセージ性について書く。
普通は気が付くけれどそうじゃない場合も多そうなので。そして完全にわたし個人の想像でもあるのだけれども。

明らかにこれは、
米国主導のイラク攻撃・・・攻撃理由は大量破壊兵器・・・実はなかったのにね。
・・・・ について皮肉っている映画ですね。

実際に漢江に毒を撒いた事件がネタモトと言っている監督ではあるが、かの時も化学兵器が問題だったわけで、化学物質から怪獣を産み出す発想はそこにもあるはずだと思う。

ウイルスが実はいないのが分かったのに、そのままにして感染防止を名目に普通の人の生活をめちゃくちゃにしているというのも、たしかにある部分の大義と言うのはあったんだろうがそもそも大量破壊兵器疑惑(実は嘘)で国家に侵攻し、そりゃ独裁体制は倒しただろうが、多くの罪のない人民が虐殺された事、それを皮肉っているんだから、嘘のウイルス感染者ということで善良な市民は映画でも迫害されなければならなかった。

最後の方のガス兵器。撒布してちょっと怪物は苦しんでいるようだが、ただ咳き込んでいるだけにも見える・・・効き目があるのかないのか分からない・・・てな、おちょくった内容になっている。ここまで書けば分かるが、このガスでさえホントか嘘か分からない、それこそ最大の皮肉じゃないか。この映画のここで突っ込む諸君、君達は傍観してたんじゃなーい、という痛烈な皮肉。

なんで、女子中学生は死んじゃうのか、死なにゃあならんのよって?? 理不尽について皮肉っているんだから、理不尽にも彼女はこの映画では死ななければいけないんだ。それが分からなければ、この映画に込められた理不尽さを呪うメッセージは伝わったことにならないだろう。
ほんとに、そんなメッセージが含まれているなら不謹慎だって・・・?

未だに分断国家で構成されている朝鮮半島。悲劇かもしれないが、ここまで来ると喜劇かもしれない。だからこの韓国の嗤い屋は思いっきり深刻な事でも嗤っているんだね。
ワラウシカナイバカダネ@トシチャン。

最初の感想

追記:リンクします。ポン・ジュノ、ミニコメント
映画(グエムル/韓国) * comments(3) * trackbacks(6)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
ポン・ジュノ監督の反米的な部分の(面白さ)についてのエピソード公開について最後にリンクしました。やっぱり確信犯ですね。
2006/09/05 1:18 AM by しぇんて@管理人

投稿本文に誤字(変換ミス)が多かったのでちと直しました。
ブログごときで、そんなにチェックしないんで誤変換(漢字を知らないのじゃなく手抜きのため)多いです。すいません。
2006/09/05 1:25 AM by しぇんて@管理人

1件、映画情報サイトからTBがありましたが違法性があると判断し消させていただきました。異議があればお申し出ください。
2006/09/05 7:02 AM by しぇんて@管理人

コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
「グエムル」 * 2006/09/07 9:40 PM
先週、韓国映画の「グエムル」をみにいきました。最初、くえむる・・・ぐえむる・・?って思ってたんですがなーんってことないグエムルって「怪物」の韓国語読みだったんですね。ま、ストーリーはいたってシンプル。ソウルの自殺の名所でもある漢江(川)に怪物が現れ、
☆☆現役女子大生☆ネットショップ開店奮闘記☆☆

グェムル 漢江の怪物 * 2007/01/18 7:22 AM
ようやく観てきました。おもしろかったです。 私は怪獣やパニック映画には全く興味が無く、『ゴジラ』や『ガメラ』なども一切見たことありません。 怪獣映画といえどもポン・ジュノ監督、普通の怪獣映画を撮るはずはない!と楽しみにしてたのですよ。やはりポン・..
韓国映画好き

グエムル:これはれっきとした社会派映画 * 2007/01/19 10:05 PM
★監督:ポン・ジュノ(2006年 韓国作品) MOVIX京都にて鑑賞(9月9日、2回目)。 初回鑑賞...
犬儒学派的牧歌

映画『グエムル 漢江の怪物』 * 2007/08/04 2:42 PM
原題:The Host 盗作疑惑もあったりして、日本公開ではすっかりすべってしまったけど、モンスターパニック映画なのにコメディ要素がとっても効いててバランスはいいね・・・ パク・カンドゥ(ソン・ガンホ)は、漢江の川辺でおじいちゃんのパク・ヒボン(ピョ
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

「グエムル -漢江の怪物-」 * 2007/09/19 10:10 AM
「グエムル -漢江の怪物-」ヤクルトホールで鑑賞 現在韓国内で興行収入1位の作品と聞いてそんなにすごい作品なのかと期待。怪物というのだから架空の話だとは思いますが漢江に現れた怪物というのだからゴジラが東京を踏み潰していく感覚なのかな?と思ったらそうでも
てんびんthe LIFE

#20.グエムル -漢江の怪物- * 2009/05/25 2:51 PM
漢江の河原で売店を営む、パク家の家長、ヒボン(ピョン・ヒボン)とその息子、カンドゥ(ソン・ガンホ)。ある日、漢江に突然変異で現れた、怪獣が姿を現し、そこら中の人を襲い、国はパニックに。カンドゥは娘のヒョンソ(コ・アソン)を連れて勇敢にも戦うが、怪獣に
レザボアCATs