06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< チャーミング・ガール * TOP * 2件削除 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
トンマッコルへようこそ
2006.12.11 Monday 00:14
朝鮮半島南北分断後の民族的悲劇、朝鮮戦争を舞台にした、シチューエーション・コメディーじたてのファンタジー。戦争題のシチューエーション・コメディーじたてのファンタジーというと、ククーシュカ ラップランドの妖精なんてロシア映画も近年あったが、笑いと悲しみをずんずん突いてくるのは、この映画、やはり韓国映画だ。
ありえないとかくだらないとか、上っ面だけ見てる人にとって幾らでも突っ込めるのかもしれないが。
わたしは、戦争中なのに、草ソリに興じる場面で、ゲラゲラ笑いながらも、戦争、というより正に朝鮮戦争そのものをこれだけ笑わなければやってられない韓国人≦朝鮮民族を想うと終盤の怒涛のクライマックスになるのではないこの段階に、悲しみの感情が溢れ出さずにはいられなかった。

韓国人も北朝鮮人も結局、アメリカに、ソ連に、嵌められたんでしょ、ある意味。現実問題として議論すべき事は分かるが、それでも安々と「太陽政策」を非難できないことの民族感情も知れるというもの。←個人的意見。

シン・ハギュンっしが気になった方は、イ・スヨンのPVにも出てるのでそちらもご覧あれ。

公式サイト

トンマッコルへようこそ@映画生活
映画(韓国)(1) * comments(2) * trackbacks(15)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
TBありがとう。
「太陽政策」については、日本人の僕たちからは、あまりどうこういえないようなところがありますね。
2007/03/17 8:51 PM by kimion20002000

kimion20002000さん、コメントどうもありがとうございます。

現実問題として隣国なので政治についても個人個人で色々思うところも出てくると思いますね。
こういう素晴らしい映画を見て、それで少しずつ興味が出てくる人が増えてもいいし、まあ難しい事抜きでも、この映画は面白いと思います。ほんとにこんな映画を撮っていたのが遠い昔話のようないい未来が来るといいですね。
DVDが出てショップも結構力を入れて売ろうとしてるところも多いようで、そんなことで作品を観てくれる人が増えればなあ、と思っています。
2007/03/17 10:25 PM by しぇんて

コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
真・映画日記『トンマッコルへようこそ』 * 2006/12/23 7:11 PM
10月31日(火) 朝、通勤〜スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 午後6時20分に終業。 神谷町駅から六本木へ。 3の出口から出てシネマー
CHEAP THRILL

トンマッコルへようこそ * 2007/01/18 7:28 AM
1950年,朝鮮戦争の真っ只中。山奥の平和な村・トンマッコルにアメリカの戦闘機が墜落した。乗っていたのは連合軍の兵士スミス。トンマッコルに住む少女ヨイル(カン・ヘジョン)がこれを目撃し、村の人たちに知らせに行く途中で人民軍リ・スファ(チョン・ジェ..
韓国映画好き

トンマッコルへようこそ:ファンタジーが生み出す普遍的なメッセージ * 2007/01/19 9:56 PM
★監督:パク・クァンヒョン(2005年 韓国作品) MOVIX京都にて鑑賞 ★あらすじ(Yahoo!...
犬儒学派的牧歌

★「トンマッコルへようこそ」 * 2007/02/10 11:14 PM
韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。
ひらりん的映画ブログ

トンマッコルへようこそ(韓国) * 2007/02/22 11:16 AM
きゃ〜〜、11月24日(金)までの上映だってー。うっかりしてた。 ということで、あわてて行って来ました。22日(水)に。 「トンマッコルへようこそ」( →公式HP  ) 出演:シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン
映画でココロの筋トレ

mini review 07031「トンマッコルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆ * 2007/03/10 8:24 PM
カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁
サーカスな日々

「トンマッコルへようこそ」 * 2007/09/02 10:15 PM
「トンマッコルへようこそ」 監督 パク・クァンヒョン 歴史音痴はパパに朝鮮戦争の講義をしてもらいながらの鑑賞です。ファンタジーという真綿で反戦を包んだような秀作。でも反戦と同時に南北統一を願う気持ちも強く伝わって来ました。シリアスな場面でも真綿の笑い
SolPoniente

トンマッコルへようこそ * 2007/09/11 12:47 AM
朝鮮戦争の真っ只中、小さな村「トンマッコル」に次々と珍客が訪れます。 北の人民軍兵士が3人、南の韓国軍兵士が2人、そしてアメリカ兵までも。戦争とは全く無縁で、銃を向けられても手を挙げることさえ知らない村民達はやさしく彼らを迎えいれますが・・・。 2
オモヒノママニ

「トンマッコルへようこそ」 * 2007/09/19 10:06 AM
「トンマッコルへようこそ」ヤマハホールで鑑賞 韓国では珍しいファンタジー作品だそうです。真夏のGTFでの試写会からすこぶる前評判のいい作品。あまりに期待していたらなかなか当たらなくてやっと今日みてきました。基本は朝鮮南北戦争。よくわからないけれども、
てんびんthe LIFE

『トンマッコルへようこそ』 (2005)/韓国 * 2007/10/13 8:56 PM
名もなき墓碑銘に刻まれた精一杯の想いは、風に乗って、人々の胸に残るのだろう。**********************『トンマッコルへようこそ』 (2005)/韓国監督:パク・クァンヒョン音楽:久石譲出演:チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン
NiceOne!!

トンマッコルへようこそ * 2007/11/02 10:04 PM
 『笑顔が一番つよいのです。』  コチラの「トンマッコルへようこそ」は、10/28公開になる韓国のハートウォーミングなコメディなんですが、久々にオンライン試写会が当たったので、観ちゃいましたぁ〜♪  あたしはやっぱり日本人だから、たくさんの北野監督作品
☆彡映画鑑賞日記☆彡

*トンマッコルへようこそ* * 2008/01/21 12:10 AM
{{{   ***STORY***             2005年   韓国 1950年6月朝鮮戦争勃発.北朝鮮軍に圧倒された韓国軍は開戦3日で首都ソウルを失う.敗走する韓国軍は北朝鮮軍の侵攻妨害のために自国避難民で溢れる漢江の橋を爆破する.韓国軍のピョ・
Cartouche

映画「トンマッコルへようこそ」 * 2008/01/23 1:32 AM
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終焉を
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

「トンマッコルへようこそ」 * 2008/09/08 7:53 AM
2006.7.3 2005年に韓国映画界に旋風を巻き起こしたパク・クァンヒョン監...
フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE

呉越同舟●トンマッコルへようこそ * 2008/10/20 1:25 AM
笑顔が一番つよいのです。 ――― (公式キャッチコピー) 『Welcome to Dongmakgol !!』 トンマッコルへようこそ - goo 映画 1950年代、朝鮮戦...
Prism Viewpoints