04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
平山素子 『After the lunar eclipse/月食のあと』 リ・クリエイション
2011.07.24 Sunday 20:10
7月23日 愛知県芸術劇場にて。

コンテンポラリー・ダンスは結構好きなんだが、腰が重くなかなか行けていなかった。

光を場面毎に異なった印象で扱い、それこそ月蝕のように限定されるような光の限定的な移動の中を身体も移動したり、闇の中で星が煌くように電飾をまとい身体が存在か空虚かの狭間を行き交いながら舞い、幻想的で神秘的ながら、ダンス自体の身体表現も素敵で良かったと思います。

平山素子 『After the lunar eclipse/月食のあと』 リ・クリエイション

平山素子オフィシャルウェブサイト



JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
舞踏 * comments(0) * trackbacks(0)
朗読と現代舞踏
2007.08.09 Thursday 21:32
YouTubeでの配信動画は著作権・肖像権上、法的に問題がある可能性があります。問題であり見たくないとご判断の方は、画面をクリックしないで下さい。

異様な空間が好き。我を忘れて見入ってしまうから。
こんな朗読&舞踏の空間はいいな。現代舞踏は好きだけど、なかなか行く機会を外したり、そもそも詳しくない。

この動画の神沢敦子さんという方も、YouTubeで知った訳ですが、一度観てみたいな。怖いけど。



この動画は神沢敦子公式サイトでも同じものがありました。

自作を朗読しかつ踊ってるようですね。

リンクつながりとかは相当インモラルかつヤバスギだから、はまったりはしないでしょうが。。。異端の幻惑。

平和とかなんとか言っていてインモラルも許すのって許容度としては自分、支離滅裂だなあ。。。




舞踏 * comments(0) * trackbacks(0)
花嵐 ダンス@七つ寺
2007.01.27 Saturday 23:40
女性三人組の花嵐の舞踏公演「人間は食べずに生きられるほど自由じゃない」(の再演)を大須観音近く七つ寺共同スタジオに行った。

体の線を出すのも現代舞踏の重要な表現だが、この公演はそういう部分は抑制されたものであった。けれどアングラっぽい匂いがして楽しい。むっちゃヘンテコな動きと表現・表情。
人間の執着とか束縛からの解放なんかを想起させつつ、びっくりしたり思わず噴き出したりと、観ているこちらもワクワクでき異様な感覚も持てる内容でした。
現代舞踏ファンだけでなく、ちょっと珍しいものが観たいという野次馬の方にも、名古屋もう一日ある(投稿時点)よ、と伝えておきます。

結構アンテナがありそうな若い女性の観客が多かったですが、フランス語をしゃべっておられた外国の方らしい方も観てました。
舞踏 * comments(0) * trackbacks(0)