04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「悲夢」 DVD
2010.02.07 Sunday 22:38
ギドクの作品だか文句を言わず観に行っていればいいものを、ちょっと躊躇し映画館で観ずにDVD化されても今まで放置していた作品。

韓国が舞台で
オダギリジョー演じる男が日本語で喋るが周りは理解する(∴朝鮮語を喋っているのと同じ事)というのは、確かに変であっても、ギドクの作品そのものがそれでなくても妙な訳だから、妙にちょっと妙な要素が更に付加されたということで、そこはオダギリの演技ということもあり、実際は気にならなくなっていく。

話は男が夢で見た事を夢遊病の女(
イ・ナヨン演)が実際に行ってしまうという話が筋で、ここで男と女が状況を理解しあった段階で、交代に眠ることを徹底すればなんら問題は起こらなくなるという、四角四面に物語を捉えてしまうと、どうしようもなくなるのだけれど、そういう意識はどうしても見ていると高まるのは仕方がない故に、それが逆手となって見る者に、「もどかしい」という感覚が出てくる。

この映画は雰囲気が独特で、彫刻で印を刻んでいるオダギリの様子や部屋の雰囲気、イ・ナヨンの服飾業のアトリエ的な部屋、界隈として登場する韓国の古い家屋や寺院、そういった映像美の雰囲気はなかなかです。

先に「もどかしい」と書いたが、理詰めで行動する部分において詰めの甘さががあった2人は結果、現実生活としてはどんどん望んでいない方向に進んでいくのであるが、ギドク世界の傷付け合う愛、といった彼の作品で繰り返し出てくるテーマ性に入り込んでいくものとして昇華されていくものであり、納得できるか否か、或いは蝶の表す魂の顕現もあいまって、エスニックな音楽の使い方がちょっと意外感がなかったり、夢の内容自体もも「」や「」に出てくる夢のように意外な夢と云うより、直接行動しやすいという意味で不思議的高揚感が全くないというのに、ちょっと意外だったりというところはあっても、白黒同色や結末を含んでも、全ての対立項に対する解決の夢がないのも逆の意味で認識できてしまう、そんな人の世界は悲しいのであるな作品。

他に夢の作品といったら
黒澤明 「
夢 Akira Kurosawa's DREAMS」、園子温「夢の中へ」(オダギリジョー出演) など。

公式サイト

キム・ギドク×オダギリ ジョーが映し出す、美しく儚い世界|ウーマンエキサイト トピックス

悲夢〈ヒム〉@ぴあ映画生活

JUGEMテーマ:映画
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(0) * trackbacks(5)
ブレス
2008.07.21 Monday 21:58
四季が重要なポイントというのは、キム・ギドク監督なので、「春夏秋冬そして春」を当然に思い出す。囚人の面会室の場があり、「私たちの幸せな時間」、「ユア・マイ・サンシャイン」といった韓国映画にもあったとかは野暮であって、あくまでギドク映的な寓話風になってる。あくまでギドク映画だとしても、寧ろギドクギドクはしてないのがこの映画の面白いところかな。ギドクも特別に見られ過ぎるのを煙に巻いているのかもしれない。それは冬のシーンに感じられる。雪だるま人形風並べ、って冬ソナを意識してるなんてなしとしても敢えて、えっギドクが描く映画に・・・?と思えたり、アダモの雪が降るであったり。
懐メロみたいなのを使ってるのは、台湾のチャン・チェンを起用してる事と何ら無関係なんだろうけれど、台湾の蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督が「西瓜」でうまく(こちらは台湾の)懐メロを使ってたミュージカルもどきなような面白みがあったり、最後の雑魚寝シーンも同監督「黒い眼のオペラ」風味でもある。チャン・チェンはツァイ・ミンリャンの映画に出てるわけではないが、台湾ニューウェーブ映画の申し子ともいえるので偶然にしろ面白い。死に切迫していて厳しいお話と癒し風味をミックスされてしまうのが凄いところだな。

公式サイト

ブレス@映画生活



JUGEMテーマ:映画館で観た映画


映画(キム・ギドク/韓国) * comments(0) * trackbacks(12)
鰐 (ワニ)
2007.05.17 Thursday 00:12
名古屋シネマテークでのキム・ギドク特集上映にて

いよいよデビュー作観ました。なんて「汚い」立ち上がり。最初からインモラル的な描写満載だったんですね。そしてこれでもかと。
もうこのデビュー作の段階で、ギドクは描きたい世界がほとんど完成されてるんだ。だから後はそれをいじくってるという訳で。
これは猟奇じゃないんだね。大袈裟かもしれないけれど、彼の理想でしょ。
時計じかけのオレンジ」じゃないが、浮浪者愉快殺人者たちの受刑者に強制的に見せる材料になるかもですね。

漢江のとある映画にギドクが反応したのは分かる気がする。
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(2) * trackbacks(5)
リアル・フィクション
2007.05.15 Tuesday 01:14
殺意(悪魔の囁き)の物語。
劇中劇の手法に思えて幻惑させる。
チュ・ジンモの表情、様子があり得すぎる。
ぞくっとする作品です。映画への挑戦でもある。

シネマコリアでの詳述解説

名古屋シネマテークでのキム・ギドク特集上映にて
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(0) * trackbacks(6)
ワイルド・アニマル
2007.05.13 Sunday 12:23
キム・ギドク監督の初期作品(2作目)が名古屋シネマテーク公開されたので観ました。
といっても、この作品、原題として「野生動物保護区域」として、どんな作品だろうと思っていたが。このままの題の方が好きです。

これは殆ど学歴がない監督自身が、絵を描いたりのためにフランスのパリに行っていた事があり、その際の体験が(映画へ真実がどの程度反映されているかとか野暮な話は抜きにして)モチーフになっているとのこと。そういうわけで周囲の低い評価にもかかわらず監督自身は好きな作品としている。

低評価の部分は一目瞭然です。ギドクの評価されている作品の多くは、人物が何を考えているのか謎であったり極端だったりするのですが、この作品では描写やキャラクター人物像が一見して類型的であったりしていて、その点で肩透かしになります。また演出も音楽の使い方など安っぽいテレビドラマみたいで低劣に思えます。また女性のヌードが多く登場し、有名になってからもフェミニストからの攻撃対象になってしまうというのは、ここでも現れているかもしれません。

しかし初期作品としてみた場合、既に後のギドク作品に含まれる要素が多く見受けられ、駄作だろうがなんだろうが彼の作品をみんな観たいという場合は不満にはなりません。
宣伝にもあるようにマニアックなのですが、本の話になりますが個人的にこれと似た印象は、SF作家のP.K.ディックの作品がやたらサンリオ文庫から出ていて、結構PKDマニアが評価の低いものだろうが何だろうが読んでいたという状況のようです(ちなみに当方はPKDは誉れ高いのがいまだ未読でサンリオばかり読んでました、苦笑)。

野生動物というのは、フランス・パリに芸術家志望などで集まってきた海外からの若者、特に豊かでない国ないし出自の者がひどい暮らしで、まっとうな人間でないのかどうなのかということのようで。それは監督もパリで体験した部分があるのかもしれず、だからこそ監督自身が愛着があるのでしょう。

逆に既に世界での名声を確固としたギドクが今後、これだけ俗っぽくB級風味(というかC級)たっぷりの作品を作ってくれるでしょうか? そういう意味でも面白い位置の作品。たまには作ってくれてもいいかもね。

俗っぽさの象徴は、チャン・ドンジク演じる無責任ちんぴらさんチョンヘ。彼でこの作品の特性が決まっていた気がしましたが、ドラマ「砂時計(モレシゲ)」のお調子ちんぴらイ・ジョンド(チョン・ソンモ扮す)が思い浮ぶダメな奴。でもチョンヘはジョンドよりはいい奴だな(かも)。
ちなみに、主役二人の韓国人チョンヘは青い海、北朝鮮人ホンサンは赤い山という意味だそうです。青と赤は朝鮮民族の伝統色で、北朝鮮の国旗にも、韓国の国旗にも使われています。
この青と赤は「」でも使われていました。


ちなみに上映された作の品質の注意点その2ですが、映像が粗かったです。立体感の無い色彩不鮮明で、縞模様が現れていて非常に観るのが難儀でした。元々撮った時点でそうだったのか、デジタル処理でそうなったのか、日本版移行でそうなったのか、映写のせいでなのか気になりました。ご存知の方、教えてくださると助かります。この影響が続いているとしたら、一般的にお薦めできないことになってしまいますので。

ネタバレ(もう1作「鰐」についても含む)有りの朝鮮日報記事

キネマ旬報映画総合研究所所長のギドク監督インタビュー
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(1) * trackbacks(6)
絶対の愛
2007.05.13 Sunday 00:58
名古屋映画館の良心、名古屋シネマテークに表題のキム・ギドク監督作品を観に行きました。
異端の作家うんぬん言われてますが、これまで観た作品はどれも個人的に好きなもので、この新作は楽しみにしていました。
狂気と愛、贖罪、痛い肉体と痛いココロ・・・・そういった彼に(概ね)欠かせない主題がここでも見られ、「整形」をテーマといっても、単に綺麗になりたいだけ、の整形とは全く違った意味合いで、また特に主演のソン・ヒョナさんは「女は男の未来だ」や「スカーレット・レター」で難しい役をこなしていた存在感ある女優さんだけはあって監督の期待に応えた演技じゃないでしょうか。


キム・ギドク監督作品の一部にはちょっとグロテスクに思える映像があることは知ってる方は知ってますが、この映画も手術映像があるので苦手な方は予めご注意を。

整形の話ですが、単にルックス綺麗になりたいという話じゃない訳なのに、最初のほうに可愛い喫茶店店員役で杉野希妃(ソ・ヨンファ)さんを出したのは逆の意味でうまい出し方でしたね。彼女を知らない方は、当ブログ激写コーナーか、(わたしは番組観た事ないですが)「ぷっちぬき×Eネ!:テレビ東京」での超天然新人メイクさんキキちゃん対アニマル浜口、お顔がちっさいのはどっち対決をご覧の上彼女のお顔をしっかり覚えてこの映画をご覧になり、さらに「まぶしい一日」もご覧になってくださいませ。

パンフレットは監督好きなら豪華でもいいでしょうが、そうじゃない人には高いかも。中村うさぎさんの書いた記事が良かったです。ヒョナさんのインタビューも欲しかったけれど。
個人的に気に入らないのは(敢えて書くと)、「スーパー・ギドク」とか「異常天才」とかの宣伝文句が逆に安っぽいのと、「奇想か。・・・うんぬん」と書いた後の思い切りネタバレを大きい活字でパンフレットに載せていること。配給・公開してくれたのはありがたいが、何かセンスが違う感じがしてしまうのは私だけでしょうか?
監督来日のパーティーがありお金を払って行った一般の方が怒っている記事を書いてます。この方は怒って書いてますが、仮に理不尽な目に遭ったとしたら、それこそギドク的世界じゃないでしょうか、と思ってしまう私は不謹慎でしょうか?

同じ日に同じ監督の初期作品「ワイルド・アニマル」も観ましたが、感想は後日改めますので済み)、ここでは外部参考記事を載せておきます。

公式サイト

絶対の愛@映画生活
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(2) * trackbacks(17)
2006.12.16 Saturday 20:47
キム・ギドク監督の作品。サマリアにも出ていたハン・ヨルムの存在感が絶品。
天と交信している愛なのか、幼稚であるのか、ギドクにしか撮れないねこれも。婚姻衣装の韓服が美しい。青と赤と鶏も。

公式サイト

弓@映画生活
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(0) * trackbacks(8)
DVD 「悪い女  〜青い門〜」
2006.10.09 Monday 00:00
「青い門」を観た。

好きな作家キム・ギドク監督の旧作を今になってレンタルで。
保守的な人々にとって受け入れられないようなインモラルを描きながら、やはり揺さぶられてしまったな、この作品にも。機軸がちゃんとあるので意外に分かりやすいしストレートな作品だと思う。

イ・ジウンの雰囲気と顔。イ・ヘウンの短髪と変化。

かつてのATG映画の匂いをキム・ギドク監督作品に感じる人は多いようだね。

悪い女@映画生活
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(0) * trackbacks(1)
キム・ギドク監督がちょっと心配
2006.08.22 Tuesday 22:25
韓国の鬼才、キム・ギドク監督グエムルについて語った余波で、なんか大変です。
朝鮮日報記事より。

うーむ。

あ、でも少なくとも日本で「弓」はもうじきですね。
映画(キム・ギドク/韓国) * comments(0) * trackbacks(1)