11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< クジラの島の少女 DVD * TOP * 純粋蜂蜜 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
リアル・フィクション
2007.05.15 Tuesday 01:14
殺意(悪魔の囁き)の物語。
劇中劇の手法に思えて幻惑させる。
チュ・ジンモの表情、様子があり得すぎる。
ぞくっとする作品です。映画への挑戦でもある。

シネマコリアでの詳述解説

名古屋シネマテークでのキム・ギドク特集上映にて
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(0) * trackbacks(6)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
真・映画日記『リアル・フィクション』 * 2007/05/15 1:46 AM
3月9日(金) 仕事は午後6時半に終業。 さあ、ここからが大変だ。 御成門駅から三田線に乗り日比谷へ。 そこから千代田線に乗り換えて乃木坂に。 「国立新美術館」で「異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900-2005」を見に行く。 まず、この日初めて
          

リアル・フィクション * 2007/05/16 6:36 AM
青年(チュ・ジンモ)は、近所の公衆電話を盗聴しながら公園で似顔絵を描いている。彼は絵に文句を付ける客やショバ代を要求するやくざに対しても感情を表さない。 そんな彼を白い服を着た少女(キム・ジナ)がビデオカメラで撮影している。そして、彼女に誘われ..
韓国映画好き

#49.リアル・フィクション * 2008/03/16 1:47 AM
キム・ギドク監督'00年。なんとまあ・・・荒々しい作品。撮影時間、たったの3時間20分。日数にして一日で撮り上げたというものだった。
レザボアCATs

リアル・フィクション * 2008/05/26 8:41 PM
 ●キム・ギドク監督作品レビュー● ・5作目「魚と寝る女」 ・6作目「コースト・ガード」 ・8作目「悪い男」 ・11作目「サマリア」  コチラの「リアル・フィクション」は、キム・ギトク監督の4作目となるヴァイオレンス・サスペンスです。ちょっとずつでも観て
☆彡映画鑑賞日記☆彡

『リアル・フィクション』 * 2008/05/28 8:26 PM
昨日から引き続き、キム・ギドク監督作品の日本初公開の「リアル・フィクション」をモーニング鑑賞(朝1回のみでした。)監督・脚本:キム・ギドク出演:チュ・ジンモ、キム・ジナ、イ・ジェラク上映時間:84分-Story-公園で肖像画を描いて暮らす彼は絵にケチをつける
たーくん'sシネマカフェ

『絶対の愛』(原題:TIME) * 2008/05/28 8:34 PM
今日2本目、「絶対の愛」原題TIME(時間)をようやく観ることができました。韓国で異才と呼ばれるキム・ギドク監督最新にして韓国映画界からの引退作。さて、映画館のユーロスペースは1本目のQ-AXの地下1階から3階へ昇るだけです。監督・脚本:キム・ギドク  
たーくん'sシネマカフェ