07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 蹴球 * TOP * 生日快楽 >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
花よりもなほ
2006.06.09 Friday 21:26
このタイトルは打ち間違いやすい。
例えば、花よりもなおとか花よりもなをなんていうのは予想できるが,花よりのなほなんていう例もある。この理由はNとMのタイピング・ミスが出やすいだけだが。稀に花よりのなおという複合技も。

この是枝監督「花よりもなほ」という映画は、復讐の連鎖を断つ平和のメセージが込められているのだが、ちょっと弱めの武士がケセラセラになる心境の変化を、そうなることが(何も考えずになっている訳ではないので)実は強いという映画。弱いが弱くない役に岡田准一さん が好演。
「誰も知らない」から分かりやすくなってきたが、今回は完全に娯楽映画で、それで是枝味を出している。のほほんとした昆布味の映画。

花よりもなほ@映画生活

映画(日本)(1) * comments(2) * trackbacks(7)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
 「誰も知らない」とは作風がずいぶん違うように感じました。

 じんわりとよい映画でした。
2007/08/04 12:28 AM by miyukichi

miyukichiさん、こんばんは♪
「誰も知らない」と似ているのは、視線の暖かさかな、と思いました。
2007/08/04 4:29 AM by しぇんて

コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
映画「花よりもなほ」 * 2006/07/06 1:22 AM
松の廊下の刃傷沙汰から1年後、時は元禄15年、五代将軍・綱吉の生類憐みの令は、お犬様のその時代、仇討ち男と長屋に暮らす人々と人情話。 吉良上野介とも浅野内匠頭とも、全く関係のない男、道場の息子でありながら剣がからきし駄目な青木宗左衛門(岡田准
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

真・映画日記『花よりもなほ』 * 2006/08/20 7:20 PM
6時前にロサ会館から居酒屋「村さ来」に移動。 SoundCafeの打ち上げ。 15人くらいはいたか。 飲んだり食べたり……寝たり…相当疲れてました。 2つほど今後に関して良いニュースがあった。 是非、実現させたい。 9時過ぎに店を出る。 途中、駅近くで新宿方面に
CHEAP THRILL

mini review 07039「あかね空」★★☆☆☆☆☆☆☆☆ * 2007/04/10 5:37 PM
カテゴリ : その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 120分 公開日 : 2007-03-31〜 監督 : 浜本正機 出演 : 内野聖陽 中谷美紀 中村梅雀 勝村政信 泉谷しげる 石橋蓮司 江戸は深川蛤町。職人たちが多く暮らす長屋が並んだ裏町で、井
サーカスな日々

花よりもなほ [Movie] * 2007/08/04 12:26 AM
 映画(DVD)「花よりもなほ」         (是枝裕和:監督・脚本・原案)  花よりもなほ 通常版バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る  岡田准一クン主演の時代モノって以外、  内容についての予備知識はほぼない状態でした。  だから、観る前は、タ
miyukichin’mu*me*mo*

花よりもなほ * 2007/09/04 9:22 PM
是枝裕和監督の作品が好きで楽しみにしていたのにも関わらず、 やっとDVDで観ました。 時は元禄15年徳川綱吉の泰平の世。 信州・松本から父の仇討ちの為に江戸にやって来た青木宗左衛門は、 おんぼろ長屋で実家からのわずかな仕送りだけで仇の行方を捜していた。
映画、言いたい放題!

花よりもなほ(感想107作目)&巴林に負け * 2009/01/29 8:26 PM
花よりもなほはWOWOWでして24日に鑑賞したが 結論は思ったよりコメディー色が強くて面白かったよ 内容は父の敵討ちに松本から江戸に来た主人公の侍が 長屋の人達と交流し敵討するの悩み辞める展開だね 主演が岡田准一で少し頼りなくも優しい感じで似合っ
別館ヒガシ日記

*花よりもなほ* * 2009/05/17 10:37 AM
{{{    ***STORY***              2006年     日本  時は元禄15年、徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の世。巷では、赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の仇を討つのかどうかが大きな関心事となっていた。
Cartouche