06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「向かいの窓」 DVD
2009.10.17 Saturday 10:11
向かいの窓と云うと、向かいの家での犯罪を目撃してしまったとか、向かいの家の住人を覗いて楽しむか恋するかってところだが、ここでは少々の気心が進む事が物語の中で見て取れるが、映画の中身は人生の中での出来事の記憶、不遇でも生きる、自分を変える、他人に影響を及ぼすといった内容を含んだ哀愁さえ伴う人生を語る映画。

冒頭で暴行現場の映像が出てきてそれは謎のまま後半に何だったか分かるという風だが、もうその場面を過ぎると何やら不仲らしい夫婦が出てくる。記憶が不明らしい老人(老紳士?)を披露は目拾う羽目になるものの、夫は夜勤で子供好きだが所謂平凡な人間。そんな夫を不満に思う美貌の妻は自分もつまらない仕事をしていたり不満もたまっていてイラっとした事を夫にぶつけて口げんかが絶えない。
拾った老人を住まわせせることになり不満たらたらの妻は、しかし徐々に老人と親しくなり老人の過去などに接近したりもするが、彼の才能のある元・職業と妻自身の夢が絡み合う。
そして老人の身元捜しなどで協力する事になった男が向かいの家の住人であって。お互いに関心があったことが分かりその面でも話は進展していく。

それらの事が過ぎ行きていって、女はしみじみと思いを噛み締めるラストに至り人生というものの郷愁を語った映画。

音楽もエキゾチックだったり哀愁のポップスだったりと良い感じです。

ONLY HEARTS - 『向かいの窓』 La Finestra di fronte

The Internet Movie Database (IMDb): La finestra di fronte (2003)

The Internet Movie Database (IMDb): La finestra di fronte (2003) - Soundtracks

The Internet Movie Database (IMDb): Sezen Aksu

Sezen Aksu - Wikipedia, the free encyclopedia

YouTube - Sezen Aksu & Özcan Deniz - Karşı Pencere

The Internet Movie Database (IMDb): Giorgia

Giorgia.net - Spirito Libero Official Website

YouTube - Giorgia - Gocce di memoria (la finestra di fronte)

Amazon.co.jp: La Finestra Di Fronte: Original Soundtrack

向かいの窓@映画生活


JUGEMテーマ:映画
映画(イタリア) * comments(0) * trackbacks(2)
湖のほとりで
2009.07.21 Tuesday 01:01
この映画はミステリーという部分でいうと、その結論の解釈は少し知恵が必要かもしれない。
敢えて言えば、自らの運命を知っていることにより、贖罪を実践させるように促す最大限の努力、なのかもしれない。そこのところは想像する他はないのだが。。。

湖や緑の木々のある小さな村で、ある少女の失踪事件から始まって、若い女性の殺人事件が分かり、刑事が聞き込み調査を始める。映画鑑賞者はその捜査の進展を見守る事になるが、刑事の捜査が正しいのか疑念を持ちながら、怪しい人物が登場してくるのを見つめる。
しかしこの映画は捜査そのものというより、その過程で分かってくる人々の抱えた問題であり、プライベートと人のつながりの微妙さでもある。
刑事自信も家庭に曇りがない訳ではない。捜査によって生じた心情からか、彼はその曇りにも対処する事となる。

景色の美しさは確かだが、これは景色だけなら日本で撮れそう。だけれど本作に関してはイタリア俳優の渋い演技がなかなかです。とっても感動する作品というのとは違いますが、渋い作品が好きなら来る作品ですね。

エル・スール」の不思議パパ、オメロ・アントヌッティが登場は短いものの、知的障害者のおとっちゃん役で登場。

公式サイト

湖のほとりで@映画生活

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

映画(イタリア) * comments(0) * trackbacks(16)
「ホテル・ワルツ」 DVD
2009.02.22 Sunday 22:40
ワンカットで現在・回想シーンや異なる状況の展開を滑らかに、でも緊張感を持って作られた技巧的にも物語の哀切も優れた作品。
ホテルを舞台にホテル従業員・宿泊ないし訪問客を描く作品でジャンル作とも言えるのだが、客室係(メイド)の女性のささやかな将来への道、過去の同僚との想い出(楽しいないし後の苦悩にもなる)、娘に会いに来た男、スポーツ裏を操ろうとする輩達。
決して派手な作品ではないですが、不思議な余韻に満たされます。詰まらないつまらない事についてどうあるべきかじゃなく拡げた手に触れるもの。綺麗汚い、うまい下手・・・人生。

日本でのDVD販売販売はパッケージ裏にてエッチもの的にしてあったり変であるが、ここは「胡蝶」を「
蝴蝶 羽化する官能」にした前科も含めこういう方針なので、嘘じゃないけれど割り引くこと(重要な場面だけれど極めて短時間)。商売だからいいんだけれど。

ワンカット名画、このブログでは
「マジシャンズ」を以前採り上げましたが、好み的には「マジシャンズ」ですが、場面の多さや登場人物の多さからして、この映画は相当に練られた作品でしょうね。

Amazon.co.jp: ホテル・ワルツ [DVD]

驚異の85分撮りっぱなし!ワンシーンワンカットの衝撃作登場 - シネマトゥデイ

ホテル・ワルツ@映画生活

JUGEMテーマ:映画
 
映画(イタリア) * comments(0) * trackbacks(2)
ミルコのひかり
2007.11.04 Sunday 21:01
事故でほぼ目が見えなくなったミルコ少年。目が非自由な子供は一定の職種に就くことを前提とした厳格主義の盲学校。しかし音の面白さに気がつきその才能があったミルコは音を探し工夫して音をメインにした作劇へと周囲を取り込んでいく。
湿っぽさがあまりなく、ハンディがあっても自由への道という面が絡んで内容も確かですが、それもさることながら、子供たちが実にいいです。
欠点としては、イタリア語の映画なので、日本語字幕だけでは目の不自由な方が楽しめない事かなあ。
解説ナレーション付き日本語吹き替え版はDVD待ちですかね。

公式サイト

ミルコのひかり@映画生活


映画(イタリア) * comments(0) * trackbacks(2)
トリノ、24時からの恋人たち
2007.03.10 Saturday 10:54
悪く言えばチンピラさんと付き合ってる娘さん。映画博物館にお勤めの内向的な旧い映画マニア。そしてちんぴらさんなのに最後は憎めない奴。
旧き無声映画の愛すべき場面と、現在がシンクロし、地味でいて、あくまで現代のトカイビトを描いている。そして語り口が知的。都市トリノが美しく撮られてる。
去年秋から公開を地方なんで新作として公開の館があり観に行った。パンフ売っていなくて残念。

ハンバーガーショップ店員恋愛モノにはまった変わった感想を懐いた場合は、香港映画「ラブソング」もね。←こじつけで本作品とは関係ないです。

公式サイト

トリノ、24時からの恋人たち@映画生活
映画(イタリア) * comments(0) * trackbacks(2)