07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 日本経済新聞の暴挙 訳の分からない論説を掲載 * TOP * 夜の上海 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「ZABADAK LIVE 〜私の罪は三千年〜」 (2007)
2007.09.23 Sunday 23:17
昨年に続き、ZABADAK LIVE〜私の罪は三千年〜(郡上八幡 ・照明寺)に行きました。
開始前に施設の写真をネットに流さないようにきつい注意を受けたので今回は施設風景はなしです。去年のは消してないんだけれど。。。

お寺に行く前は、郡上の長良川の上流域を道路が続いてそこから行く訳ですね。釣りをしている方も多いです。


今回も去年と同じように吉良知彦さんと小峰公子さんに加え、Rivendellのお二人、アイリッシュ・ハープの木村林太郎さんとアコーディオン藤野由佳さんが参加していますが、このメンバーで今年は日本の北の方をツアーされてたんですね。

今回のライブも楽しかったです。吉良さんの音楽はやっぱりすごいし、吉良さんを公子さんと由佳さんが支えあい対決みたくなってて(謎)、林太郎さんはRivendellの音楽とは色が違うZABADAKの演奏に挑んでるみたいなところがあって。わたくしはゆったりしたり、ある時はノリながら聴いたりしていて、さらに先の書いたような四人の「様子」を満遍なく観察しつつ聴いているので、聴くのにリラックスしていて同時に集中してるんだべさ、わちきも。そんで楽しかったってばさ。
体調が悪かったけれど、ライブ中においらの首の痛みは出なくて良かった。

細かいライブの感想やセットなどは他の濃いファンのどなたかがアップするんだろうと思いますから(厳密には覚えきっていないから)略しますが、このライブに関わる事としては、今年でたZABADAKのアルバムのうち「回転劇場」の中の「雲の言葉」は照明寺の住職さんの要望に応えてできた曲ということでアンコール含め2回演奏されました。最新アルバム「宇宙のラジヲ」はRivendellも全面参加していてこのライブの雰囲気に近いということで、帰りに聴いたけれど、往年のZABADAKの人気曲もしっかり入っていて、アコーディオンやアイリッシュ・ハープが入ったので新しく聴けて素晴らしい仕上がりなので、初期ZABADAK好きの方も再発見のために聴いてみて欲しいです。この中の「秋霖」は藤野由佳さんの曲で遠野に行った際に感じたのが曲になったそうです。
来年は、どうなるのかな。罪は減らないそうなんだけれど。

PS ZABADAK目当てで聴きにいってリンタウロスが気になった方は、実はとても哀愁深い彼のRivendellでのアイリッシュ・ハープの演奏はとZABADAKのLIVEとではだいぶ趣も違うので、是非聴いてみてください(「Blessing」、「Aeolian」)。





ZABADAK公式サイト CD通販あり
Rivendell(リヴェンデル)サイト CD通販あり
藤野由佳さんの活動サイト

PS2
Rivendell関連
Kircheみとせのりこさんのソロ・アルバム「カタン」に参加。実はまだ手に入れていないので(すいません・・)入れなくては。Kirche自体にもそろそろ動きがありそうですね。。


音楽(日本)(1) * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック