05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 4分間のピアニスト * TOP * K-20 怪人二十面相・伝 クランク・インは本日。 おまけチュモン >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
2008.01.04 Friday 03:09
非常に陰惨な映画です。陰惨なのは陰惨な史実を描いた映画だから。

連合赤軍が出来る頃に関わる人物達と彼らの起こした事件のうち、テレビというメディアを通して一般家庭に立て篭もりの恐怖の事件として記憶されたあさま山荘事件。
そしてそこに到るまでの、特に「総括」という名での12人の「同志」のリンチ殺害に重きを置いている。活動家はほぼ実名。

この映画で描かれているのは、革命の大義(共産主義化)が正しいかとか政治活動に武装的軍事行動が良い事なの?それ以前に、この総括自体が特にその当時の2名の幹部の卑賤さからなっていて、特に2名を断罪しているようにも、また逆に犠牲となった12名(とそれ以前の犠牲者も)を追悼しているようにも思える。

少なくとも、彼らの思想が問題という解釈よりも、その当時の指導者のトップ2名(地曵豪と並木愛枝が演じる)(補足後述:赤軍初期幹部は逮捕されこの場にいない・・・映画ないし経緯を見ないと説明不足になるのはご容赦を)が熱意をああいう形にねじれていかなければ、ここまでのことは起こらず、またこれ以降の赤軍派のテロ事件は日本人にとっては目的はどうにせよ、テメエラいい加減にしてくれと思わせた、即ち共感者を寧ろ減らす効果を持ってしまった、その原点といえるかもしれない。

個人的には、この映画の最初の方に出てくるが、樺美智子氏の死を当然に取り上げていることに思いを致す。

同じ学生運動を、韓国の学生運動を実録でなく小説から描いた「懐かしの庭」と違って、この映画は映画話法で現代と融合させようとしない。「懐かしの庭」の話は現代と融合させても問題ないとして、連合赤軍の場合、融合させてファンタジー要素のおまけをつけてしまうのが逆に変でもあるとは言えるしそれはこの映画に限っていえば良い選択でしょうね。主犯格の死刑確定の某囚人は存命し服役しているし。

少なくとも活動初期の遠山美枝子(坂井真紀が演じる)と重信房子(伴杏里)のデモ行進を何とはなし愛らしく描いている事からも、監督が活動自体については中立的というより好意的に、そして当時の時代の若者の熱意自体には映画作品の中であっても残しておきたい今思い起こす価値のある熱さとして扱っているのは間違いないだろう。だからこそ無念の思いも詰まった映画かもしれない。

余計なお世話ですが、宮崎あおいさん主演の「初恋」の活動家(もどき?)が嘘っぽいのく感じられてしまうのはどうしてかはこの映画を観れば明らかなんです。

『実録・連合赤軍』制作委員会

なお、「オワリナキアクム 又ハ捻ジ曲ゲラレタ怒リ〜」連合赤軍あさま山荘事件に記された年表の文章がシネマスコーレラインナップVol.185に記された「連合赤軍関係年表」と字句がほぼ同一であるが、著作権上の経緯は私は知らない。

「オワリナキアクム 又ハ捻ジ曲ゲラレタ怒リ〜」連合赤軍リンチ事件

シネマスコーレ 外壁ポスター

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程@映画生活

追記:リンク
1969-1972 連合赤軍と「二十歳の原点」
同内「連合赤軍・1 連合赤軍への道」




JUGEMテーマ:映画


映画(日本)(2) * comments(0) * trackbacks(15)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 * 2008/03/22 6:44 PM
体制工場 お見事製品 金太郎飴  この「実録・連合赤軍」という作品、若者たちが何に突き動かされ、どのような葛藤を経て「あさま山荘」へと至ったかを、内部に視点を、徹底検証していく実録ドラマ。故に真摯に冷静に受け止めたい映画。であるのは山々だが、いか
空想俳人日記

若松孝二監督の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」を観た! * 2008/03/25 11:21 PM
数々の賞に輝いた若松孝二監督の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」を、テアトル新宿で観てきました。数々の賞とは、昨年の東京映画祭での「日本映画・ある視点」作品賞や、先月の第58回ベルリン国際映画祭での最優秀アジア映画賞と国際芸術映画評論連盟賞
とんとん・にっき

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」穏やかな狂気が時代を創る * 2008/03/28 8:16 PM
「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」★★★☆ ARATA、坂井真紀、玉一敦也、伴杏里 出演 若松孝二監督、2007年、190分 映画を見終えて思う、 この時代その中心であった人々は 今のこの日本の形をどう思っているのかと。 まさに彼らが今の日本の形を作
soramove

【2008-77】実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち) * 2008/04/03 10:14 PM
人気ブログランキングの順位は? 1972年2月28日 日本中が震撼したあの日 日本がゆれ世界がゆれていた─ なぜ若者たちは立ち上がったのか なぜ同志に手をかけたのか なぜ追いつめられていったのか あの時代いったい何があったのか 時代の叫びが聞
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

映画『実録・連合赤軍』を観ておいおいと泣く * 2008/04/05 4:05 PM
夜中に家に帰ったが、いまだに映画から受けた衝撃は酷く、後遺症になりそうだ。 一言で言えば、連合赤軍幹部の残虐な行為に「ハラワタが煮えくり返る」内容だった。 何度、「このバカヤロー!」とスクリーンに向かって絶叫したかったことか……。
反米嫌日戦線「狼」(醜敵殲滅)

映画『実録・連合赤軍』は若松の遺言であり、左翼への「総括」・鎮魂歌かな。宮台真司がチョイ役で出てて一瞬「オッ」(笑) * 2008/05/28 12:44 AM
 昔、黒澤明の「七人の侍」を見ていた時に、若き日の仲代達矢が通行中の浪人姿でほんの数秒出ているのを見つけたことがあります。少しのシーンでも観客に分からせるのだから仲代達矢と言うのは大したものだと思いました。※場面は、島田勘兵衛(志村喬)と片山五郎兵衛
雑談日記(徒然なるままに、。)

36年後の墓標「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 * 2008/06/16 10:23 AM
「総括を求める」「異議なし!」監督・製作:若松孝二音楽:ジム・オルークナレーション:原田芳雄キャスト遠山美枝子坂井真紀   重信房子伴杏里森恒夫地曵豪   坂東國男 大西信満植垣康博中泉英雄  青砥幹夫 伊達建士山崎順 椋田涼   行方正時 川淳平坂
再出発日記

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』 * 2009/03/16 8:57 AM
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD](2009/02/27)坂井真紀ARATA商品詳細を見る 監督:若松孝二 CAST:坂井真紀、ARATA 他 196...
Sweet*Days**

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち) * 2009/04/16 7:41 AM
その昔、連合赤軍の若者たちがあさま山荘にたてこもった事件は、一応、知識としては知ってます。映画では当時現場で指揮を執った佐々淳行さんを主人公に警察が目線で描いた原田眞人監督の『突入せよ!「あさま山荘」事件』が有名ですし、実際のニュース映像も近代の犯罪
カノンな日々

函館山荘 * 2009/05/08 11:44 AM
「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 「パコダテ人」 
Akira's VOICE

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』'08・日 * 2009/06/14 7:37 AM
あらすじベトナム戦争、パリの5月革命、中国文化大革命など世界中が大きなうねりの中にいた1960年代。日本でも学生運動が熱を帯び、連合赤軍が結成された。革命戦士を志した坂口弘(ARATA)や永田洋子(並木愛枝)ら若者たちは、山岳ベースを設置し訓練をはじめる
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 * 2009/06/24 6:40 AM
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD] ¥3,861 Amazon.co.jp ベトナム戦争、パリの5月革命、文化大革命、日米安保闘争...世界的に政治的な運動が盛んだった1960年代。学費値上げ反対と運動に端を発した日本の学生運動も、成田空港建設反対の三里
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜

【DVD】実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 * 2009/08/02 9:56 PM
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 レア物鑑賞 ▼感想 劣等感を抱えた幼きイデオロギーの暴走 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ ベトナム戦争、パリの5月革命、中国文化大革命など、世界中が大きなうねりの中にいた1960年代。日本でも学生運動が熱
新!やさぐれ日記

映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 * 2009/09/24 11:10 AM
監督:若松孝二(色んな意味で大御所です) 出演:坂井真紀 ARATA 並木愛枝(◎)地曵豪 伴杏里 大西信満 中泉英雄  出演:伊達建士 日下部千太郎 椋田涼 粕谷佳五 川淳平 桃生亜希子 本多章一  学生運動から派生した極左組織「連合赤軍」が、何
おそらく見聞録

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』 日本人はひ弱になった? * 2009/10/21 1:20 AM
 私は、鑑賞した映画すべてをブログの記事にしているわけではない。  この『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』についても、すで...
映画のブログ