06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 不思議 arlieさんの「modernism」 * TOP * ユゴ 大統領有故 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
クリアネス
2008.02.24 Sunday 22:18
観に行きました。
観客は予想通り、女子中高校生が多いようでしたが、動員力はなく、入替で前後に上映していたより著名な映画にかなり少なかったです。
この映画のさくら役、杉野希妃さんは、良く分からないキャラクターを演じていて結構合っていました。不安うんぬんと売春が結びつく事など、原作がそのままの設定で、結局人物の背景を描きこむ作品ではないので、幼稚な性格ということにせざるをえなかったのか、レオという新しく惹かれるオトコの存在で徐々に自分を見出していく、というのは感じられましたが、結局、これは、もう、(全てではなく一部分でしょうが)責任能力が欠落して自分だけでなく周りが見えないというそのものでした。演技はカットカットでの表情はできていましたので、多分、今後は長くフィルム回しても説得力のある演技が出来るようになるか、ということくらいで、デビューとしてそこそこ、と思います。

この映画はターゲットである女子中高生に現実の一部を教えてくれるかもしれない。
大学生なんつのは君らが思ってるほどおとなじゃない。中高生と変わらない自分がなくて責任もなくただ過ごしているものも多い。それが主人公のさくら、のある部分です。売春うんぬんは表面です。寧ろ立派に責任を持って売春してるなら、そっちの方がまだいいかもしれない。その意味で、さくら、は、まだ、これといって出来ていないんだよね、映画が始まってから終わるまで。
映画作品などの主題で、成長物語というのはクサイかもしれないがままあるテーマです。そして、このクリアネスで、さくらはちょっと成長はしたかもしれない。でも、ちょっち、ほんのちょっちです。だから最初から最後まで幼稚な感じで演技するというのでそれが、さくら、なんだから、それを希妃さんはその部分をちゃんと演じていると思う。
でも中高生だって要はバカじゃなかったら、そんな、さくらがいいとは思わないから、結局、レオ可愛いだの、細田クン可愛いだの、おんなじか、に終わってしまうかもしれない。でも、そんな話なんだから仕方がないわね。

細田よしひこクンのレオも、確かに過去がうじゃってても、結局それを言い訳にしていたのがやっとちょっと前に踏み出した段階。だから、ある意味、ルックスがよくて、さくらに気に入られたけれど、じゃあ、さくらについていた、キモイ客や変態の客が、その他ではどんな奴か分からんのと同じく(案外性生活以外はしっかりしてるかもしれない)、レオだって、さくらとくっついたって、ちゃんとするかは、実はこの作品の後なのかもしれない。
作品の質は比べようがないけれど、「ある子供」に近いかもね。

事前に注目してた実力派の女優さんはやはりうまく、音楽(作中の方)も雰囲気をうまく表現していて決して派手に出てこず、低予算の中で貢献していたと思います。画質は気になったのは、クラブで踊っている箇所など、個人的には一部で特に問題はないと思いました。



映画「クリアネス」公式サイト
しぇんて的風来坊ブログ:クリアネス
しぇんて的風来坊ブログ:クリアネス(1)・・・古い記事
しぇんて的風来坊ブログ;杉野希妃

クリアネス@映画生活


JUGEMテーマ:映画
映画(日本)(2) * comments(1) * trackbacks(6)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
自分の感想に突っ込むのもなんですが、大学生うんぬんは批判・非難というより、自らの若い時を省みての事も含めてですので、読んでむっときた近辺の年齢の方々ご了解を。
2008/02/27 8:53 PM by しぇんて

コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
クリアネス/杉野希妃、細田よしひこ * 2008/02/26 10:20 AM
いろいろと物議を醸すことの多いケータイ小説が原作の映画です。原作は読む気が起きないのに映画になると気になって観ちゃうんですよね。ヒロインの杉野希妃さんは日本映画初主演なんですが、韓国映画に通な方にはちょっとは名前が知られている女優さんで、オムニバス作
カノンな日々

【2008-40】クリアネス * 2008/02/27 10:49 PM
人気ブログランキングの順位は? つないだ手は、きっと温かい。 淋しさを愛で満たしてくれる、 そんな魔法の物語。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

クリアネス 33点(100点満点中) * 2008/03/16 11:16 AM
美人局アナという記述を読み違える 公式サイト ケータイ作家の十和による、第1回日本ケータイ小説大賞を受賞したケータイ小説を映画化。 彼氏持ち売春婦と金髪出張ホストとの恋愛を描いた本作、内容の陳腐さ、浅薄さ、低俗さ、オリジナリティの無さなどを揶揄し
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)

「クリアネス」 * 2008/03/16 2:44 PM
 ケータイ小説は今まで読んだことがなかったので、いつか読まなくてはいかんなあと思
みんなシネマいいのに!

クリアネス * 2008/03/16 6:18 PM
嫌よ嫌よもスキのうち。 「クリアネス」を観てしまいました。 http://www.clearness.jp/ ケータイ小節の映画化だよ! そんなの地雷に決まってるよ! どーせ甲斐性ない金髪男が純愛に盲目なだけで 振り回しているだけに決まってるじゃないの。 観る前か
asterisk 3.2

『 クリアネス 』 * 2008/03/17 5:36 AM
映画 『 クリアネス 』 [試写会鑑賞] 日本【2008年2月16日公開】[ 上映劇場 ] 監督:篠原哲雄 脚本:山田あかね 原作:十和「クリアネス〜限りなく透明な恋の物語〜」 【キャスト】 杉野希妃 細田よしひこ 小柳友 山田幸伸 高久ちぐさ 宮
やっぱり邦画好き…