05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 小泉郵政改革 いよいよ安倍政権下で実現へ!! * TOP * 善き人のためのソナタ >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
安倍総理 未熟な歴史観を露呈
2007.03.05 Monday 03:53
まず、わたしは安倍総理は危険だとして忠告をしていた
その後、就任直後、中国、韓国の首脳と会談し、関係改善を図ろうとする試みには、おそらくはポーズだろうと踏んでいたが、一定の評価をした。そしてポーズというのはどんどん露呈してきていて、ああ、思ったとおりだという敗北感を懐いている。

前提となる対アジアという意味で、わたしは例えば中国の軍拡が過度にならないか注視するということには賛成で、なんでも日本はダメ、中韓はいいという姿勢は全く持っていない。ただしその場合でも、行き過ぎた論で刺激的な牽制をし、実は日本のナショナリズムを鼓舞するのに利用する政治家の姿勢には極めて懐疑的である。

さて、例えば、北朝鮮の人権問題に絡んだ拉致問題。
わたしは本当に解決して欲しいと願っている。しかしそのための方策と言う点では、日本の政治家に問題がありすぎます。勿論、嘘を嘘で対抗する、なんて論外ですが、いつまで経っても日本の歴史的責任を認めない、例えば従軍慰安婦問題を軽視する、などなどというのでは中韓も拉致のために本当に日本にどれだけ協力する必要があるのか、と十万回も頭の中をハテナマークが乱舞してしまうだろう。少なくとも、既に「ポーズ」だけのアジアも重視、という嘘はどんどんチャラになっていっています。8月を待たずに靖国参拝を強行し、混乱に拍車がかかる事さえ既に視野に入れておかなければ。

安倍政権は、北朝鮮拉致に強い実行力があると言う政治的ポーズを取っているが、わたしに言わせれば、彼(ら)のやり方では解決するどころか、遠のくばかりだ。アメリカの次期大統領選挙で負ける可能性が高いイラクに失敗した共和党。その首脳に拉致家族の特定の方が摺り寄っているようであるが、寧ろ米国民主党のリーダーに今のうちに働きかける方が、よっぽど得策です。民主党・共和党関係なく、対イラン戦争をやらかす可能性があるリスクがどうやって減らせるのかがもっと重要な気もしますけれど。

いずれにせよ、自虐国民と言われないためにも、建設的にどうすべきか、矮小なナショナリズムも安易なグローバリズムも両方捨てて、よくよく未来について国民各々が考えるべきではないでしょうか?
政治(国内) * comments(5) * trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
しぇんてさん、こんにちは。トラックバックを試みたのですが、どうもうまく送れないみたいなので、コメントでごあいさつしておきます。これからもよろしく!
2007/03/06 9:08 AM by うに

うにさん、TBの返信コメントありがとうございます。
SPAM拒否設定がとても多いのですが、それにひっかかっているのではないのでブログ側の不具合か何かだと思います。お手数をおかけしました。
これからも、日本の良心としてご活躍ください。
ここを経緯して、来られざるコメントやTBが来てしまったらどんどん処分してください(汗;;
こちらこそ、よろしく。
2007/03/06 10:39 PM by しぇんて

線引きが難しいですが、1件削除とさせていただきました。
申し訳ありません。
2007/03/08 1:37 AM by しぇんて@管理人

普段、映画のことしか書いていないので信用がないこのブログですが、上にコメントをしてくださったうにさんのブログは、気がつかない事を発見することも多いとても読む価値の高い貴重なブログです(もちろん個々の見解について<おそらくわたしの未熟によって>異なる事だってありますけれど)。
従軍慰安婦のことも的確な視点で書かれています(と思っています)。是非ご覧ください(壊れる前に で検索してくださいませ)。
ちなみにイ・スヨンで繋がっています(苦笑)。
2007/03/08 1:44 AM by しぇんて@管理人

「あえて安倍首相の謝罪を評価する」という3月28日の、うにさん(上に書いておられます)をこのコメントでリンクします。
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_fc1b.html


櫻井なにがしさんら(挙げだすとむかっ腹が立つので他は省略)が、未熟な右翼的煽動事を書き続け、言論の自由なので仕方がないが、大々的に大見出しで、いくつかの右翼系雑誌広告が新聞に出てるのを見るたびに鬱屈して、あゝほんまに美しい御国だこと、とぞ思いける。てか。あれだけ広告してたら、無垢なコ達が吸い寄せられたりするだろうし、やーね、ごほ。
2007/04/06 1:38 AM by しぇんて@管理人

コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック