01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 「ファム・ファタール」 DVD * TOP * 健康食品企業 「エバーライフ」にも?評が・・・ >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「サイドカーに犬」 DVD
2009.11.08 Sunday 22:33
なかなかいい映画でした。
竹内結子が主演とのことのみの予備知識で本編を見たら、出だしから戸惑ったが物語を見て納得。
ざっくりとした行動と人を虜にしそうな雰囲気を併せ持った女性を演じ、愛一筋かという本線は寧ろ濃厚に描いていないので、
古田新太に惹かれているのは違和感以前に、そういうものだという風に見れる。
この映画の場合、主人公はこの女に接する事になる当時の小学生の女の子であり、幾つか出会いで成長するがその部分よりも、30になった彼女が良き想い出として残る「記憶」としての部分が大きく、少女役の
松本花奈は、子供が垣間見る大人としての正にその頃というのをきっぱりと見せてくれ、はしゃぎ過ぎない演技が性格を示していて自然感に納得。
あくまでも少女目線なのが違和感なく映し出された手際が光っている。
母がきちんとし過ぎる人でその影響かにあった女の子が、別の「大人の女」と友達のような関係になった風景が鮮やかに描き出されている。
実際、タイトルとなったサイドカーシーンは何気に少女心理とダブり楽しい。

脇に、
椎名桔平温水洋一樹木希林山本浩司などで、俳優の固め方もなかなかです。

時代背景が30歳のの約20年前で、70年代後半のの山口百恵の鼻歌とと80年代前半のRCサクセション(
清志郎作)の鼻歌が出てきて、80年代前半が回顧で2000年代が原題なのだろうから、原作の時代背景をいじっていないとしたら、「サイドカーに犬 - Wikipedia」の記事は不明確な書き方で誤解を招くので訂正が必要だ。

根岸吉太郎監督作品。今年の公開作が「
ヴィヨンの妻」だが、この映画でも文庫本の「ヴィヨンの妻」が出てきており、これは「愛人&妻」絡みもの二連発、確信犯だろうか?

公式サイト

CINEMA TOPICS ONLINE|個性を尊重しあって絆を作り上げていく、爽やかな感動作!映画『サイドカーに犬』初日舞台挨拶!!

サイドカーに犬@映画生活
 
JUGEMテーマ:映画
 
映画(日本)(3) * comments(0) * trackbacks(9)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
映画「サイドカーに犬」を観た! * 2009/11/10 6:01 AM
「サイドカーに犬」、原作者・長嶋有は1972年生まれ。小説「サイドカーに犬」でデビュー、文学界」2002年6月号に掲載され、第92回文学界新人賞を受賞し、2002年に「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞。この2編をあわせた「猛スピードで母は」(文藝春秋刊)は、
とんとん・にっき

サイドカーに犬 * 2009/11/10 6:40 AM
不動産会社に勤める薫は、ある朝、ふいに有給休暇を取り、馴染みの釣堀を訪ねます。そこで、釣り糸をたらしながら、父が会社を辞め母が家出をした小学校4年生の夏休みを思い出します。母が家を出た数日後、突然やってきたヨーコさんとの日々は、薫にとって実に画期的な
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜

サイドカーに犬 * 2009/11/10 7:11 AM
眉毛太っ!! 【Story】 不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日、有給をとって釣堀に出かける。彼女は少女にエサをつけてあげながら、20...
Memoirs_of_dai

サイドカーに犬/竹内結子、松本花奈 * 2009/11/10 10:05 AM
竹内結子さんにとっては2年ぶりになる映画出演。ワタシ的には清純なお姫さまの竹内結子さんより予告編で見せているようなはっちゃっけた威勢のいいキャラのほうが合うんじゃないかなぁと思っていたのでわりと楽しみにしていた作品です。予告編はかなりノリが良くて痛快
カノンな日々

ニワトリと犬 * 2009/11/10 10:45 AM
「サイドカーに犬」 「天然コケッコー」
Akira's VOICE

『サイドカーに犬』'07・日 * 2009/11/10 8:34 PM
あらすじ小4の夏休みのはじめ、父と喧嘩が絶えなかった母が家を出た。その数日後に薫の家に突然やって来たヨーコさんは神経質な母親とは対照的な大らかな人。煙草をスパスパ吸い、性格はサバサバ、大らかで気が強い。感想山路ふみ子映画賞 女優賞日刊スポーツ映画大賞
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

サイドカーに犬(DVD) * 2009/11/11 9:40 PM
竹内結子の女優復帰作として、注目を集める映画「サイドカーに犬」。「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督との初めてのコンビで、竹内は豪胆かつ懐の深い女性を爽やかに演じている。原作は芥川賞作家・長嶋有のデビュー作である。 『いま、会いにゆきます』など、はか
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

【DVD】サイドカーに犬 * 2009/11/11 10:15 PM
■動機 竹内結子がメインじゃないみたいだったから ■感想 竹内結子のくせにいいじゃんこれ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日、有給をとって釣堀に出かける。彼女は少女にエサをつけてあげながら、20年前
新!やさぐれ日記

『サイドカーに犬』 試写会鑑賞 * 2009/11/12 11:32 PM
不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日後のことを思い出した。ヨーコさんという女性が家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕
映画な日々。読書な日々。