02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< 情報 名古屋演劇教室ワークショップ * TOP * PCRの誕生―バイオテクノロジーのエスノグラフィー >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
ガラスの靴 DVD
2008.08.27 Wednesday 23:59
韓国のドラマによくある出生(幼少)の秘密ネタ、オーナー企業家族の富と貧しい家庭の貧富差、恋愛三角関係なんかを組み合わせたお話。
途中、同じようなネタをしつこく繰り返して実際芸がない部分があるが。お約束の展開が幾つもあるです。
一話の子役のところが、かなり掴まされる。子役の使い方と演技がいい。

見ていて嫌になるくらい、人間の性格や言動での駄目なところが出てきて、あ、人間だ、ダメが見せ付けられる、そんな部分が大袈裟に描かれている。

主人公のイ・ソヌをいい性格と見るか偽善と見るかで感想も違うだろうが、実際いい子なんだけれど、だから逆に罪みたいなところが出ている。綺麗に見せている部分が、そんな綺麗かということで。説得されてしまうのは不憫さの魅力がよく描かれキャスティングがぴたっときてるから。

悪魔的なスンヒは、極端に悪魔的でどうしようもないんだけれど、実際、この悪魔は運命を呪い他人のせいに転嫁してしまって、だめじゃん、それにしつこいよ、と思っても、こういう感情というのはホントで、罪人というのは消えるわけがない事も知らされる。配役的には主役じゃないのだけれど、やってることは一番凄いかも。

一部ヤクザを美化しているのに見えるのは如何なものかと思われだが、まあテレビドラマだから、だなあと。

格差社会を認識する場合、このような韓国ドラマは、極端に描かれている分、明瞭くっきりで、中流の嘘というのも認識できる効果もある。

最終話のエピローグ部分が綺麗過ぎかな・・・?

イ・ソヌ役のキム・ヒョンジュとスンヒ役のキム・ミンソンはチェックしておきたくなる女優ですね。チョルン役のソ・ジソブは、この後のミサでの演技にコミカルを混ぜたようなキャラでした。
小さいクッパ店の連れ合い夫婦もどきの庶民さ、もとい下品さが非常にいいです。最後にどうなったんだろう・・・?

KNTV ガラスの靴

韓国ドラマ「ガラスの靴」|So-net


JUGEMテーマ:韓国ドラマ


ドラマ(韓国) * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック