10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< スティーヴ・ハケット LIVE@名古屋 * TOP * 情熱大陸 BoA >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
靴に恋する人魚
2006.11.26 Sunday 23:03
童話をモチーフにした映画。
寓話的なので、ある意味淡々としているが、可愛らしい靴を含め綺麗な画面。
ビビアン・スー(徐若瑄)は年齢を重ねていても、この映画ではロリータ的な風貌の魅力で、自分にせいいっぱいの殻の中にいた(理想だと思っていた生活)から再びの不幸を送る途中で殻を破ったところも含め、寧ろ抑制的に演じている。
挿入歌もなかなかで、C-POP歌手ビビアンの本領も発揮されている。
童話風でアンディ・ラウ(劉徳華)のナレーションは、パイナップルパン王子と似てますね。

箱を振った後、頭をゴンってしたくなるかも。

公式サイト

靴に恋する人魚@映画生活

映画(中華)(1) * comments(1) * trackbacks(2)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
「再び之不幸を贈る」という意味不明な文を「再びの不幸を送る」に変えました。これでも不正確な日本語ですが、意味はより分かると思いますので。
2007/01/18 2:16 AM by しぇんて

コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
靴に恋する人魚:幸福とは何か? * 2007/01/17 10:42 AM
★原題:人魚朶朶 ★監督:ロビン・リー(2005年 台湾作品) 京都シネマにて鑑賞。 本作が今年初め...
犬儒学派的牧歌

靴に恋する人魚/ビビアン・スー、ダンカン・チョウ * 2007/01/18 10:44 AM
いつの間にかTVで見掛けなくなったビビアン・スーちゃん。どうしてるのかなぁと思ってたら、昨年の東京国際映画祭にこの作品が出品され、そこに彼女の名前を見つけたときにはちょっと嬉しかったです。確かナンちゃんの芸能人社交ダンス部で外反母趾を悪化させたかなんか
カノンな日々