07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 注意 予測(外れたほうが良い) 続報1 * TOP * 「我が心のオルガン」 DVD >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「七人の弔」 DVD
2007.08.16 Thursday 23:23
ダンカン第一回監督作品ですね。

まず、これだけ子役を使ったら、作品としてまとめるのが大変なので、よく作れたなという感じでしょうか?

物語の進め方のテンポも含め、ちょっとダラダラした展開。また親が子へのDVということの話だが、そこがホント的に見えにくかったと言うのが一番の難点か?
大作でもなく多くを元々期待して観る作品とは違うと思うので、親役の芸達者な役者たちを見つつ、まあいいかという事になってしまって。切迫的なところが欠落しているのがね・・・。

話の思い付きは悪くないので、ちょっと勿体ない。

最後のオチとかも含め、ネライかもしれないブカックユーモアブラックユーモア(←疲れてるんね)風味というよりも、ダンカン氏は結構真面目で優しいんなんだね、という気にさせられる作品ではありました。

公式サイト

七人の弔@映画生活
映画(日本)(1) * comments(0) * trackbacks(2)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
映画『七人の弔』 * 2008/09/21 11:23 AM
ダンカンの監督&脚本&主演のシリアスで社会風刺でコメディな問題作。堕落し落ちるトコまで落ちてしまった現代の悪しき暗闇を鋭く(?)切り裂く。 見所は、渡辺いっけいといしのようこのセクシーで危ない場面。格闘標語風なら、"××よりも おおあなだい
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

七人の弔 * 2009/04/19 8:29 AM
7組の親子が参加する人里離れた場所でのキャンプ。このキャンプがタダモノではなく、親たちは、自分の子どもを売ることを目的として参加しています。キャンプ中に、子どもたちの(というより、子どもたちの臓器の)健康状態のチェックを行い、キャンプの終わりに子ども
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜