10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 「まぶしい一日」 東京上映会 * TOP * トリノ、24時からの恋人たち >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
エレンディラ  蜷川さんと坂手さんの手によって舞台化、実現かー
2007.03.10 Saturday 10:33
全集も話題のノーベル文学賞作家、ラテンアメリカ文学の大御所ガルシア・マルケスの「エレンディラ」が舞台化ですねー⇒公演情報の例
脚本が燐光群の社会派としても評価の高い坂手洋二さんで、演出が迫力のセカイの蜷川幸雄さん。音楽はミニマル・実験音楽のマイケル・ナイマンが手がけ、来日公演もするようだ。
最初サンリオ文庫追記:←にハイパーリンクしたサイトが文学作品がすっぽり抜けた不完全なものであり、別サイト追加リンクします) に入っていた原作(後、筑摩書房でも文庫化)で映画化も独特の世界だった、魔術的リアリズム

多分、観に行けないなー。悔しいかも。
演劇 * comments(0) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック