04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 獲物を窺うモノドモ * TOP * やっぱり航空祭(戦闘機の曲芸ないし実戦可能鼓舞行為)はやめてほしい。 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「化粧師 KEWAISHI」 DVD
2007.10.27 Saturday 21:29
公開時、キャストで興味を惹いたのにスルーしていましたが、やっと今になって観ました。
雰囲気や映像、音楽はなかなかいいです。若干エピソードを入れ過ぎの感ありで、絞ったほうがいい部分が残ってしまったけれど印象はいいです。
椎名桔平さん 、菅野美穂さん 、池脇千鶴さん の三人は当りキャストでしたね。
勉強するのが難しい時代の勉強の価値があった大正時代と、みんなが行くから高校大学に行き、学費を集めなければ潰れるから質とかお構いなしの定員割れ大学、いい加減な経営で迷惑を掛ける語学学校が存在する今(∴左の前振りは映画のことじゃないよ)、この映画の最後はある意味教訓モノに見えてしまう部分はあったとして、動機を持って夢を持って生きよう、さらにそのためには勉強もしようね、の話としての部分については人によってはイヤかもしれないけれど(本来イヤに思ってはいかんが)、椎名桔平さんの人情と大切なものを自然に感じて行動したりとか、仕事である化粧を施すのもなんか艶っぽいのとか、菅野美穂さんの片想いがけなげとか、普通に観ていて惹きつけられるので、悪い映画じゃない。

化粧師 KEWAISHI『ウィキペディア(Wikipedia)』
映画(日本)(2) * comments(0) * trackbacks(1)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
化粧師 KEWAISHI * 2007/10/28 10:30 PM
 コチラの「化粧師 KEWAISHI」は、石ノ森章太郎さんの江戸時代を舞台にした「八百八町表裏 化粧師」を女性解放運動が高まりつつあった大正時代に変えて映画化した作品です。  彼に化粧してもらえばいいコトがあると噂され大人気の化粧師・小三馬(椎名桔平)を中心
☆彡映画鑑賞日記☆彡