06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
マイウェイ 12,000キロの真実
2012.01.22 Sunday 08:39
ブラザーフッド」で朝鮮戦争を舞台に戦時の狂気とそして破綻と回帰の絆を描いたカン・ジェギュの作風は、「マイウェイ 12,000キロの真実」でも揺るぎない。

平和主義の父(佐野史郎)の意は酌まぬ冷徹将校になった辰雄(オダジョー)。軍国主義下で支配下にした朝鮮の民を見下す場面オンパレードは、
一見、嫌韓主義の輩の、ほら韓国は反日だろ、という口実を与えるか?(

しかし、ここに出てくる軍人というのは、日本だろうがソ連だろうがドイツだろうが行動パターンの類似性は担保しているのである。というよりソ連のシベリアの捕虜生活の過酷さの壮絶。

グンちゃんの「美男ですね」のすっ呆けマネージャーのキム・イングォン外科医ポン・ダルヒ など助演多数)は、「マイウェイ」で鍵となる人物(ジョンデ⇒アントン⇒ジョンデ)を演じ、分かりやすく(?)、状況によって変貌した朝鮮の小心者を好演。

ほぼ一貫して、アスリートであることを忘れないジュンシク(チャン・ドンゴン
の強さは、被支配化の中の朝鮮人の誇りという見方も可能ではあるが、
やはり一人間として何が大切かという風に素直に取るべきだろう。
「ブラザーフッド」で健気な女性(故イ・ウンジュ)を登場させたカン・ジェギュは、ここでも愛らしい妹(イ・ヨニ)を登場させたが、更には、これも民族対立が生んだ凶器が人間としての繋がりの一端を示す中国娘(ファン・ビンビン)をも登場させ、殺伐としがちな戦争映画の中に、不自然ではない彩を配した。
戦争シーンがもの凄すぎて、友情というの謳い文句が若干陳腐にさえ映るのは否めない部分があるにせよ、幼少の思い出も含め、絆は破綻があったにせよ回帰しうることを示し、結果、この映画では政治的な映画でないとしつつも、過去を踏まえた未来志向という意味でも、嫌韓や反日を撥ね付ける強さのある作品だ。

なお、この作品は真実に基づいた映画というのは違う。真実の数奇な人物に、「インスパイアされた創作映画」です。

公式サイト

マイウェイ 12,000キロの真実@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(5)
あなたの初恋探します
2011.06.23 Thursday 23:03
イム・スジョンの主演作観てきました。

「コーヒープリンス1号店」のコン・ユも主演なので、パンフなどもコン・ユがメインだし客層もそっちのファンが多いようなのだけれど、まあわたしはスジョン観にいったのです。

テーマ的には、アラサーの女性がうんぬん的な、どっちかというと苦手な内容なのだけど、全然苦手じゃなく楽しめました。

まあ、幾つか理由はあると思うけれど、若き日のバックパッカー旅行のインドの場面が雰囲気や意味深やムードだけじゃなく、インドの臭いがする本格ロケ。
コン・ユが二役なんだけれど、関係ないでしょ、関係あるのと思って、やっぱこっちの人とあっちの人とか思っていて、まあオチも許せるなあという、適度な興味引く場面。

そして若き日の時の彼の役が第一印象的に惹いていても、今時象の彼の方が抜けっぽいけど一生懸命ぽいという王道なとことか。

あとイム・スジョンが舞台監督役なんで、GOって合図するとこの決め具合とか、ミュージカル・シーンとか。
助演の俳優さんたちも好感で演じ。

逆に言うと、毒、みたいなところは何もないんだけれど、もうゴチャゴチャ言わずに個人的には好き。
あまり、内容のこと書かなかったので、詳しくはリンク先でご確認を。
ラブコメなんだけど、ベタベタしていないのでそういうのが苦手な人でもOKですので見てほしいですね。

公式サイト











あなたの初恋探します@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(1)
「彼とわたしの漂流日記」 DVD
2011.05.22 Sunday 19:13
設定が突拍子もなく、これはキム・ギドクの映画なのか、とさえ思いつつ見ていた (イ・ヘジュン監督作)。

借金苦の自殺未遂からとある島に漂流した男。人格攻撃をされたあげく対人恐怖から引きこもりになった女性。この二つをつなぐのは、ジャージャー麺なのか?っていう映画です。

こんな役に、という俳優(チョン・ジェヨン、チョン・リョウォン)の演技がいい。

ラストシーンもいいなあ。
今日、「時をかける少女」とこの映画とバス追いかける映画ばっか見てしまった。

ヘンテコな映画が見たかったので、いやー見てよかった。

公式サイト



彼とわたしの漂流日記@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(0)
「過速スキャンダル」 DVD
2011.05.22 Sunday 00:20
色々余裕なくて中断していた映画DVD鑑賞をプチ再開。
肩慣らしで、軽く見れそうな題から選びました。

過速というのは子供を若く産んだので世代間の間隔年が少ない祖父−子−孫、で隠し子のスキャンダルのお話。ラブコメちゃあラブコメだけど親子ラブコメ。

過速というので、映画の話自体もスピード感溢れるのかと思ったら、そんなことはなく、相当ゆっくり目でまったり進む。正直、水準が高い作品でもないし、完成度が高いとも思われないんだし、ネタの振り方もテレビドラマ的な雰囲気もあるんだけれど、意外にこのまったり感は、そんなに悪く思えず。ああ、こういうまったりも、いいなあと。

チャ・テヒョン(「
覆面ダルホ〜演歌の花道〜」、「サッドムービー: Sad Movie」、「猟奇的な彼女」、「永遠の片想い」)は落ち目のラジオDJ、不思議少女雰囲気の浅田真央似のパク・ボヨン(「超間隔カップル」)が押しかけ隠し子の役。

歌の場面も多く、チャ・テヒョンは元々歌も歌っていたのでそれはそれとし、パク・ボヨンは聞かせる歌は別の歌手が歌ってるが、軽めの曲は本人が歌っている。特に終盤、パク・ボヨンが見せ場で歌うシーンのキム・ジヘの歌声はしびれます。ボヨンの演技がなりきっていて良い。

公式サイト

3人の主役がそのままの携帯CM



パク・ボヨンは事務所との裁判に巻き込まれるも、去年決着し、新作映画も決まる報が去年下旬出て一線に復帰で活動も色々だったようだが、ついごく最近の今年5月(今月)にK-POPグループのBEASTのアルバム「Fiction and Fact」のTEASER MVに出演していて健在。

[TEASER] BEAST - Fiction and Fact



過速スキャンダル@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(0)
愛しきソナ
2011.05.02 Monday 05:42
製作資本で韓国・日本映画とくくっても意味はないかもしれない。それほど国家というものの矛盾を考えさせられる映画だ。国家はそこにある。というより世界中、国家だらけだ。当たり前って言えば、当たり前。その国家と云う枠にくくられた場所の下には人が住んでいる(いや、モグラやカンガルーとか余計な事はここでは言わない)。その人、自国民?外国人?出自?・・・・それは大きな問題ではあって、そうだからこそ、この映画を見る価値はある。特に頭ごなしに北朝鮮を避難する人、また、そう、拉致被害者の家族にも観てほしい。そんな映画。北朝鮮の指導者にも当然、こっそりとでもいいから観て、そして遅くないから熟考してほしい。家族について。

監督のヤン・ヨンヒさんとその家族の事がここで語られるドキュメンタリー。なんら堅苦しくない。

ヨンヒさんの父は日韓併合時代、済州島(チェジュド)(今は韓国に属す)に生まれたが、貧しさもあり日本に渡り、大戦後、既に日本に居た母カン・ジョンヒと結婚。映画の最初の方にステテコでNHKラジオ体操を座ったままして母と会話している父は、あまり健康そうでない。この父は今で言う北出身ではないが北朝鮮の理念に共感し(韓流全盛の今では想像できない人がいたとしてもおかしくないが、当時、韓国も朝鮮戦争とその後の経済の混乱で不安定であった)、朝鮮総連(日本の北朝鮮側の在日の組織)の幹部となる(映画中、そのバリバリだった父が北擁護をしていたのに拉致はいけないと認めるように諭し納得する父のシーンもある)。

この父母には息子が3人おり娘が日本にいた。息子三人は日本で差別されながら生きるよりはと、当時(今となっては問題とされるが)北朝鮮帰国事業(北は理想郷と当時喧伝されていた)で北朝鮮に行ってそこで伴侶を得て家族を持つ。一方、監督ヨンヒは兄たちのように北へは行かず日本に残り(兄妹は異なる国の住人へ)朝鮮大学へ進むということで日本でも朝鮮側の教育を受けるが、一方普通に日本で暮らし、劇団に入ったりと自分の道を一旦は親の祖国と関係なく歩む。
が、色々あってドキュメンタリーの面白さに目覚め、テレビ番組からはじまり、そして多くの海外留学経験も積み、兄達の住むそして父の祖国である北に眼を向けた映画1作目が2005年「ディア・ピョンヤン」で、それに続くのが本作。

そしてヨンヒは父の祖国に父と共に何度か通い、兄家族を撮り、特に本作の主役とも言えるソナは次兄の娘のソナ。
小さな頃のアイスクリームをほおばる可愛い姿(北朝鮮、ピョンヤンにて)、ボウリングをやる可愛い姿(北朝鮮、ピョンヤンにて)、北の愛国的な歌を披露する可愛い姿(北朝鮮、ピョンヤンにて)、外貨レストラン(自国庶民は普通入れない入らない)におばさんから食べた事をないものをということでトッポッキを始めて食べる幼さから脱皮しつつある姿(韓国では庶民の人気食)(北朝鮮、ピョンヤンにて)、ミッキーマウスの靴下をして(誰をも米国製のキャラクターと分からないから)として学校にいくも学校でのソナはおそらく普通の北朝鮮の娘なのだがカメラは追えない自己の使い分けも(無意識のうちにといえるだろうが)上手な姿(北朝鮮、ピョンヤンにて)、おばさんと劇場の前でビデオを止めた上で劇の話を聞きだし対策がぢきるようになあっていて会話(テロップのみ、姿なし、北朝鮮、ピョンヤンにてという推測が成り立つ)、最後には北に入国禁止になったおばさんのもとに英文で手紙を送る成長が期待できる大人の手前(英文専攻の大学生になった、ただしカメラが到達する事は国家の禁止によって当面叶わない)・・・・。
ってネタバレしましたが、おばさんという存在があるので、完全に日本と係わり合いのない北朝鮮の民衆の姿とパーフェクトにイコールということではないにしろ、北朝鮮の庶民の(監督の家族中心と云う前提はあるが)生活が見て取れ、とても面白いし、声高に叫んでいないが、感じて考えざるを得ない局面が幾つもあった。

国家、人を一義的に限定する虚しさより、ありのままから何が大切かの視点が存在する無数の可能性。言論が制限されかつ必要以上には日本から来た価値観を与えずとも、多分、何か(声に出さずとも)得つつあるソナ、これだけ言うべきことが多いのに我慢に我慢して何も発しない多くの今の日本人。なんじゃこりゃ、って関係ないことまで思う。

また、これはある意味では仕方がないのかもしれないが(悪用して流通させる者もでてくるから)、病気の長兄のためにせっせと(医師の処方が必要な)医薬品を送っていたのが日本の薬事行政が厳しくなり送れなくなったことと、その後の(深くは描写されていないが)長兄の不幸が痛みを感じさせられた。

父と兄の散歩も。

あと、次兄はソナの母を亡くしたのだが、その後で妻になった方の、ギターの歌は泣けます。やはり音楽はいい。
日本が制裁品に、幹部が忠誠の懐柔に使うぜいたく品で利用されることが多いからかなんかそんな理由で対象品目に楽器があった。

楽器の禁輸に日本の音楽団体が反対したことがあるのかわたしは知らない。結果、愛国瘤に利用されようがなんだろうが、楽器の禁輸とはダサいと私は思っている。

あとは医薬品は援助しつくしていいと思う。監督の家族も十分な医療でもっと長生きしたかもしれない。拉致被害者だって北にいる以上きちんと医療は受けて欲しい。人道ってそういう事なんじゃないか、と思う。

ソナはうまいこと北で良い人材となって、北がよりよい国になるようになるのに何かやってくれたら、そして笑って監督と再会できるようになったら、と願わずにはいられない。
(北、北、といわなくても、普通にもっとフレンドリーな愛称になったり、統一できたりとは、いい状況でこそ、そうなって欲しい)。

PS ポッポのシーンが多くて。そうなの、って思った。

公式サイト

愛しきソナ@ぴあ映画生活
 
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
映画(韓国)(New) * comments(1) * trackbacks(0)
ハーモニー 心をつなぐ歌
2011.02.13 Sunday 22:06
安易なお涙頂戴な映画は嫌だと時折書きながら、結局お涙映画にやられてしまうことがある。
この映画などは、まさにそうだ。

実際にあるという女性刑務所での合唱団という題材を元に、完全なフィクションも混ぜながら、刑務所内での育児と子供を放すこと、死刑囚の自己否定と自己肯定、心を閉ざした陰鬱な女が才能を認められココロを拡げていく、そして厳しい管理の刑務官や逆に服役者に甘い新米刑務官・・・。

主演の
キム・ユンジンの子を思う母ぶりがいい。シュリで惹かれた人も、闘う母セブンデイズで圧倒された人も、この映画のユンジンさんは見て欲しい。

ドラマでお馴染み(しかもヘンテコキャラが多い)の超ベテランの
ナ・ムニ(「クワイエット・ファミリー」)がおふざけから離れた演技と云うのもいい。

他に
カン・イェウォンイ・ダヒチャン・ヨンナムなど女優てんこもり。

監督は「
デュエリスト」助監督で、本作が長編監督デビューのカン・テギュ。

館内は年輩の鑑賞者が多めだったが、広く見られて良い作品。

公式サイト

輝国山人の韓国映画 ハーモニー 心をつなぐ歌

ハーモニー 心をつなぐ歌@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(0)
「京義線 〜レイルウェイ・ラブ」 DVD
2011.02.06 Sunday 01:36
ま、ちょっとどでもいい事からはじめると、邦題の〜から後、レイルウェイ・ラブとかいらない。

この映画は正直、明るい映画じゃない。というより鬱屈した想いが滲み出てくる。もっというと、生きていく(いる)モチベーションやテンションが落ちる状況の別々の男女が主人公。各々は別の事情で持って、1本の路線、京義線の韓国の民間人が普通に降りれる最終駅で出会う。その後の経緯も決して、いいお話というのとも違うし、ある意味成行き。こういうのは奇跡とかと違うと思う。だからそのように見ていて全然変じゃない。

最終駅というのが、
イムジンガン駅であり北朝鮮もほど近い。女が留学していたという事では、東西ドイツ分裂象徴のようなベルリンの事もさらっと語られる。これらも、社会的メッセージ性を持たせるというより、その時々で要因があっても、希望が塞いでいる状況の象徴ともいえる。

前に進む地下構内の運転席からの前景がよく映し出される。開けた風景ではなく、目を凝らす進路。

いいことも悪い事もあるし、見えないこともあるし。そうやって列車が進むように、或いは列車が往復するように、人の生きる道も、容赦なく進んでいく。塞がってるようにも、同じ事が単に続くようにも、負けたように生きていても、いいこともあるかもしれないじゃないか(ないかもしれないが)。てなことですね。感動作とか説明が分かりやすいとかとも違うし、芸術的な作風でもない。

そんな中途半端さ加減な感じのところが寧ろいい。

竹書房 京義線 〜レイルウェイ・ラブ

輝国山人の韓国映画 パク・フンシク 京義線 レイルウェイ・ラブ

Amazon.co.jp: 京義線 ‾レイルウェイ・ラブ [DVD]: キム・ガンウ, ソン・テヨン: DVD

京義線(きょんいせん)@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(0)
真!韓国映画祭「小さな池 ―1950年・ノグンリ虐殺事件―」
2011.01.04 Tuesday 22:50
これは長い間公に認められなかった悲惨な史実を描いた作品。

田舎の庶民の暮らしが悲惨な状況に追い込まれるのは目を覆いたくなる。
本当のことを言うと、鎮魂や平和祈念的な意味があるのかもしれないが、あんなふうにクジラを空に飛ばして好みじゃないと云えるんだが、それだけ悲惨しか残らない事件だったんだなあ。

本来攻撃されるべきではない攻撃という意味で、広島、長崎、ないしドレスデンと同じとさえいえる。(異論は承知の上)

ここでは朝鮮戦争の初期、南側の朝鮮の村民が、非確実かつ無意味な命令により、本来味方である米軍に虐殺された史実によるもの。作中、米軍の下っ端として日本語で住民を威圧し、結果的に正確に住民を指導していない日本人が何度か出てくる。既に大韓民国という主権国家で日本の領有支配が終わっているのに米軍に従属するのが韓国人でなく日本人(?)という、この作戦地域というのもびっくりする。

あとはネットで勉強。ネットなので不足や間違いもあるだろうのは保留。

老斤里事件 - Wikipedia

命令したのはウィリアム・B・キーン(William B Kean)。
この人は故人ですが、軍歴により叙勲されており、逆に戦争犯罪者扱いはされていない。(事件が明るみにされる前に物故)

2000年の英文記事
The Pulitzer Prizes | War's hidden chapter: Ex-GIs Tell of Killing Korean Refugees

2000年の英文記事
Dissent Magazine - Spring 2000 Issue - The Bridge at No Gun R...

2001年の英文レポート(PDF 58page)
No Gun Ri Incident: Implications for the U.S. Army 

2004年に書かれた英文の本事件に関する投稿。
The History Forum - View topic - The Massacre at No Gun Ri

本作品紹介 韓国Wikipedia

本作品 公式サイト(韓国)

한국영화 데이터베이스 KMDb

작은 연못 : 영화정보 : 씨네21





名古屋の映画館シネマスコーレ

輝国山人の韓国映画 小さな池

小さな池 −1950年・ノグンリ虐殺事件@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(0)
真!韓国映画祭「ソウルのバングラディシュ人」
2011.01.04 Tuesday 20:11
最初に書いておくべきは、バングラディシュからの韓国での出稼ぎ労働者を通し南北問題背景にしたこの映画。ただバングラディシュ人=貧乏人、ではない。当然国内に貧富の差があるので金持ちは日本や韓国のその辺にいる者より金持ちだったりする。まあ当たり前のことを最初に。

さて、もう最初のうちに苦言だけ。
字幕
娘と母の会話で、そうとう汚い言葉なのかしらないけれど、延々と字幕なしって?

もう一つは致命的。上映の危機とさえ言える。わたしならこの件でもって上映しないでしょうね。英会話教師がムスリム?って尋ねた箇所の字幕が「ヒンズー教?」。なぜ「イスラム教」とちゃんと字幕で書かなかったか? イスラム圏の人からクレーム来ても知らない。宗教対立煽ってるんですか? 映画中でイスラムの作法をし、アラーと唱え、なぜ、こうなる。誤訳、わざと。どっちでもダメでしょ。ほんとにどうなっても知らんぞー。漫画じゃなく、イ・ミョンバク現役大統領2箇所で揶揄する風刺的韓国映画で。マジで絶句。おしっこ漏らしそうになった。ネライがあったとしたら凄いことかも。
誤訳ってことで謝るのが吉ではないか、早急に。

てなことは、さておき、「息もできない」とは相当遠い話でしょうが、やさぐれ少女が出会うはずの無いアジョッシ(おじさん)に近づくというのは似てる。テコ○やタ○ツブシ、はてさて家の襲撃まで、おお、現代のジャンヌダルク?
キム・コッピ顔負け好演少女は彗星のように急浮上らしい(CMでソ・ジソブと共演ゲームキャラでワンガやKARAのマネージャー)のペク・チニ(ペク・ジニ)。

僅か的でもあった成長物語でもあるラストのバングラディシュ料理の見真似のへたっぴ食べ仕草方もまたよし。へたっぴがいいなああ。

名古屋の映画館シネマスコーレ

輝国山人の韓国映画 バンドゥビ

ソウルのバングラデシュ人@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(1)
真!韓国映画祭2010 「キュレーター、ジョンフンさんの恋愛日記」
2011.01.04 Tuesday 18:30
この映画の監督ソン・ジヘは韓国の女ホン・サンスと呼ばれているそうである。
実際、この映画を観て、いかにもホン・サンス映画に出てくる女に弱く、移り気な男が出てくるし、ホン・サンスの映画に出てきてもおかしくない風情の俳優達が出てくる。
だから、彼の作風が好きなら、それなりに楽しめるかもしれない。
ただ、冷め方と云うか、乾いた新婚旅行さえ、なんか、コミカルの具合はちょっともの足りない。んんーというか。

男が惚れる看護婦役は
ユン・ジュヒといってドラマやグラビア中心に活躍しているそうだ。
濡れ場はランジェリーで脱いでいないのに、主演男優の
キム・ヨンホはしっかり下着の上からでも胸をちゃんと揉んでいるなあとか、どうでもいいことに目が行ってしまった。彼の風貌で、ありあり、とは思わせられる。

絵が出てくるのでその点も少しホン・サンスの「
アバンチュールはパリで」とかぶった。というか主演キム・ヨンホが同じなのでかぶり過ぎです。

名古屋の映画館シネマスコーレ

輝国山人の韓国映画 8番目の感情

キュレーター、ジョンフンさんの恋愛日記@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
映画(韓国)(New) * comments(0) * trackbacks(0)