05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< あいち国際女性映画祭2008 * TOP * ブレス >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「ローゼ・ベルント」 燐光群+グッドフェローズ プロデュース
2008.07.21 Monday 17:22
名古屋の中村公園にある中村文化小劇場に演劇「ローゼ・ベルント」を観てきました。
原作はドイツのゲアハルト・ハウプトマンで、「枯葉」としてかつて文庫化されていたらしい。西ドイツで映画にもなっていたようです(ネタバレ)。
この舞台は原作の物語を活かしつつ、同時代的な社会問題を扱う燐光群らしく、舞台が食肉工場になっていて、食品偽装の話題を盛り込んでオリジナル面を加えていました。元々、風刺的側面もあるであろうから結構マッチしていて面白い劇になっていました。ただし、その加えた部分は深みがあるとは思えず、あくまでおまけのように思えてしまってちょっと今ひとつでしたが。ストーリーの表だけみるとふしだらということになるようなローゼが決して単にふしだらに見えないところがつぼにはまった。可憐さと狂気さを併せ持ったローゼを映画「バッシング」(すいません、未見)の占部房子さんが熱演していて、燐光群のベテランに負けていない芝居は喝采ものでした。これは結局、原作の物語の核になるところだろうから、この演目という事で言えば、占部さんがキャスティングされたのが大成功と思えました。素晴らしい舞台だったので、やや空席があったのはもったいなかったかな。。




燐光群




JUGEMテーマ:演劇・舞台


演劇 * comments(0) * trackbacks(1)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
食品偽装の連鎖〜食の安全性を考える * 2008/08/25 12:22 AM
ここ何年か世間を騒がせた数々の食品偽装事件から食の安全を考えます。
食品偽装の連鎖〜食の安全性を考える