09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 妻の愛人に会う * TOP * ヤクルト リオス選手の解雇に思う >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
永遠の魂
2008.06.28 Saturday 23:14
ちょっと物語の進め方のテンポなどが緩い気がするが、ごめ愛の可愛がられ坊っちゃんユンやってたチョン・ギョンホの柔らかい感じがここではマッチしてる。キム・ミンソンが演じたピッピは、ラブジェネの上杉理子(松たか子)のような強気な感じとか表情も似てる。
幽霊譚のようで、真実が転換していくミステリー風味もさることながら、この映画もファンタジー体裁で儚い美しい愛を描きつつ、1970年代の韓国;軍事政権時の生活の服従に見せるための堅苦しさや学生の民主化運動、防空の危険を取り入れて、時代の記憶にもなっていることが現実の交差なんだろう。

公式サイト

輝国山人の韓国映画 キム・ミンソン


JUGEMテーマ:映画館で観た映画


映画(韓国)(3) * comments(0) * trackbacks(1)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
永遠の魂 * 2008/06/30 6:03 AM
大学教授のスヨン(チョン・ジニョン)は、どこからか舞い込んできた蝶に誘われるように教室に入っていく。 スヨンは学生たちにせがまれ、妻とのなれそめを語り始める。 1979年、スヨン(チョン・ギョンホ)はドイツ文学を専攻する大学生だった。スヨンは..
韓国映画好き