06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
2014.01.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
ロッテルダム国際映画祭2011 プレ上映リスト
2010.12.26 Sunday 15:13
公式サイトのリストを見ています。


詳しくないので、ちょっとだけ抜き出し。アジア中心に。

鋼のピアノ」(チャン・メン監督、中国)
「The High Life (
尋歓作楽)」(Zhao Dayong(趙大勇)監督、中国)
 「Breakfast,
Lunch, Dinner」(オムニバス作品、シンガポール)
End of Animal」 Jo Sung-hee (조성희)監督、出演:イ・ミンジ、パク・ヘイル、韓国)
「台北星期天
Pinoy Sunday」(Ho Wi Ding (何蔚庭)監督、台湾・フィリピン、ほか)
Film socialisme」(ジャン=リュック・ゴダール監督、フランス)
Love in a Puff」(パン・ホーチョン監督、出演:ミリアム・ヨン、香港)
冷たい熱帯魚」(園子温監督、日本)
「アジアの純真」(片嶋一貴監督、主演 韓英恵、日本)
十三人の刺客」(三池崇史監督、日本)
歓待」(深田晃司監督、出演:杉野希妃、日本)
春との旅」(小林政弘監督、日本)
The Tiger Factory」ウー・ミンジ監督(マレーシア)
」(イ・チャンドン監督、韓国)
Somewhere」(ソフィア・コッポラ監督、US)
「Inter View」(
牧野貴監督、日本)
避けられる事 (Exhalation)」(エドモンド・ヨウ監督、出演:杉野希妃、日本・マレーシア)

以下手抜き、「Fatiha」(Margaret Bong監督「、マレーシア)、「Famous Last Words」(Ho Yuhang監督、マレw−シア)、「One Day I Forgot and Used My Hands Charles」 (Lim Yi Yong監督、シンガポール)、「Police Game」 (Lai Meng-Jie 監督、台湾)・・・・・

JUGEMテーマ:映画
 
映画 * comments(0) * trackbacks(0)
映画が好きな人は・・・ えんとんじえいがさい
2010.11.12 Friday 20:37
ミーハーじゃないからアイドルなんて構ってられないと云う、映画ファンな方は、円頓寺映画祭に行くと吉らしいです。
チェ・ヒョンヨン監督のトークイベントがお薦め企画とのことです。
名古屋近辺の方は良作映画の鑑賞の選択肢としていかがですか?

すっかりKARAブロと化しているので、なんの説得力もありませんが。。
 
JUGEMテーマ:映画
 
映画 * comments(0) * trackbacks(0)
3Dで観たやつ、アバターはみてないけど
2010.04.29 Thursday 22:46
「ココラインとボタンの魔法」・・・微妙(良い点はあったと思うが)。 「アリス・イン・ワンダーランド」・・・微妙(キャラはいいが物語がだるくて飽きてしまう)。。。結末もときめかない。

JUGEMテーマ:映画
 
映画 * comments(0) * trackbacks(1)
CQN倒産
2010.01.29 Friday 23:41
「シュリ」、「パッチギ」、「フラガール」のシネカノンが民事再生法を適用を申請し倒産してしまいましたね。

拡大路線の裏目はあったとは言え、存在意義は大きかったと思います。

再建計画についてはどうなっていくのか分かりませんが。

カンナさん大成功です! | しぇんて的風来坊ブログ
(アミューズCQN[現ヒューマントラストシネマ渋谷]写真掲載)

風の丘を越えて―西便制― - goo 映画




 
JUGEMテーマ:ニュース
 
映画 * comments(0) * trackbacks(2)
あいち国際女性映画祭2009 今秋
2009.07.12 Sunday 00:14
期日:2009年9月2日〜6日

公式サイト

観客賞エントリー作品(16作品)

「今、このままがいい」(韓国) (
今、このままが好き
星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの」 (日本)
ドゥーニャとデイジー」(オランダ・ベルギー)
飛べ、ペンギン」(韓国)
イメルダ」(フィリピン・アメリカ)
チベットの音調」(中国)
「エスケープ」(デンマーク)(
Flugten
つぶより花舞台」(日本)
生きていく日々」(中国[香港])
とらわれの水」(カナダ・インド)
私を撮って」(イタリア)
あした天気になる?〜発達障がいのある人たちの生活記録〜」(日本)
空とコムローイ〜タイ、コンティップ村の子どもたち」(日本)
ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」(イギリス・日本)
赤い点」(ドイツ・日本)
台湾人生」(日本)
子供の情景」(イラン・フランス)

日本映画名作
女のみづうみ」、「つみきのいえ」、木村大作作品、ほか

ゲスト来場予定は公式サイトなどでご確認ください。


JUGEMテーマ:映画
 
映画 * comments(1) * trackbacks(0)
多摩 映画祭2008
2008.11.09 Sunday 09:53
TAMA CINEMAの案内が来たのでプログラム画像出します。




東京にいた頃は、時々行きました。東京国際映画祭やFiLMEXのような先取り的な映画祭でなく、今年既上映された作品のおさらい的に観ても有効で、トークショーも長く時間とってあるし(プログラム参照)、一部にマニアックな企画もあって、手作り感のある映画祭です。
会場が特殊(映画館ではない)ですが、近郊や小田急、京王線のご利用者はチェックしてみてください。


韓国映画には割りに厳しく今年はゼロですね。プログラムを見たところ、「シークレット・サンシャイン」、「光州5・18」、「ユゴ 大統領有故」あたりは入れられそうな気もしますが。


本日は、シネマスコーレやシネマテークで観たい作品もあるが、名古屋まで出る気概さえもない内向きな流れにて休養中。

JUGEMテーマ:映画


映画 * comments(0) * trackbacks(0)
あいち国際女性映画祭2008
2008.07.13 Sunday 21:15
2008年9月3日〜7日開催

上映作品(観客賞エントリー作品12作品=下記、他10作品)
日本映画
「小梅姐さん」公式サイト
「日常」公式サイト
「ネコナデ」公式サイト
「今日という日が最後なら」公式サイト
「空想の森」公式サイト

中国映画
「稟愛(ビンアイ)山形国際ドキュメンタリー映画祭 馮艶(フォン・イェン)監督インタビュー

韓国映画
「私たちの生涯最高の瞬間」韓国公式サイトInnolife 私たちの生涯最高の瞬間

シンガポール映画
「シンガポール・ドリーム」東京国際映画祭 - シンガポール・ドリーム

アメリカ・インド映画
「ボーン・イントゥ・ブロッセルズ」Born into Brothels - Wikipedia

オランダ映画
「ティラミス」International Film Festival Rotterdam - Tiramisu -)

デンマーク映画
「ファイター」OnFilm - FilmInfo - Fighter

カナダ映画
「ストーン・エンジェル」東京国際映画祭 - ストーン・エンジェル

あいち国際女性映画祭2008公式サイト


JUGEMテーマ:映画


映画 * comments(1) * trackbacks(0)
バレンタイン・ロードショーとは?
2008.01.31 Thursday 01:06
クリアネス」という映画が少し経ったらば上映予定です。
この映画、バレンタイン・ロードショーとしておきながら、2月14日にはまだロードショー公開になっていない、公正取引委員会も神経を尖らせているという話があるとかないとか(大嘘)。
  ちなみに公式サイト記載情報によると、
2月16日から=宮城・群馬・栃木・埼玉・千葉・東京・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・岡山;
2月23日から=北海道・千葉(重複)・神奈川・愛知  の記載上映館;
他(青森・岩手・秋田・山形・福島・茨城・山梨・新潟・長野・静岡・富山・石川・福井・滋賀・和歌山・広島・鳥取・島根・山口・徳島 香川 愛媛 高知・福岡・佐賀・長崎・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)は不明 


そういうわけで、東京の方は、2月14日のオススメは「アドリブ・ナイト」かなー。んでミニシアター系は地方の上映の有無や日にちがずれるとすると、
大規模上映系だと、多分、「チーム・バチスタの栄光」なんかがその頃に話題でしょうが、ここは敢えて、賛否がかなり出そうな、2月2日公開の「ラスト、コーション」というのは如何でしょうか? (初日マニア、早観マニアを除く・・。)

別に14日じゃなくても16日に「クリアネス」観にいってもよしですよん、よしひこくん(汗;


JUGEMテーマ:映画


映画 * comments(0) * trackbacks(0)
日本インターネット映画大賞 2007年投票(外国映画)
2007.12.23 Sunday 22:14
日本インターネット映画大賞
下記のように投票しました。

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「 ラジオ・スター   」 2   点 
  「 黒い眼のオペラ   」 2   点
  「 善き人のためのソナタ」 5   点
  「 約束の旅路     」 3   点
  「 長江哀歌      」 3   点
  「 サイボーグでも大丈夫」 3   点
  「 明日、君がいない  」 4   点
  「 トランシルヴァニア 」 3   点
  「 花蓮の夏      」 3   点
  「 ホリデイ (韓国) 」 2   点
【コメント】次点:「王の男」、「硫黄島からの手紙」、「絶対の愛」、
「リアル・フィクション」、「マジシャンズ」、「ムクシン」、
「雲南の少女 ルオマの初恋」、「私たちの幸せな時間」、
「青燕」、「懐かしの庭」、「愛なんていらない」、
「甘く、殺伐とした恋人」、「白い馬の季節」
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク] (「善き人のためのソナタ」)
【コメント】
   ラストでのささやかな祝福に涙。
   上10本と次点に選んだのは、一部を除きほとんど作家性の強い映画なので
   各々当然監督についてもを評価しています。
【主演男優賞】
   [ウルリッヒ・ミューエ ] (「善き人のためのソナタ」)
【コメント】

【主演女優賞】
   [ アーシア・アルジェント] (「トランシルヴァニア」)
【コメント】
  
【助演男優賞】
   [ チェ・ミンス] (「 ホリデイ」)
【コメント】
    金歯キラリの悪役凄すぎ
【助演女優賞】
   [ チェン・シャンチー ] (「黒い眼のオペラ」)
【コメント】
    助演は選ぶのが難しい。ホリデイのラストの人質の女の子を
    選ぶわけにはいかないし・・・。
【新人賞】
   [ ブライアン・チャン ] (「 花蓮の夏 」)
【コメント】

【音楽賞】
  「 トニー・ガトリフ 」(「 トランシルヴァニア」)
【コメント】
民族音楽爆裂のガトリフ世界。
韓国の「マジシャンズ」はかつてのバンドマンの映画。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [ マジシャンズ    ] (【魂の鎮魂賞】)
  「 サイボーグでも大丈夫 」(【ココロの鎮魂賞】)
  「 ラジオ・スター 」(【愉快で賞】)
  ムン・グニョン「愛なんていらない」
   &チェ・ガンヒ「甘く、殺伐とした恋人」(【可愛いで賞】)
【コメント】
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------


日本インターネット映画大賞 2006年投票(外国映画)

JUGEMテーマ:映画


映画 * comments(1) * trackbacks(5)
沢尻さん、韓国に行きなさい。
2007.10.04 Thursday 23:06
理由は下の記事のコメントに書きました。

2日後です。
映画 * comments(2) * trackbacks(0)