12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
訃報 加藤和彦さん
2009.10.18 Sunday 12:48
加藤和彦さんが昨日亡くなられたそうです。
謹んでご冥福をお祈りいたします。


右欄のお薦め商品の上位に加藤氏作曲の「あの素晴らしい愛をもう一度」(三輪明日美カバー版・シングル)と「白い色は恋人の色」(RIKKIカバー版・ミニアルバムに所収)を上位に示しました(現時点)。

JUGEMテーマ:ニュース
音楽(日本)(1) * comments(0) * trackbacks(0)
プレミアム10「松たか子・彼女が歌う理由(わけ)」
2007.11.08 Thursday 01:21
過日、仮でお知らせしたのの正式タイトルです。詳細はこちら

音楽(日本)(1) * comments(1) * trackbacks(0)
松本隆 作詞 コンピレーションCDの楽曲 ペ・ドゥナ入りました。
2007.10.23 Tuesday 00:42
松本隆さんの作品のコンピ・アルバムの『風街少年』と『風街少女』の全楽曲が発表されています。うち、「風街少女」の方に、韓国のキュートな女優ペ・ドゥナがヴォーカルのパーランマウムの「ビーズ細工」が入る事になったようです(ぱちぱちぱち)。

個人的には、みどりちゃんが選から漏れたのがちと残念です;; しまったアイドル・コンピってわけじゃないんだし・・・意味不明


風街少年・・・KinKi Kids「硝子の少年」、冨田ラボfeaturingハナレグミ(永積タカシ)「眠りの森」、寺尾聰「ルビーの指環」、C-C-B「Romanticが止まらない」、原田真二「てぃーんず ぶるーす」、氷室京介「堕天使」、小坂忠「しらけちまうぜ」、大滝詠一「雨のウェンズデイ」、鈴木茂「サマー・ワイン」、はっぴいえんど「十二月の雨の日」、ラッツ&スター「Tシャツに口紅」、渋谷哲平「Deep」(♪ でいーぷあおいうみうみうみ♪)、少年隊「ABC」、吉田拓郎「言葉」、近藤真彦「ハイティーン・ブギ」、氷室京介「魂を抱いてくれ」、YMO「君に、胸キュン。(浮気なヴァカンス)」、KinKi Kids「薄荷キャンディー」、TULIP「夏色のおもいで」、大瀧詠一「指切り」、原田真二「タイム・トラベル」、水谷豊「やさしさ紙芝居」、桑名正博「セクシャル バイオレット No.1」、イモ欽トリオ「ハイスクール ララバイ」、オリジナル・ラヴ「夜行性」、南佳孝「スローなブギにしてくれ(I want you)」、C-C-B「原色したいね」、森進一「冬のリヴィエラ」、はっぴいえんど「風をあつめて」
風街少女・・・太田裕美「さらばシベリア鉄道」、やまがたすみこ「夢色グライダー」、松田聖子「蒼いフォトグラフ」、中森明菜「二人静 『天河伝説殺人事件より』」(もし本当に聖子と明菜連順だと凄いね)、薬師丸ひろ子「探偵物語」、竹内まりや「September」、本田美奈子「Temptation(誘惑)」、原日出子「約束」、安田成美「風の谷のナウシカ」、斉藤由貴「卒業」、神田広美「ドン・ファン」、松たか子「Clover」、アグネス・チャン「想い出の散歩道」(♪)、高田みづえ「パープル・シャドウ」、中谷美紀「いばらの冠」、中森明菜「愛撫」、Chappie「水中メガネ」、太田裕美「木綿のハンカチーフ」(裕美さんは有名曲で来たんですか)、斉藤由貴「初戀」、山下久美子「赤道小町 ドキッ」、松田聖子「レモネードの夏」、畠山美由紀「罌粟(けし)」、中島美嘉「CRESCENT MOON」、桜田淳子「リップスティック」、三木聖子「三枚の写真」、小泉今日子「魔女」、パーランマウム「ビーズ細工」、竹内まりや「象牙海岸」、薬師丸ひろ子「Woman"Wの悲劇"より」
音楽(日本)(1) * comments(2) * trackbacks(2)
松たか子スペシャル(仮)
2007.10.22 Monday 22:37
NHK総合テレビで、音楽活動10周年を今年経過していて今年久々にコンサートツアーを行った女優・歌手の松たか子さんのドキュメンタリー番組を放送するそうです。
「プレミアム10」11月9日(金)夜10:00 - 11:00

情報 club.Mの記事

LIVEのDVD「MATSU TAKAKO concert tour 2007 “I Cherish You” on film」は11/21リリース。
音楽(日本)(1) * comments(0) * trackbacks(0)
訃報 HONZI
2007.10.02 Tuesday 21:12
気がつくのが遅くてごめんなさい。

ヴァイオリニストのHONZIさんが9月27日に亡くなりましたbounce.comニュース)。

近年は、フィッシュマンズへのライブ参加などの活躍などでも有名でしたが、わたしは奄美の歌姫RIKKIのLIVEにピアノの黒田亜樹さんとHONZIさんとが演奏していた頃の印象が強く残っています。

RIKKI&AKI久しぶりのLIVEの2日前とは。。。

謹んでご冥福をお祈りいたします

追記:Story Of Pupils (YouTube)


音楽(日本)(1) * comments(1) * trackbacks(0)
「ZABADAK LIVE 〜私の罪は三千年〜」 (2007)
2007.09.23 Sunday 23:17
昨年に続き、ZABADAK LIVE〜私の罪は三千年〜(郡上八幡 ・照明寺)に行きました。
開始前に施設の写真をネットに流さないようにきつい注意を受けたので今回は施設風景はなしです。去年のは消してないんだけれど。。。

お寺に行く前は、郡上の長良川の上流域を道路が続いてそこから行く訳ですね。釣りをしている方も多いです。


今回も去年と同じように吉良知彦さんと小峰公子さんに加え、Rivendellのお二人、アイリッシュ・ハープの木村林太郎さんとアコーディオン藤野由佳さんが参加していますが、このメンバーで今年は日本の北の方をツアーされてたんですね。

今回のライブも楽しかったです。吉良さんの音楽はやっぱりすごいし、吉良さんを公子さんと由佳さんが支えあい対決みたくなってて(謎)、林太郎さんはRivendellの音楽とは色が違うZABADAKの演奏に挑んでるみたいなところがあって。わたくしはゆったりしたり、ある時はノリながら聴いたりしていて、さらに先の書いたような四人の「様子」を満遍なく観察しつつ聴いているので、聴くのにリラックスしていて同時に集中してるんだべさ、わちきも。そんで楽しかったってばさ。
体調が悪かったけれど、ライブ中においらの首の痛みは出なくて良かった。

細かいライブの感想やセットなどは他の濃いファンのどなたかがアップするんだろうと思いますから(厳密には覚えきっていないから)略しますが、このライブに関わる事としては、今年でたZABADAKのアルバムのうち「回転劇場」の中の「雲の言葉」は照明寺の住職さんの要望に応えてできた曲ということでアンコール含め2回演奏されました。最新アルバム「宇宙のラジヲ」はRivendellも全面参加していてこのライブの雰囲気に近いということで、帰りに聴いたけれど、往年のZABADAKの人気曲もしっかり入っていて、アコーディオンやアイリッシュ・ハープが入ったので新しく聴けて素晴らしい仕上がりなので、初期ZABADAK好きの方も再発見のために聴いてみて欲しいです。この中の「秋霖」は藤野由佳さんの曲で遠野に行った際に感じたのが曲になったそうです。
来年は、どうなるのかな。罪は減らないそうなんだけれど。

PS ZABADAK目当てで聴きにいってリンタウロスが気になった方は、実はとても哀愁深い彼のRivendellでのアイリッシュ・ハープの演奏はとZABADAKのLIVEとではだいぶ趣も違うので、是非聴いてみてください(「Blessing」、「Aeolian」)。





ZABADAK公式サイト CD通販あり
Rivendell(リヴェンデル)サイト CD通販あり
藤野由佳さんの活動サイト

PS2
Rivendell関連
Kircheみとせのりこさんのソロ・アルバム「カタン」に参加。実はまだ手に入れていないので(すいません・・)入れなくては。Kirche自体にもそろそろ動きがありそうですね。。


音楽(日本)(1) * comments(0) * trackbacks(0)
パギやんの歌うキネマ|予告編
2007.09.05 Wednesday 07:17
パギヤンこと趙博さんが、名作映画を語り唄うという、
「パギヤンの唄うキネマ」という一連の公演が今までそしてこれからも続けられております。
このほど予告編動画が公認でアップされているとのことで紹介します。



この公演シリーズは行こう行こうと思ってて行けていなかったのですが(ミアネヨ)、
パギヤンのライブは行ったことがあります


パギヤン公式サイト

詳細な情報などが見られます。パギヤンについては是非ご記憶ください。


音楽(日本)(1) * comments(0) * trackbacks(0)
ZABADAKとRivendell
2007.09.03 Monday 23:01
去年行ったイベント「ZABADAK LIVE〜私の罪は三千年〜」今年もあるようですね
最近休日に仕事が入る事もありまだ分からないけれど、行きたいなあ。あまりギリギリに申し込むと定員枠に入れず取れないかなあ。ま、その時は次の年に・・・!
ZABADAKの新譜「宇宙のラジヲ」ももうすぐ出て(ライブ会場や通販では発売済み)、Rivendellも参加してるんだね
これもまだ手に入れてないし(><)。まあそのうち買うのは間違いないんだけれど。。

ZABADAKのサイト
Rivendell藤野さんのサイト
音楽(日本)(1) * comments(0) * trackbacks(0)
松たか子 コンサート・ツアー2007 "I Cherish You" @名古屋
2007.06.18 Monday 00:06
松たか子さんコンサートに行ってきました。
最新アルバムの「Cherish You」収録の「春風スクランブル」など新しい曲や、懐かしいあの曲たちまでむっちゃ感動しました。周りに迷惑にならないようにクチパクで歌詞を(多少うろ覚えながら)一緒に口ずさんで楽しみました。
松さんのコンサート・ツアーは3回目で1,2回とも行ってるのですが、4年前の2回目は、中野じゃなく大宮でチケット取ったのに中野に行ってしまい大宮に着いた時、ほぼ終盤数曲のみというドジを踏んでいるのでほんとに久々にまっつんフルコンサートを楽しんだ感じです。
演劇の舞台も東京にいた頃はほぼ欠かさずに行ってた時期がありましたが、こっちに来てからはあれやこれやに出てたのを見逃していてファン失格状態(汗;;

一緒に歌ってたと上に書いたんですが、やはり歌ってみて気が付くのは、結構染みて来るいい歌詞の歌をいっぱい歌ってたんですよね。今回のツアーは楽器にもかなり挑戦してるし歌力もすごくパワーアップしてました。松さんはフルタイムでやってないハンデはあっても近年の日本を代表する女性歌手の一人としてもっともっと評価されていいはずですよね。とにかくヒトのことはいえないが、おっちゃん達が元気になれるコンサート。あの歌この歌に涙しました。個人的にここの処、多数のごちゃごちゃした状況より凄いダウナーで自棄気味になっていたストレスがかなり緩和され良い影響を受けました。
松たか子さんとスタッフ・演奏者の皆さん・楽曲提供者・その他関係者さんに感謝します。

まだツアー中だし細かいネタバレはなしにして画像で補足します。では。



音楽(日本)(1) * comments(2) * trackbacks(1)
鬼束ちひろ
2007.06.03 Sunday 22:29
ああ、復活してくれたんだね。世の中に疎いので気が付くのもテレビに出たのを知ったのも後だけれど。
ニューシングルは曲も詞も、以前のイメージに近いものですね。
最初は近い形から復活でいいのでしょう。彼女の経緯から、細かい楽曲の評はしません。
兎に角コンサートは一度しか行ってなかったので、今後また会えるのかもしれないなあ、ということで。

公式サイト

Yahoo!特設サイト
音楽(日本)(1) * comments(0) * trackbacks(0)