01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 「蛇にピアス」 DVD * TOP * 「たみおのしあわせ」 DVD >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「デュエリスト」 DVD
2009.12.06 Sunday 17:26
綺麗で漫画のようにコミカルなところと恋情と悲哀が重なっていく、決して重厚ではないのだけれど面白かったです。
一応、朝鮮王朝時代を背景にした時代劇風ですが、もちろん歴史上の設定なんて関係ない、完全なフィクションで、ヘビメタ的な音楽も含め時代は古いがそれを外すように見せています・

ものすごくお金をかけた、という風に見えなくても、光と影や絵の切り方、CGの使い方も綺麗で視覚に届けてくれるものは凝っています。
最後の刃を突き交わしながら踊っているような幻想美溢れる戦闘シーンが綺麗です。

ハ・ジウォン(「チェオクの剣」)のやんちゃな女刑事が恋と職務に翻弄される様子、上司なのに友達のような刑事のアン・ソンギ(「ラジオ・スター」、「光州5・18」、「ピアノを弾く大統領」、)訳有りで哀しい身の上で悪い側にいつつ女刑事に惹かれていく長髪(かつらだよー)の剣士<悲しい目>にカン・ドンウォン(「M(エム)」、「威風堂々な彼女」)。

キャラクターの色が分かりやすいのは、この作品では安直と云うよりいい意味で生きていたように思えます(物語の濃さ(リアルさ)はあまりありませんが)。

監督はイ・ミョンセ(「
M(エム)」。

CINEMA TOPICS ONLINE:デュエリスト − 映画作品紹介

『デュエリスト』カン・ドンウォン&ハ・ジウォン 単独インタビュー - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

デュエリスト@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(4)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
デュエリスト/カン・ドンウォン、ハ・ジウォン、アン・ソンギ * 2009/12/10 10:45 AM
ようするにぃ、「茶母 THE MOVIE」なんですね。「チェオクの剣(茶母)」と同じ原作コミックを新たな映画版としてアレンジしたのがこの作品です。・・・という会話が自然に出来ちゃう方々なら楽しめると思います。そうじゃない人には・・・どうなんでしょうね?(笑) 
カノンな日々

映画『デュエリスト』 * 2009/12/10 11:54 PM
原題:刑事/Duelist 剣の舞を舞いながらデュエットするの?なんて思っていたら、Duelistとは決闘者、運命の闘いの意味だったんですねぇ・・最後まで名前の無い男の物語・・ 「チュオクの剣」同様に、韓国人気コミック「茶母(タモ)」が原作というこの映画、
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

デュエリスト * 2009/12/11 7:51 AM
原題:刑事 Duelist (?? Duelist) 韓国でも日本でも評判が悪いですね。 そりゃそうでしょう!これは監督が自分の感性だけで好き放題に作った映画ではないでしょうか。 監督と感性がピッタシ合うorカン・ドンウォンを盲目的に好き©な方にとっては最...
しまねこのお気楽life

デュエリスト * 2009/12/14 10:57 AM
カン・ドンウォン×ハ・ジウォンの初共演で贈る、宿敵同志の切ないラブストーリー。 朝鮮王朝時代に発生した、国中を揺るがす大規模な偽金事件。 果敢な女刑事ナムスンは、偽金の出所を突き止めるべく、捜査を開始する。そんなある日、彼女は鬼の仮面をつけた男と
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ