04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 「フライ・ダディ」 DVD * TOP * アジアの歌姫 在りし日を偲ぶ編 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「モル」 DVD
2009.11.23 Monday 22:06
なんかなあ、「百万円と苦虫女」とかなあ「俺たちに明日はないッス」とかなあ、へんてこな映画作ったタナダユキちゅう監督おるねん。そんななあタナダ監督のなあ、これが初監督作ちゅうかなあ、PFFアワード獲った作品やねんて。

まあ粗削りっちゅうか自主制作っちゅうかそんなんで画像もアラアラやし演技とかも別に洗練されてへんし(おかんなんか電話の受話器取る前から笑っとんねん、なんでやっちゅうねん)、そんなんやけどなあ、なんかなあ、力でひっぱられんねん。

なんで生理で高熱出たらなあ、自殺志願者と目ぇ合ってもうて自分が白目剥いてぶったおれるかケッタイやしなあ、男運悪かったり、嫌がらせされたり踏んだりけったりなんやけどなあ、てゆうか映画で生理生理ちゅうてずっとそれって一体なんやね、、まあそれ置いといてもなあ、なんかなあ自殺したいっちゅう奴に、どんなんやったか、どんな踏んだりやったか、聞かせたろちゅうねん。最後に切れとったら間に合ったで。へっへへえ。
もう、やぶれかぶれやねん。

やぶれかぶれやとなあ、自分も無茶苦茶なんやけどなあ、化学反応が起こんねん。
ああ、モルには起こらへんかった確かに。泣いたで。
まあな、モルちゅうかモルモット、難しいっちゅうか弱いし臆病やねん。一人(一匹)だけもいややねん。人間かて同じちゃうか、どうなん?強い事あらへん。そやけどなあ、なんやらなあ、まあ、何起こるか分からんちゅうねん。
そんなんやでえ。

映画「モル」メインページ -ぴあフィルムフェスティバル-

モル@映画生活

JUGEMテーマ:映画
 
映画(日本)(3) * comments(0) * trackbacks(1)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
映画「モル」 * 2009/11/28 2:59 PM
評判の高い作品が ちらほら タナダユキ監督 が、アマチュア時代に撮った自主映画であります。 「モル」 自主映画の登竜門「ぴあフィルムフェスティバル」で、2001年グランプリ受賞作。 TSUTAYA半額レンタルにて ケチくさく鑑賞。 内容は、生理になると
おそらく見聞録