12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< シネマコリア2007「青燕」 * TOP * 私のちいさなピアニスト >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
シネマコリア2007「懐かしの庭」
2007.08.26 Sunday 23:23
この作品は、「ペパーミント・キャンディー」や「モレシゲ(砂時計)」などでも主題の一つになっていた、韓国の現代史の軍政時:民主化運動とその抑圧時代の、軍事弾圧の悲劇、光州事件とその頃の社会主義活動家についての話で、活動家が長期服役を終えた現代において過去を振り返り当時の想いを振り返り、そして未来に進むお話です。
ホントに最初から逃亡生活とそこでの男女ということで観ていて切なくなってくるのですが、ラストの過去を消去するのではなくあった事を記憶しながらしかも未来に進もうというメッセージ性とその描き方が素敵です。変に筋を書いてもわたしの文章力では陳腐だから細かく書きませんが。
光州事件の題材では今、「華麗なる休暇」も大ヒットしているという
韓国でそういう状況の一方、一昔前は活動家が出てる日本映画もそこそこあったのだろうけれど、今時点で日本でそういうのを手がけてうならせる作品ができるかと言うと。。。
厳しいかな。。。「独立少年合唱団」のように部分的に引用したり、宮崎あおい主演の「初恋」のように匂いだけつけてオブラートにくるんだりとそんな状況に思えるので(違うかもしれませんが)。韓国の方が時代的により現代というのはあるけれど、要は、向き合うという事について、少なくとも今は、日本の流行と韓国の流行が違うのは確かですね。

映画(韓国)(2) * comments(2) * trackbacks(4)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
いつも、TBをありがとうございます。
今回は、こちらからTBさせていただきました。
この映画、癒された感じがしたのですが、なぜなんだろうと悩み、
レビューが進まなかったんです。
こちらのレビューで、とても納得いたしました。
ありがとうございます。
他のレビューも、楽しく拝見しております。
これからも、よろしくお願いします。
2007/08/31 3:11 AM by hoppen

hoppenさん、ありがとうございます。
そちらにお返事に行きます。
2007/08/31 4:11 AM by しぇんて

コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
シネマコリア2007にて:『懐かしの庭』 * 2007/08/31 3:04 AM
この『懐かしの庭』は、韓国の学生運動家の半生と、彼を待ち続けた女性の一生を描いた映画です。 私は、日本の学生運動も知らない世代です。 ニュースフィルム映像を見て、この学生さんたちは、今頃どうしているんだろうな〜と思います。 抑圧と戦い、正義を貫こうと
hoppenの韓的な日々♪

なつかしの庭 * 2008/05/15 6:10 AM
ヒョヌ(チ・ジニ)は民主化運動で逮捕され、17年間、監獄生活を送りようやく出所する。変わってしまったソウルの風景、不動産で儲けて金持ちになった家族の姿に戸惑うヒョヌ。 彼には17年間忘れらずにいた女性ユニ(ヨム・ジョンア)がいた。母親(ユン・ヨ..
韓国映画好き

「なつかしの庭」チ・ジニの新境地 * 2008/06/06 7:44 AM
「なつかしの庭」★★★ チ・ジニ、ヨム・ジョンア主演 イム・サンス監督 韓国映画の衝撃は「シュリ」から始まった。 この作品はイム・サンス監督の描く 韓国現代史三部作 「浮気な家族」「ユゴ」に続くの最終章、 先日見た「光州5・18」にも関連する
soramove

なつかしの庭 /ヨム・ジョンア、チ・ジニ * 2008/08/01 12:12 AM
前日に続いてチ・ジニ主演作品です。共演が私の好きなヨム・ジョンアさんという事もあって楽しみにしてました。 2008年春 韓流シネマフェスティバルの観賞作5品目です。 2007年韓国公開 監督:イム・サンス 出演はその他に、キム・ユリ、ユン・ヒソク、ウンソン、
カノンな日々