04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< GreeeeN  歩み  カラオケ  杉野希妃 * TOP * 「シークレット・ルーム〜榮華館の艶女たち〜」 Gyao >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」 DVD
2009.03.01 Sunday 13:23
この映画はフランス映画でありホウ・シャオシェンの映画でもあり、両方のイメージを裏切る事のない余韻のある映画です。
台湾の
侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督は珈琲時光で東京を撮った事がありますが、こちらは芸術の都、パリです。
映画自体は1956年のアルベルト・ルコント監督「
赤い風船」のオマージュ映画となっています。
ルコント作は孤独な少年があたかも意志があるかのような赤い風船との触れ合いを中心に描いたものですが、このオマージュ作は当時より街並みの色彩も豊かな印象で赤い風船のみが目立ちにくいという事及び少年と赤い風船の関係はそんなには強くはなっていないようです。
ただテーマというか似通う点としては、孤独と触れ合いということでしょう。
ここでは声高に孤独とは叫ばれていない、つまり孤立までには至っていない。その主役は少年の母である人形劇師であるが、少年自体、そして新たに雇われた少年の子守の映画を学ぶ留学生。叫んでいそうになったり、慣れっこになっていたり、まったく表していないようであったり。
その日常の中に現代が浮かび上がるというホウ・シャオシェンならではの描き方でパリが描かれ、気に入ったのは、同好の交流の面でのプラスアルファの世界です。

留学生のソンについて台湾人か中国人が映画中で北京での勉強以外触れていなかったので、公式サイトや映画紹介サイトには記述がありますが断定しない事にします(鑑賞中は中国人かなあと思って見ていましたが)。

公式サイト

ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン@映画生活

Sony Music Online Japan: 浅田 美代子「赤い風船」


JUGEMテーマ:映画
 
映画(フランス) * comments(0) * trackbacks(4)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
Le Voyage du Ballon Rouge 『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』 * 2009/03/07 10:37 PM
あの赤い風船はずっと旅をし続ける。 何てことはないささやかな日常を物語りながら、普遍的なテーマが心に沁み入り、その芸術性が眩く輝いて。 パリの映画学校に通う留学生のソンは、人形劇の仕事をするスザンヌに雇われて、7歳の息子シモンのベビーシッターをつと
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY

ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン * 2009/03/08 1:25 PM
ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン [DVD] ¥3,901 Amazon.co.jp 人形劇作家であり、人形劇師でもあるスザンヌは、7歳の息子、サイモンと二人でパリのアパートで生活しています。シングルマザーのスザンヌは、新作劇の準備に追われる忙しい日々を過
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜

『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』侯孝賢 * 2009/06/07 10:36 AM
Le Voyage du Ballon Rouge 昨日観てその素晴らしさにため息をついたアルベール・ラモリス『赤い風船』へオマージュを捧げた台湾のホウ・シャオシェン監督作品。 一体どんな映画になるのかと少々おっかなびっくりではあったがさすがにホウ・シャオシェンの作った映画
藍空放浪記

ホウ・シャオシェンのレッドバルーン ▲131 * 2009/09/22 8:40 PM
'07年、フランス原題:Le Voyage du Ballon Rouge監督:ホウ・シャオシェン脚本:ホウ・シャオシェン、フランソワ・マルゴランジュリエット・ビノシュ  スザンヌシモン・イテアニュ  シモンイポリット・ジラルド  マルクソン・ファン  ソンルイーズ・マルゴラン 
レザボアCATs