09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< キサラギ * TOP * アジアの歌姫 中国/台湾/香港編 1 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
イ・ソウンのPVにネズミが出てくる理由
2007.07.16 Monday 23:01
アジアの歌姫 韓国編 1 という記事を書いた後、ネットをうろついたら、歌姫として紹介したイ・ソウンについて、彼女のPV(わたしの選んだものでないもの)について、Peepooblue’s Notebook というところで、「太った男の子、なんでネズミになってしまったのだろう?」という疑問が出てきます。
これはおそらくこのイ・ソウン「サランヘヨ」の元歌が中国でヒットした「老鼠愛大米」だからそのように部分的に引用したのでしょうねPVでも。ちなみに中国でも何人か歌ってますが、楊臣剛オリジナルもいいんですが、香香のが好きなので、右側もオススメに入れてます。ネズミが米を好きなように片想いで愛してるみたいな歌で、先のPeepooblue’s Notebookさんは「なんかむちゃくちゃ切ない話だなぁ」とも書いてますが、中国のネズミ版のPVでも最後むちゃ切ない、というか残酷ですよ(汗;;
ちなみに日本では「純情きらり」で主人公幼少時代を演じた美山加恋ちゃんが歌ってました(「みんなのうた」になった)。加恋ちゃん歌は第2回日中友好歌謡祭(同一首歌)の公演で生を聴きました(その時はまったくお目当てでも何でもありませんでしたが)。
幼稚っぽい歌だけど、いい歌だと思います。日本でヒット曲クラスの歌手はカバーしませんでしたが、正直言って日本でのアジアの「いい歌」のカバー状況は寒いですねえ・・・。
この辺、書いた話はおおよそネットに転がってますね。
音楽(アジア) * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック