09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 東京都が違法に高齢者を集め高額商品を販売したとして処分した健康食品会社との取引停止について * TOP * 家族の誕生 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
まぶしい日に
2008.06.14 Saturday 22:29
まぶしい一日」と紛らわせる邦題はなぜの作品。チンピラ役も板についているパク・シニャン。ちんけなこのチンピラに子供が押し付けられるお話。
孤児ネタでお泪というまさに韓流な映画で先も読めるのを持っていかせるのはソ・シネという子役の力が大きい。
愛してる、マルスンさん」のイェ・ジウォン演じるいい人に見せつつコドモ黒商売の事が分かったようで分からない風にしていて、ま、それはこの際いいかという、コドモ&改心&病気モノ的なお約束でも、それなりに納得できる娯楽映画。

まぶしい日に | 韓流シネマ・フェスティバル2008春

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
映画(韓国)(2) * comments(0) * trackbacks(2)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
まぶしい日に * 2008/06/26 6:11 AM
チンピラのジョンテ(パク・シニャン)は、執行猶予中だというのに高校生とケンカをして留置所に入れられる。このままでは間違いなく刑務所行きだ。 そんな彼に、ソニョン(イェ・ジウォン)という女性が面会に訪れ、「あなたには7歳になる子供がいて、今施設で..
韓国映画好き

まぶしい日に/パク・シニャン * 2008/08/02 6:44 AM
2008年春の韓シネのオープニング作品はパク・シニャン主演のヒューマンドラマです。パク・シニャンのチンピラ役という設定はマンネリというかやや古くさく感じるのだけど、韓国映画で描かれる家族の姿というのは文化的に親戚みたいなとこもあるだけに日本の風景と重なっ
カノンな日々