07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 「たみおのしあわせ」 DVD * TOP * 「真!韓国映画祭2009」 予告編 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「デスパレート 愛されてた記憶」 DVD
2009.12.06 Sunday 23:23
デスパレートという語の意味が分かるほど英語が日本で普及(?)しているか不明だが、絶望的とか崖っぷちとかいう意味を英語にしてなんとなく迫力にしてみましたみたいな投げやりな邦題なんだけれど、いかんせん元の題が「玉観音」で観音ということは物語上の重要なことなんだけれど、はっきり言ってピンと来ない。まあそれだけ昨今観音の人気は日本では絶好調には至っていないようだ。

これは娯楽小説が原作で、
テレビドラマになるほど要素がつまっていて、なるほど連ドラでみたら続きがどうだろうという展開はあるのだけれど、映画の方は前半から中盤くらいまでそれでもかなり丁寧な気もしたが、クライマックスにかけて怒涛のとにかく決着付けて終わり、普通に見たら救いがなくても観音様だからいいんだー、みたいな(苦笑)。

麻薬女性捜査官の失敗(単にそうではなく、不運&不幸)に周囲の男性が次々にぎゃふんとなる壮絶憐憫。

いわゆる洗練された都会舞台じゃないので、雲南などの情景とか習俗を描いたりとかそんな中国ぽいのも好きな感じ。

ニコラス・ツェーは途中までいい感じの青年&悪役だけど最後は単に破滅的な悪役で救われない。てゆうかなんで出てこないんだーと途中まで思ってた。別に主役じゃないじゃん(爆)。
ヴィッキー・チャオも救われないんだけれど、そのこれでもかという救われなさを演じてるヴィッキーはとっても愛らしい。やっぱヴィッキーの演技を見れてたということで最後のドタバタの鼻白む印象もこれまでの貢献を持って良しとしてあげようっていうところ。
ヴィッキーえらい!

Amazon.co.jp: デスパレート 愛されてた記憶 (1WeekDVD)

YESASIA: デスパレート 愛されてた記憶

YESASIA: 趙薇 (ヴィッキー・チャオ) - 全カテゴリー

デスパレート 愛されてた記憶@ぴあ映画生活

UGEMテーマ:映画
 
映画(中華)(New) * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック