08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< あんにょん由美香 * TOP * 「サヨナラCOLOR」 DVD >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
杉野希妃さん  ヤスミン監督追悼コラム執筆とウニョンPV出演
2009.09.21 Monday 07:17
杉野希妃さんの2009年9月の仕事です。 (遅れてスイマセン)

情報は
スターダストプロモーションのプロフィールより。

■コラム執筆
キネマ旬報 9月下旬号」(表紙:草剛)
追悼 ヤスミン・アハマド」内にて、「ヤスミンが完成を夢見た「ワスレナグサ」に寄せて
<映画「ワスレナグサ」の女優兼プロデューサーとして執筆>
  既に最新号ではなくなっておりますが、バックナンバーのある書店や新号との入替がまだの書店(地方なら)にはあるかもしれません。
  このコラムの中で杉野さんは「ワスレナグサ」の筋に触れていますが、不思議な事にこのヤスミン監督の経験を元にした映画は、家族の秘密に絡んだ当人にとっては異国を訪れるという部位において、杉野自身が出た作品「まぶしい一日」の「宝島」とニュアンスは異なるがそれにクロスするかのような物語のようです。「まぶしい一日」は文字通り一日の出来事ですが、「ワスレナグサ」は数日の物語。韓国とマレーシアと異なりますが。
 杉野プロデューサーが「ワスレナグサ」を完成させる事を切に願う。
 このカラムには合わせて小さな写真、杉野さんとヤスミンさん、そして主演女優の
シャリファ・アマニが並んで写った鎌倉でのスナップが載っています。

 なお、ヤスミンさんの訃報に関しては気が付くのが遅れ時期を逃したたため、当ブログでは記載しておりませんでした。
 謹んでヤスミン・アハマドさんのご冥福をお祈り致します。


 なお、杉野希妃さんについて、このキネ旬の著者紹介で次のチェン・ジェウン監督との合作が釜山映画祭のPPPに選出されたとありました チョン・ジェウン(チェン・ジェウン)氏はペドゥナ出演「子猫をお願い」の監督と同じ方ですね。
( O.D.V. (Opposite Domestic Violence) / Japan / JEONG Jae-eun )
  

■PV出演
ウニョン 「放熱ララバイ」 (「怨み屋本舗REBOOT」(木下あゆ美・主演)のエンディングテーマ)
  なかなか切ない楽曲と映像です。




関連記事
杉野希妃・初プロデュース作「忘れな草」釜山国際映画祭関連で受賞 | しぇんて的風来坊ブログ

ヤスミン・アフマド監督が亡くなる[マレーシア世界の窓]

Pete Teo Official information in Japanese ヤスミン・アーマッド Yasmin Ahmad監督が逝去されました。

韓国の友達と感性を分かち合う楽しい世界!− GoKorea 「ポン・ジュノ・ホ・ジノ・イ・ミョンセ 新作など ‘ppp 2009’ 公式プロジェクト確定! 」

追記 ご本尊のところが後ですいません。(誰かファンサイト作ってね・・・言い訳)
キネマ旬報|杉野希妃 ききまぐれ

Yasmin Ahmad|杉野希妃 ききまぐれ

PPP|杉野希妃 ききまぐれ

JUGEMテーマ:日本映画の女優
 
映画(まぶしい一日/韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック