07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< TB制限 * TOP * キム・ユナ >>
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
サッドムービー: Sad Movie
2006.11.19 Sunday 18:21
別れというのは人生につきものだが、それをお洒落に描いた作品。
別れをお洒落というと、逆に鼻に付くように思われそうだが、韓流=ドロドロ、という変についてしまったイメージの対極で、実はそういったタッチの映画も韓国映画には結構ある、つまりさらっと軽いお洒落タッチを装っていてかなりいいお話を観たという気にさせる映画。

この映画は、スターがいっぱい出てるので、それを目当てでもいいし。「私の頭の中の消しゴム」「デイジー」のチョン・ウソン、「箪笥」の怖いママ?のヨム・ジャンア、「美しき日々」のシン・ミナ。

注目のイム・スジョン(「箪笥」「アメノナカの青空」「ごめん、愛してる」)は実年齢より低い配役が多かったが今回はお天気お姉さんということだがファッションも普通に年相応というかOL服でそれで違和感ないじゃないと何故かほっとした。
チャ・テヒョンは、やっぱりというか、ちょっとダメっぽいおまぬけな役だが、本作では必要以上に大げさな演技をしていなくて役を果たしていた。特に子役さんの依頼を受けるところ。

同じ民族だからなんだろうが、子役(ヨ・ジング)、チャ・テヒョン、イ・ギウと、この3人は同じ系統の顔立ちに思えた。

最初に、お洒落、と書いたが、音楽がお洒落ですね(OST)。
にも関わらず、エンディングの歌の歌詞の訳の字幕を付けないのは何故?? 韓国映画に、意味もなく日本語の歌をタイアップさせるのは辟易していたが、これも逆に手抜きのような気もしないでもない。

便乗して苦言するが、そう言えば、「ごめん、愛してる」の「アジョッシ」や「アドゥ、アドゥル」=息子 の訳が敢えて日本客に分かりやすくした意訳(異訳)であったりと、ブームにのっかるのは結構だが、首をかしげる紹介の仕方も、ちょっと気になる、今日この頃。
若者をターゲットにするのはいいんだけれど、安直過ぎるのも?

公式サイト

Sad Movie サッド・ムービー@映画生活
映画(韓国)(1) * comments(1) * trackbacks(6)
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday
- * - * -
コメント
奇跡の人の映画部屋のTBが当ブログの基準(⇒URL)の対象になりました。間違っていたらスイマセン。
2006/11/20 12:38 AM by しぇんて@管理人

コメントする








この記事のトラックバックURL


トラックバック
サッド・ムービー−(映画:2006年143本目)− * 2006/11/26 9:11 PM
監督: クォン・ジョングァン 出演: チョン・ウソン、イム・スジョン、チャ・テヒョン、ヨム・ジョンア、シン・ミナ、ソン・テヨン 評価:61点 公式サイト (ネタバレあります) 「愛はどうして終わる瞬間に一番輝くんだろう」 愛を得る喜
デコ親父はいつも減量中

サッド・ムービー * 2007/01/18 7:31 AM
何でかな?けっこう泣けました。 べつに感動したわけではありません。大きなスクリーンで観たので、映像の美しさと雰囲気が3割アップ!?ってところでしょうか。 やっぱり、ウソン&スジョンちゃんパートのラストは“かなり変”だと思いました。 リピーター..
韓国映画好き

Sad Movie サッド・ムービー * 2007/09/11 12:49 AM
消防士と手話通訳アナウンサー、聴覚障害の少女と画学生、別れさせ屋とスーパーのレジ打ち、インテリアデザイナーの母とその息子という4組の別れが描かれた作品。ひとつひとつが独立したストーリーになっているのに微妙にリンクしていたりして、同時進行で展開してい
オモヒノママニ

GTF「Sad Movie」 * 2007/09/19 10:13 AM
「Sad Movie」イイノホールで鑑賞 今年のGTFはいつも以上にがんばって応募したにもかかわらず最低の当り。怒り心頭で全部行くのをやめようかと思ったけれどもどうしても行きたかったのでwakoさんにお願いしてゆずっていただきました。ありがとうござい
てんびんthe LIFE

Sad Movie サッド・ムービー * 2007/10/18 11:25 PM
 『愛はどうして終わる瞬間に 一番輝くんだろう。』  コチラの「Sad Movie サッド・ムービー」は、11/11公開のタイトルの通り悲しくて切ない別れの瞬間を集めた8人の男女の群像映画なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  出演は、「私の頭の中の消しゴ
☆彡映画鑑賞日記☆彡

映画「Sad Movie <サッド・ムービー>」 * 2009/02/24 12:56 AM
原題:sad movie その年、梅雨はいつもより早くやってきた。レジで働く彼女を遠目に、自分の姿はウィンドウに重ねて、・・別れを告げる・・残された少し壊れた傘が物悲しい・・・ 愛の高まりに至るとき、訪れる悲しい別れ、人生の悲哀が胸に迫り心に痛い。4
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜